実印の値段というものは、実に幅が広い

November 04 [Wed], 2015, 9:53
実印というのは使用する機会が少ないと思いま す。


男性と比べると女性はというと数えるほどしか使うことがないかも知れません。


だから数万円も払うのは必要ではないと思います。


今後、実印を購入しようという方は、ネット通販(今から30分以内に電話すれば、特別な特典が付きます、特別な価格で提供しますというのが最近の流行のようです)もみることをお勧めします。


手彫りの印鑑もあるし、材質も数多い中から、探すことができます。


実印は自分が認めたことを表したり、契約を交わすために重要なものです。


なので、長持ちする素材を使った実印が欲しくなるというのは、多くの人が思っているでしょう。


長持ちする印鑑の代表的な素材はチタンがあります。


チタンは安定してるといわれ、その安定性は金にも匹敵するといわれていて、木の素材と比較すると誰でも分かる程に安定感があります。


うちの子が中学卒業時に印鑑を創ることにしました。


インターネットで注文したのですが、水牛の素材が使われていて、基本的に印鑑は高いと思っていましたが、とても高そうに見える印鑑なのですが価格は手頃で、買って良かったと思います。


届いてすぐ、名義がおこちゃまの口座を開設して、バイトして稼いだお金はそこに入れるようにしました。


大事な印鑑はごちゃごちゃしたところに置かずわからなくならないようにしてほしいです。


大事な印鑑はずっと使用していくものなので、好みにあったものを使いたいですよね。


女性が多く選ぶのは、花や和柄などデザインのかわいいものです。


かわいくてきっと愛着がわいてくると思います。


和柄のはんこには金魚、ウサギ、桜などのデザインがあります。


デコレーションのようなキラキラをつけた印鑑もあります。


小さく出ている光る石がポイントの3Dデザイン印鑑です。


スワロフスキーをつけた印鑑は、おしゃれでありながら落ち着いた大人のかっこよさもあります。


こんなかわいい印鑑は贈り物にしても喜ばれています。


成人した私に母が、下の名前で彫った印鑑を私にプレゼントしてくれました。


白い象牙というものでできたもので、値段も高かったのではないかと思います。


銀行や郵便局の印鑑で使っていますが、その度にげんきだった母の姿を感謝しながら思い出します。


おこちゃまが授かって、名前は親からの最初の贈り物なんだなあということも実感し、ますます大切な印鑑だと思っています。


おこちゃまが成長したら、母がしてくれたように私も印鑑をプレゼントするつもりです。


印鑑といっても実印や三文判などがありますが、我が家にはなぜか三文判が家族の人数以上にあります。


買った事をおぼえているのは夫婦二人分だったのですが、少しずつ増えていったのです。


ある時は贈答品で頂いたり、またある時は親戚から貰ったりしてだんだんと増えていきました。


指すがにそんなに数多くあっても何に使えばよいのか、だからといって印鑑を捨てるというのはなんとなくはばかられます。


こんな印鑑の処分というのは、誰か知っていたら教えてほしいと考える私です。


次に印鑑を創る時は、印鑑にイラストが入ったものにしたいです。


たとえば動物やキャラクターが描かれていて、オリジナル性ある印鑑を作ってくれる会社があるんですよね。


顔も喜怒哀楽などから選べて、その人にあったものがつくれそう。


実印としては使えないけど、認印なら大抵は大丈夫です。


銀行で使う勇気はありませんが、職場で使うならコミュニケーションつくりになりそうですよね。


事務作業も楽しくなりそう。


それほど高価ではないので、何個か注文したいと思っています。


商店街にあるはんこ屋さんで印鑑を購入していたのですが、この頃は簡単に買うことが出来るのでネットで注文し印鑑を購入するようになりました。


ネットではイロイロな種類の印鑑が売られているので印鑑屋さんに行って検討するよりも自分の趣味にあったハンコを購入することが出来るのです。


持ちろん注文通りに苗字や名前を入れてくれるので安心してネットで印鑑を買うことが出来ます。


ハンコ屋さんに出向く面倒もかからないですし、印鑑が必要ならネットで買うことが多くなりました。


実印というのは、大事な契約や取引に使用され、印鑑の中で最も重要だと言えます。


ところが、ある所では、役所に実印として登録しさえすれば、三文判と言われるようなものでも実印証明を上げることができます。


しかし、印鑑には格式というものがあり、役割の大きな実印は、ある程度の材質に印相学に則った文字で氏名を職人の手で彫って貰うというのがいいでしょう。


印相学でみてもらって手彫りにするのは、容易に真似てきないようにする意味と、大切な印鑑なので、縁起を担ぎたいという気持ちがあるからです。


印鑑の中で実印を買おうかと思っている人は新生活の準備の頃に増えてきます。


実印の値段というものは、実に幅が広いです。


安いものなら1000円以下で購入することが出来るものの存在していますし、高価なものを見れば10万円以上というものもあります。


契約などに使うものなのでそれなりの値段は覚悟して購入している人が多いようです。

光る石がついた3Dデザインのはんこ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かおるvhb2jzcf
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vhb2jzcf/index1_0.rdf