CHANEL 手帳 アイフォン6プラスカバーケース 高品質

April 03 [Fri], 2015, 18:24
 

 【商品名】:CHANEL 手帳 アイフォン6プラスカバーケース 高品質


【対応機種】:iphone6(4.7センチ)、iphone6 plus(5.5センチ)、iphone5/5S

【ご注意】:

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※携帯本体は付属いたしません。

※サードパーティ製品

※只今は送料無料?

 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


 シャネルiphone6カバー


http://topeyle.com
米OPPO Digital(以下、OPPO)のDAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「HA-2」とポータブルヘッドフォン「PM-3」が3月20日に発売された。注目度は非常に高く、同社によると初回入荷分は予約

で完売。二次出荷分もおそらく出荷前に予約完売するだろうとのことだ。

【他の画像】
アイフォン6シャネル。。
 このように注目度の高い新製品が登場した経緯について、日本の総代理店であるOPPO Digital Japanでディレクター(プロジェクト執行?販売推進担当)を務めている島幸太郎氏に聞いた。そこに

は、非常に興味深いバックグラウンドがあった。

●OPPOは「ハイコストパフォーマンスなブランド」

 日本でOPPOといえば、事実上のリファレンス機として扱われているユニバーサルプレイヤーが有名だ。ところが同社は2014年春、映像ではなくオーディオの、それもホームオーディオではなくパ

ーソナルユースの「HA-1」「PM-1」を発表して業界をあっと言わせた。はたから見れば大転換ともとれる思い切った展開だが、島氏はその目的について「OPPOというブランドのファンを増やすため

」と話している。

 「今までわれわれが扱っていたBDプレイヤーという製品は、特にレコーダー文化が主流の日本では非常にニッチなアイテムでした。製品に初めて触れた方から『OPPOって何?』と尋ねられる(認

知度の低い)状況において、ポータブルオーディオはブランド認知という点で非常に適したジャンルだったのです」(島氏)。
最新シャネルiphone6 ケース。。
 新製品のヘッドフォンアンプ「HA-2」は、外装に本革を使用したり、DSD 11.2MHzという最新のフォーマットに対応したりと、スペックと製品作りの両面で力の入った製品になっている。ヘッドフ

ォンの「PM-3」は、平面磁界駆動という、従来はハイエンド向けとされていた駆動方式を持ち運びできるサイズにまとめ上げた。素材もメタルや本革をふんだんに使った豪華なものだ。

 それにも関わらず、市場予想価格でHA2は3万9000円前後、PM3は5万6000円前後と他社の同スペック品と比較すると明らかに一段安い。かといって、外箱や付属品を簡素にしたわけではない。むし

ろ意外なほど力が入っている。例えば「HA-2」は、銀箔押しの重厚な箱にiPhone用のLightningケーブルなど豊富な付属品とともに収められている。一方のPM-3にはデニム生地のファッショナブルな

ケースが付属するなど、購入者の所有欲を満足させるパッケージングだ。こうした部分もOPPOのブランドアイデンティティーであるという。
グッチ iPhone6 ケース。。
 「他のブランドと比べ、製品以外の部分を含めて完璧に作り上げてくるのがOPPOの特長です。HA-2の箱も製品版が決定するまでに何度も作り直しをしました。機材の性能にこだわるメーカーはた

くさんあるのですが、OPPOのこだわりは包装や付属品、仕上げといったあらゆる点におよびます。そういった意味において、品質含めたコストパフォーマンスの高さは驚異的ですね」(島氏)。

 一方、新製品の開発スピードもOPPOの特長だと島氏は語る。その秘密は、工作機械など試作および製造用の設備を自社内に持っていること。また開発と製造の距離が近くフィードバックも容易で

、製品の発売直前まで仕様を追い込むことができる。事実、HA-2では製品発表の2週間前まで開発作業を行っていたという。

 「OPPOはこうと決めたら速やかに行動するメーカーです。今回のポータブル製品の企画も、通常他社が行うより短い期間で企画され、発表されました。市場的な感覚では今回の新製品が突然出て

きたように感じるでしょうが、それも今までBDプレイヤーで築き上げた確かな基盤があってこそのものです」(島氏)。

●必要だったから作った

 そしてパーソナルオーディオ製品開発の源流は、BDプレイヤーのヘッドフォン出力回路にあった。「BDプレイヤーの『BDP-105』に搭載するヘッドフォン出力を開発する過程では、リファレンスに

なる環境が必要でした。ヘッドフォンアンプ部の設計には高名なオーディオエンジニアも関わっており、その際にたどり着いたドライバーの駆動方式がPlanar Magnetic(平面磁界)だったのです」

(島氏)。
新品Chanel iphone6 ケース。。
 ドライバーユニットの全面を駆動させる平面磁界駆動は海外で定評があり、リファレンスは基本的にこのタイプが用いられる。しかし、市場にある他社製品を購入してくるのではなく、自社で作

ろうと考えるのがOPPOならではだ。

 「問題は平面磁界方式が鳴らしにくいということです。新製品開発において品質を求めるためには、どうしてもヘッドフォンアンプが必要だということになりました。『BDプレイヤーのヘッドフ

ォン出力を作る』ために『リファレンスヘッドフォンが必要』で、そのためには『ヘッドフォンアンプが必要』となった訳です。そういった過程の中で、高品質なものを作るという点において『BD

プレイヤー以外のものも作れる』と確信したのです」(島氏)。

 従来の製品ラインアップがBDプレイヤーのみであったことも、開発を後押しした大きな要因だ。Blu-ray Discという媒体自体がインターネット経由の動画配信サービスに押されている現状におい

て、このままBDプレイヤーばかりを作っていたのでは需要が先細りすることは容易に想像できる。新たな製品分野を開拓する必要があった。もちろん自分たちの持ち味である高品質とハイコストパ

フォーマンスは絶対条件だ。そうして導き出した答えが、ヘッドフォンを中心としたポータブルオーディオ分野だった。

 「大メーカーも数多くひしめき合う中で、自分たちの持ち味を出す必要があります。その上で今までのようにBDプレイヤーのみにこだわっていては、先はありません。先ほどのヘッドフォン出力

開発におけるストーリーと、こうした多方面展開というマーケティングの必然性、この2つが合わさって、ヘッドフォンという結論が導き出されました。『いい音』『カッコイイ』に対して理解を示

してくれる、そんなユーザーが今熱心に取り組んでいるのがポータブルオーディオというジャンルです」(島氏)。

 また島氏によると、オーディオに対する海外ユーザーの付き合い方が変化してきているという。従来、海外のオーディオは「広い自宅でゆったりと楽しむ」というのが一般的であるとされてきた

。日本は海外と比較すると住宅が狭いため、環境的にホームオーディオを楽しむことが難しい。その上「世界一長い」と言われる通勤通学時間を有意義に過ごそうという動きがあり、要素が組み合

わさってポータブルオーディオが開発され、発展してきた。

 ところが近年、海外でもポータブルオーディオが注目を浴びている。その原因はスマートフォンやタブレットといったパーソナルなガジェットの登場と、ライフスタイルの変化であると島氏は指

摘する。「海外は一軒家で広い家が多いと思われがちですが、スマホやタブレットの登場により、オーディオとの付き合い方が変わってきています。その上『可処分時間』(自由になる時間)が減

ってきており、ライフスタイルがどんどん変化しているのです。そのため移動時間に楽しく過ごすというポータブルオーディオが全世界的に注目されてきています。『痛勤時間』などと言われるほ

ど、日本では通勤通学時間が長いですが、音楽を聴く時間がないという問題は海外でも同様の問題となっているという状況です」(島氏)。
新品gucci iphone6 ケース。。
 OPPOにとって、ポータブル製品の登場は必然だったようだ。「OPPOの目標はポータブル環境にあっても高級スピーカーでのハイエンドな環境と同等の音を楽しんでもらうこと。ヘッドフォンリス

ニングでも、この思想は変わりません」(島氏)。

●マニアックさを取り払う製品

 「PM-3」の1つの挑戦は、従来はハイエンド機に用いられてきた平面磁界の「マニアっぽさ」を、誰でも使ってもらえるレベルにまで“落とし込む”ことだったという。「HA-2」に関しても、普通

に使えるということが重要で、最新のテクノロジーを気軽に使えるということが、大きなコンセンプトとしてあった。

 例えば「HA-2」に付属するUSB専用チャージャーと専用ケーブルを用いれば、従来の1.5アンペア高速充電を超える速度の“超高速充電”が可能だ。実は付属品はUSBのピン数が通常よりも多くなっ

ており、付属品を使用してHA-2を充電した時のみ、3レーン?パラレルによる4.5アンペア給電が実現する。このため、わずか30分で70%もの充電が可能になった。

 「クオリティーとデザインを両立することが重要でした」と島氏は語る。「コストパフォーマンスの高さをより多くの方に感じてもらうため、より普遍的な魅力を持たせたのが今回の2機種です。

それにあたって、高性能を標ぼうする機種につきまとう『マニアックさ』を取り払う必要がありました」と島氏。「いい音であれば他は興味ありません」というメーカーの製品とは全く異なるコン

セプトだという。「例えばHA-2はスマホと一緒に気軽に使ってほしいという願いから、スマホと一緒にポケットに収まるサイズで作っています。モバイルチャージャー機能も、より広いユーザーに

使ってもらうためのもの。『とりあえず使おう』というくらいの気軽さで使ってもらいたいですね」(島氏)。

 こうした話を聞いていると、ユーザーフレンドリーな機能やデザインが目立つが、新製品にはハイエンドを望むユーザーにとって面白いギミックもたくさんある。例えば「HA-2」の4極グラウンド

分離設計の出力端子だ。左右ドライバーの両端にアンプをつないで、合計4つのアンプで駆動させるBTL(バランス)接続とは違い、内蔵されているアンプは左右1つずつの合計2つだが、クロストー

クの主な原因とされるグラウンドはL/Rで分離している。この設計はホームオーディオで用いられるアンプの作りそのものだ。

 ボリュームはデジタル、アナログの混合構成で、デジタル部にはESS製DACチップ「ES9018K2M」の32bit内蔵ボリュームを使用した。16bitで収録されている通常のCDを聞いている限りは、ビット落

ちによる音質劣化は原理的に存在せず、24bitのハイレゾ音源でも8bit分にあたる約−48dBまではビット落ちしないため、「実用的な範囲でビット落ちを気にする必要はほぼない」と島氏はいう。

 「ポータブル製品において、高品質なほど大きくなるアナログボリュームにあまり良いものは使えません。品質とスペースが両立するデジタルボリュームは高級品に匹敵するハイレベルなものも

あり、積極的に活用してほしい機能です」。

 また、「これは私が個人的にポータブルヘッドホンアンプと組み合わせて実験したこと」と前置きしつつ、興味深いことを教えてくれた。「デジタルとアナログのボリュームで音のキャラクター

が結構変わります。ボーカルなど音像感や立体感を重視するならば、デジタルボリュームは最大にして、アナログボリュームで調節したほうが良いですし、ワイドレンジさを求めるならその逆が好

ましいと感じました。こういったところでオーディオ的な遊び方もできます」(島氏)。

●ポータブルオーディオにおいて、日本市場はリスペクトされている
新品Chanel iphone6 ケース。。
 今回の新製品はOPPO Digital Japanが当初見込んでいたよりもずっと注目度が高いという。一般ユーザーが製品版を体験した初めての機会は、2月に中野で行われた「ポタ研」で、3月20日の発売

日まではなかなか製品体験の機会がなかった。それでも新製品は初回入荷分が発売前予約で完売している。島氏によると、BDプレイヤーよりも注目度が高いという。

 米国本社では日本を重要なマーケットと位置付けており、ポータブルオーディオ分野は特に重要視していると島氏は話す。こうした同社の姿勢を裏付けるように、今回初めて本国以外で新製品発

表イベントが行われた。今までの情報発信は全て本社からだっただけに、これは日本市場の需要性を体現したものだといえる。

 「日本は単純な市場の大きさだけでなく、新技術が受け入れられるかを確認するのに適した市場ともいえます」と島氏は指摘する。「これまでOPPOは本国主体でブランド展開をしており、情報は

全て本国発のものを各地域の代理店が伝えるという方式でした。そんな中で今回は日本で新製品の発表会が行われるという、非常に特殊な展開がされました。これは本国が、日本を一番注目すべき

場所であると認識していることの現れ。実際、他社も含め日本市場にはいまだに強い関心が寄せられており、かつ日本に対するリスペクトも強いです」。

 新しいものに関する興味関心が非常に高い日本は、世界のトレンドを先取りする場であり、新しい製品を試す場として最適だという。「OPPOは製品前のサンプルを出すことを嫌うメーカーなので

すが、昨年のヘッドフォン祭やポタフェスでは完成前のサンプルを出してきました。本国は日本市場のデマンドを深く研究したいと思っていますし、日本のユーザーの意見はそれほど重要なのです

」(島氏)。

●国内ユーザーの声を代弁するのが代理店の役目

 このような状況においてなお、製品戦略を立てるときに日本の要望を主張していくことは重要であると島氏はいう。例えば試作機段階から製品版になったとき、ボリュームつまみのトルク感やLow

ゲインモードの利得調整などは、日本からの意見を取り入れた。
エルメスiphone6ケース。。。。
 日本人はあまり直接的な物言いをしない。このため、顧客からの細かい意見を丁寧に引き出すことが、代理店の役目であるという。「『ポータブル』という言葉の感覚1つをとっても、日本と海外

ではずいぶん異なります。海外でHA-2は“ポケットヘッドフォンアンプ”と呼ばれていますが、類似製品でこの呼ばれ方はなかなかありません。海外の感覚では、どれだけ大きくとも持ち運べれば

“ポータブル”ですが、日本では“ポケットに入る”軽快さが重要です。そういった感覚の違いをきっちり伝えていくことで、日本の厳しいユーザーの目に応えていかなければいけません」(島氏

)。

 最後に、島氏に代理店としての今後の目標について尋ねると、「OPPO的な製品へのアプローチが受け入れられ、評価してもらえることを目指したい」と話していた。OPPOというブランドをコンシ

ューマー製品のメーカーとして広く認知させるだけでなく、数字では現れないあらゆる意味でのクオリティを追求する。国内ユーザーの声を伝えることで、それをアシストするという。
iPhone6ケース シャネル風。。
 「OPPOは会社の規模が大きいにも関わらず、“尖った製品”が作れるという絶妙なバランス感覚を持ったメーカーです。『こんなの期待してない」と言われるような物は世に出したくないですね

。出すからには『凄い!』と思わず口に出る製品を提供していきたいです」。なお、気になる“次の製品”については、「4K対応のBDプレイヤーを現在企画中です。具
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vghrf
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vghrf/index1_0.rdf