誰の計算してきた最終が八卦を離れることを待ちますか?

July 20 [Sat], 2013, 10:35
 ずっと江南に恋しなくて、霧雨は話を心配することをぽたぽた落ちて、流れる水はあわわと街の人を過ぎて、3月がちゃん裂ける咲き乱れる花、清蓮のあふれて浸す川の分流する所は仲夏を引き出して、秋楓の山の頂の山の間で澄んでいる姿は翻ってさわさわ、雪片はすこしまき散らして地面につきますつまり融解。ガガミラノ
  
  でなかったらにぎやかな仲間になる欲張りなアシの生えたばかりのアシと;でなかったら紅塵を嘆いて傾いて述べてああうう;再び役者の手すりにもたれるふさぎ込んでいる顔かたちをいとわないのが絵のようです;でなかったら楼閣の美人をかいでたおやかで誰の話の箱で献上します;再び幼なじみの佳話を顧みないで、
  
  まあご覧あれの風巻の1地のさびれている不完全な花、引き立ちだして夕日が西に沈みます1筋の日の畔の緋霞;再び小さい村落の中で見て、煙の何筋は細長く立ち上って、炊事木綿の着物の人;天涯の素手が手紙の上で皇帝の来駕〓を虐げて墨をはね散らすようにかいて絵を画くことを見て、話が墨の青衣の静かないい人を襲うのとは良いです;私は話がなくて、ゆっくりと水墨を研究して口をすぼめてほほえんで、春の束のようですナシの渦を現します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vcsdfs
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vfsetg/index1_0.rdf