薬を使うことで

November 17 [Sun], 2013, 21:57
肌の問題として一番多いのはしみですが、しみにもいろんな種類があります。
その中でも普通のしみとは違うものとしては肝斑というのがあります。
この肝斑というのは顔の右と左にうっすらと薄いしみが出てくるものですが、比較的肌の回復力が弱いという人はしみの色が濃くなってしまうという傾向があります。。
このしみができてしまう原因としては紫外線による影響よりも女性ホルモンの影響によって精神バランスが崩れてしまうことや妊娠や更年期の影響によってできてしまうといわれています。
なので紫外線の対策だけでなく精神的に安定できる生活を保ち女性ホルモンを正常化してストレスをケアしていくことも必要になってきます。
またこのしみにはトランサミンが含まれる服用薬を使っていくことでより簡単に治療をすることができるようになっていますので病院やドラッグストアで買って使うことができます。
薬を使うことで早めに解決するシミなので服用することでなおすことが可能です。

July 25 [Thu], 2013, 17:16
私の職業は、住宅街の中にある小さな保育園で保育士をしています。
そんな私の働く保育園でのお話です。
ここ最近、気温がどんどん上がって、猛暑なみに暑いですね。
こう暑いと子ども達への熱中症対策に力を入れなければなりません。
ですので、お散歩の際は当然帽子を着用させ、
園を出る前には麦茶を飲ませるなどしています。
ただ、散歩の際はなるべく木陰になる場所を選んでいますので
そこまで子ども達が陽射しに長く当たることはないようにしています。
ですが、それをすると新たな問題が出てきます!
それは、この時期特に多く発生する『蚊』です。
蚊は子ども達のまだ幼い血が好きなようで、
必ず園児の誰かしらが刺されてしまいます。
ですが、園内なら蚊取り線香などを使用して
どうにか対処できるのですが、
これが外となるとなかなか難しのです!
ですので、こればかりは保護者の方にお願いして、
子ども専用の手などに付ける、ヘアーゴムのような蚊よけを付けてきてもらうか、
シールタイプの蚊よけをつけてきてもらっています。
案外、そういった蚊よけ用品の効き目は良く、
つけている子は無事刺されることなく済みます。
ですが、先日蚊よけをつけ忘れた子がいました…。
結果、案の定園に帰ると腕などが蚊に刺されていました。
ですのでその子には、子ども用ムヒなどを塗ってあげました。
その日フと気付いたのですが、体型がややムチムチした感じの子が
蚊よけシールを貼っていたのにボコボコに刺されていました…。
「蚊は美味しい血を嗅ぎ分けているんだな〜」なんて思ってしまいました(笑)
まぁ、園ではそのことから職員会議で一つ持っているだけで園児みんなが居る範囲まで効き目がある
蚊よけ製品を購入することとなりました。
まぁ、そんな最近の、蚊に関する平和なお話でした。

贅沢をする

December 12 [Mon], 2011, 15:30
贅沢をする、この言葉がぴったり合う、
お正月のおせち料理。和食の板前さんのおせち料理が
堪能できるおせち通販が、
今年も食卓にやってくる。

肌を守るケア

December 12 [Mon], 2011, 15:26
アスタキサンチンには、酸化を抑える働きがあり、
肌の衰え、つまり酸化を防げるんだ。肌を守るケアはいつも必要だ。

メンソール

December 12 [Mon], 2011, 15:19
メンソールのタバコならたまにしか吸わなかった。
でもまあ禁煙するんだし、
どんなタバコでも煙吸うんだから、他人の迷惑になるなら
やめないとな。

月々の支払い

December 03 [Sat], 2011, 22:33
月々の支払いにはクレジットカードがいいということが最近感じてる。
まあマイルとポイントの得をえているんだけど、即日発行クレジットカードこれでかなりのポイントが稼げるし、
クレジットカードはこういうふうにつかうほういいね。
Yapme!一覧
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
P R
http://yaplog.jp/vfr86/index1_0.rdf