両者の決定的な違いは

May 01 [Tue], 2012, 20:08
選手層の厚さかな。
モウ主導の元、ピンポイントでコエントロンやアルティントップらを補強し、バックアッパーを確保したレアルに対し、あくまでフロント主導でセスクやサンチェスら攻撃の駒を飽和させたバルサ。
だからピーク状態同士の短期決戦ならバルサは間違いなく世界でも最強に尤も近い存在なんだと思う。
でもフットボールってのは1シーズンを通した戦いなんだな。
だからDF勢への負担がさとう遥希半端じゃないし、今シーズン開始前に日記に書いた様にピケ、プジョルらがぶっ壊れる。
こないだに関してはマスケが比較的安定してたから崩壊までは至ってないけれども。
尤も今シーズンはアビルとビジャに関しては不運としか言い様が無いけれどもね。
ま、見方を変えればリーガを捨ててCLでの短期決戦に賭けたとも言えるんだろうけど。
モウと違ってペップって意外とそういうリスキーな冒険大好きっぽいし。
もしCL決勝がクラシコになって、バルサが343ではなく433の布陣を敷いてきたらモウはどう対処するんだろうな作シーズンのリーガでの1回目のクラシコの如く成す術なく崩れ去るのか。
或いは2年目のモウリーニョがバルサ包囲網を完成させるのか。
先ずは2ndレグだね。
奇しくも負けてる同士のホーム戦、リーガ勢無双のELに続く事は出来るんだろうかしらスペインクラシコの明暗。
勝敗のカギはどこにあったのかmediaid109
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vfnqfwa0fi
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vfnqfwa0fi/index1_0.rdf