哀愁の十割そば。

July 24 [Tue], 2012, 2:20
716の出来事。
前日記のつづき。
バイクdeハイク21030。
避難小屋での昼食も終わり外に出るもやっぱり山頂はガスの中で景色はなく風も強い。
避難小屋の裏にはひっそりと石の祠があった。
祠には須賀宮遂跡とある。
氷山は、またの名を須賀山ともいう。
氷山は但馬側の呼び方で弘法大師の時代に起源が有るらしいが、須賀山は因幡側の呼び方でもっと古く、スサオミコトの時代が起源らしい。
有名なヤマタオロチの話に出て来るお山である。
そんな日本据bに由来する名前が消えゆくのは寂しい限りで、複雑な気持ちで祠に手を合わした。
さて、ガスの中に居ても仕方人気エロアニメランキングがないので下山を開始する。
少し下るとハチ高原スキー場のミドリがチラチラ見える。
下りも緩いのでヒザ痛もなく順調に下山。
1130大段ヶ平に下山。
一応、お約束なので絶景バックにスーちゃんスナップ。
登山仕度を片付けていると、660テネレがやって来た。
あとオフ車が数台通り過ぎていく。
帰り道はこのまま瀞川氷山林道まで行きたくなったが、それは小梅女史が流石に拒否笑大屋方面に降りる舗装林道をチョイスする。
朝からずっと曇り空で涼しかったが、r48に合流し大屋まで出ると日射しが暑い。
1230。
堪らず道の駅ようか但馬蔵に立ち寄り給水休憩。
ここはしろくまのきもちを投入です。
R9で和田山をスルーし、1310。
小腹空いたの夜久野高原に寄り道です。
今週のそばは夜久野そばです。
BGMにどうぞ。
山1つ北側に越えると、超メジャーな出石そばが有るため、名そばにも関わらず注目されない不運なそば。
何故か哀愁を感じてしまうのは私だけだろうか。
ここの十割そばは中々なんですよ。
久々に美味しく頂きました。
機会が有れば皆さんも是非どうぞ。
帰路は遠坂峠の旧道を気持ち良く越えて、青鰍ゥら北近畿道を使いそのまま舞鶴道へ。
1440。
西紀SAで小休止。
しかし日射しがすっかり夏。
酷暑ライディングに体力を消耗させられる。
交通情報をチェックすると名塩で事故渋滞7km。
これ事故処理で短くなる傾向なら高速で帰ろうと決めて出発するも丹南篠山口の電光掲示では12kmに延びている。
これで三田西ICで降りる事が決定。
いつもの通り、新三田千刈切畑長尾山TN山本ルートを辿るつもりだったが、気まぐれで六甲北有料で帰ることにした。
六甲を越えるまでは順調に流れるも、トンネルを出た途端渋滞。
日射しが強い中での渋滞は辛い。
オマケに前後の車のエアコンの熱気も凄い。
イイ天気なんだけど、午前中の爽快感は何だったのだろうか。
何か夢を見ていたようで現実に引き戻された。
R43も阪高が事故の様で結構渋滞している。
信号の度に止まり前に進まない。
渋滞の熱気でちょっとバテバテになりました。
まあ高速渋滞にハマルよりはマシだったかな。
1630。
無事帰宅。
やっぱりバイクは涼しいところ走らないとメですね。
おわり。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vfldqip58s
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vfldqip58s/index1_0.rdf