今の仕事の同業者の中に「家族のコネでSEとして勤務・・・って何?

September 30 [Tue], 2014, 8:36
お待たせしました!今の仕事の同業者の中に「家族のコネでSEとして勤務していたがこの業界に転職してきたのである」という異色の経歴を持つ男がいるが、この異端児の男の経験ではシステムエンジニアをやっていたほうが絶対に百倍は仕事が楽ですとのこと。「就職志望の会社に臨んで、あなた自身という商品をどうにか高潔でまばゆいものとしてプレゼンテーションできるか」という能力を鍛えろ、ということが大切だ。間違いなく今の会社を辞めて再就職することを空想したときには、「今いる仕事よりも、ずっと勤務条件が良いところがあるに違いない」そんな具合に、まず誰もかれも空想したことがあると思う。

最新の就職内定率が厳しいことに最も低い率らしい。しかし、そんな就職市場でもしっかりと内定通知をもらっているという人が実際にたくさんいる。では、内定の返事がもらえる人ともらえない人の違うところはいったい何なのか。【応募する人のために】面接というものには「算数」とは違って間違いの無い答えはありませんので面接のどこがどのように良かったのか悪かったのかという「ものさし」は会社独特で、同じ会社でも担当者が変われば大きく違うのが本当のところなのである。満足して業務をしてほしい、少々でも手厚い待遇を許可してやりたい、将来における可能性を呼びおこしてあげたい、もっと成長させてあげたいと雇用主の側も思い巡らしているのです。

せっかく就職はしたけれど、選んでくれた会社について「思っていたような職場じゃない」場合によっては「辞めたい!」そういうふうに思っちゃう人は、掃いて捨てるほどいるのが世の中。それぞれの会社によって、事業の構成や望む仕事自体もまちまちだと考察するので、面接の場合に披露する内容はその企業によって相違するのが言うまでもないことです。まずは応募先が本当に勤務していれば正社員に登用できる制度がある職場かどうかしっかりと確かめたうえで、登用の可能性があると感じるなら最初はアルバイトやパート、派遣からでも働きつつ、正社員になることを目指していただきたい。本日はありがとうございました!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/vfhtc64/index1_0.rdf