【商品名】:ブランド 財布型 グッチiphone6 ケース レザーケース</p>

March 14 [Sat], 2015, 11:26

 【商品名】:ブランド 財布型 グッチiphone6 ケース レザーケース


【対応機種】: iphone6(4.7センチ)  iphone6 plus(5.5センチ)

【ご注意】:

※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※携帯本体は付属いたしません。

※サードパーティ製品

※只今は送料無料?

 グッチiphone6カバー


 グッチiphone6カバー


 グッチiphone6カバー


 グッチiphone6カバー


http://eumoil.com
Hamee、老舗洋食店「たいめいけん」とコラボした食品サンプルのスマホ用スタンド&ケースを発売

「たいめいけんと」とコラボしたスマートフォン向けスタンド

 Hamee(ハミィ)は3月12日、通販サイト「Hamee TV」と日本橋にある創業84年の老舗洋食店「たいめいけん」がコラボレートした、スマートフォン向けアクセサリーを発売。出荷は3月下旬を予定している。

【画像:iPhone 6/6 Plus用ケース「エビフライ」】

 今回販売するのは、たいめいけんで使っている本物のお皿を使用し、実物のオムライスから型どりした原寸大のオムライススタンドと、大ぶりのエビフライをそのまま再現したiPhone 6/6 Plus用ケース。たいめいけん三代目?茂出木浩司氏の公認アイテムとなっている。

 価格はオムライススタンドが9241円(税別)、iPhone 6/6 Plus用エビフライケースが3686円(税別)。また、Hamee TVショップサイト内では製作過程を描いたオリジナル動画を配信中だ。
【関連記事】 Spigenが、iPhone 6 Plus向けケース「ネオ?ハイブリッド メタル」のメタル?レッドを44%オフにする特価タイムセールをAmazonストア限定で行う。期間は3月13日0から23時45までで、定価3990円(税込)が2230円(税込)に割り引かれる。

新品ルイヴィトンiphone6 ケース。。

 ネオ?ハイブリッド メタルは、TPUのソフトケースとメタルフレームの二重構造を取り入れたケース。アルミのフレームにはダイヤカットを施しており、見る角度によってキラキラと輝く。内側には衝撃を吸収する網状のパターンを設けた。  米mophie(モーフィー)は、3月13日にiPhone 6/6 Plus向けバッテリーケース「juice pack」シリーズを発売する。価格は1万1800円〜1万4800円(税別)。
iphone6携帯ケース。。
 今回販売するのは、バッテリー容量が2750mAhの「juice pack air for iPhone 6」、3300mAhの「juice pack plus for iPhone 6」、2600mAhの「juice pack for iPhone 6 Plus」の3種。それぞれ対応する端末の使用時間を約2倍、約2.2倍、約1.6倍まで延ばすことができる。

 ケースを装着していても電源ボタンや音量ボタンなどを操作できるパススルーボタン、スピーカーの音を遮らないサウンドループ構造を搭載し、内部には衝撃吸収機能も備えている。
【関連記事】YouTubeは、360度動画をアップロードする機能の追加を予定している。360度動画とは、撮影者を取り囲む全ての景色をキャプチャする「RICOH THETA」やKodakの「PIXPRO SP360」などの特殊なカメラで撮影したクリップのことだ。

 現時点では、360度動画はスケートボードなどのアクション動画を記録するときなど、そのクールさに着目した使われ方をしている。しかし、このような動画は、Googleの「Cardboard」やFacebookが2014年に買収したOculusなどの取り組みによって消費者市場に近づきつつある仮想現実(VR)の分野で、より大規模なアプリケーションに取り入れられる可能性がある。VRヘッドセットを装着して360度動画を見れば、撮影者を取り巻く空間にいたような臨場感を味わえる。

 この機能が提供開始されれば、「Android」向けの既存の「YouTube」アプリで動画を再生し、スマートフォンやタブレットを動かすことによって、さまざまなアングルで動画を視聴することができるようになる。youtube.comサイトや他のサイトに埋め込まれた動画でも、マウスを使って同じ効果を得られる。YouTubeは、「iPhone」や「iPad」をはじめとする他の端末にもこの機能を提供できるように作業中だと述べた。
新品gucci iphone6 ケース。。
 同社によると、「Bublcam」「GIROPTIC 360cam」「RICOH THETA」やIC Real Techの「Allie」、KodakのPIXPRO SP360などのカメラに対応するという。フォーマットに関する技術情報と、アップロード者の動画ファイルに正しいメタデータを挿入するためのスクリプトも提供されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。
【関連記事】

「MacBook Air」の新たな位置づけ--新「MacBook」がもたらすラインアップの変化 ●VAIOはアップルに対抗できるブランド
VAIOと日本通信は12日、共同で「VAIO」ブランドのスマートフォン「VAIO Phone」を発表した。今年1月に外箱だけが公開されており、本体のデザインとスペックが注目されていた。ユーザーが求める“ど真ん中”を狙っているというが、どのような端末になっているのだろうか。
シャネルiphone6ケース。。。。
【もっとほかの写真をみる】

○MVNOとハードウェアの協業で付加価値を創造する

発表会にはVAIOの関取社長と花園執行役員、日本通信からは三田社長と福田副社長が出席。まずは三田社長が、日本通信が掲げるミッションとして、「通信キャリアができないこと、やりたくないことをやる」と紹介。現在のスマートフォン市場はアップルのiPhoneがNo.1だが、VAIOというグローバルでアップルと対抗できるブランドと協力して、プレミアムブランドのスマートフォンを販売したいと抱負を語った。

続いてVAIOの関取社長が登壇し、同社の新たなチャレンジがVAIO Phoneであると表明。モビリティに優れたデバイスと、通信の組みあわせをもっと進めようという話し合いの中で生まれたと明らかにした。もっとも、同社としてもリソースは限られているため、VAIOとしてはデザインとエンジニアリングを提供し、事業主体は日本通信側であると説明した。

●VAIO Phoneはユーザーのど真ん中に届く
○全てを集約する垂直統合モデルへ

日本通信の福田副社長からは、IoT時代においては製品やサービスの数が膨大になるため、現在のような、キャリアが端末とネットワーク、販売店をすべて集約する垂直統合モデルではいけないと指摘。そのためにはMVNOとSIMロック解除が必須であり、今年4月から実施されるSIMロック解除の義務化を歓迎した。

また、現在のSIMフリー市場はローエンド、ノーブランドの低性能?低価格なモデル(消極的選択肢)か、ハイエンド端末だが、価格が高かったり1年落ちのモデルだったりと、両極分化していると指摘。ユーザーが求めるスイートスポットはそれらの中間にあると分析し、VAIO Phoneではこの市場をターゲットにしたことを明らかにした。

最後にVAIOの花里執行役員がVAIO Phoneのコンセプトについて紹介。多機能さより本質的な機能を追求し、ハード単体ではなく、サービスとのトータルなパッケージングを心がけたと説明した。

●端末自体は非常にシンプル
○VAIO Phoneはミドルレンジクラス
シリコンiPhoneケース。。
こうして発表されたVAIO Phoneだが、前述したように多くのユーザーが期待したであろうハイエンド端末ではなく、メインストリーム向けのシンプルな端末だ。これについてVAIOの関取社長は、社内のリソースが限られていることから製造にはODM(相手先ブランドによる設計?製造)を利用し、VAIOはデザインとエンジニアリングを提供しているとのこと。OSはAndroid 5.0.2(Lollipop)を採用しているので、シンプルなLollipop端末が欲しい向きには需要がありそうだ。

端末の正面下にはVAIOのロゴが輝く。ディスプレイ解像度は1,280×720ドットと、今どきの端末としては低解像度といっていいレベルだ。背面にはVAIOのロゴと13メガピクセルのカメラを装備。黒いせいもあって、かなり指紋が目立ったのが気になった。

右側面には電源ボタンと、その下に音量調節ボタンがならぶ。オーソドックスな配置だ。左側面はSDカードスロット。側面はソフトな素材になっており、握ったときに滑りにくい。

底面にはMicro USBポートがひとつある。フタはされておらず、防水でもない点には注意したい。端末左上にはイヤホンジャックを装備する。

5.5インチのiPhone 6 Plusと並べると一回り小さい。しかし、厚みはVAIO Phoneのほうが1mm以上厚い。

出荷開始は3月20日が予定されており、価格は一括購入で5万1,000円、24回分割購入の場合、通信費込みで2,980円(1GBの高速通信+音声通話)、高速回線使い放題プランの場合3,980円となる(いずれもbマーケットの価格、税別)。日本通信からはVAIO Phone専用SIMが提供されるが、VAIO Phone自体はSIMフリー端末であり、他社のSIMを利用することも可能だ。

ハンズオンコーナーで触った限りでは、実にシンプルで、操作に対するレスポンスは比較的快適だが、これといった特徴のないAndroid端末といった印象だ。逆に、これだけシンプルであれば業務用の端末としても使いやすいだろう。
携帯ケース コピー。。
●ネットユーザーやライターたちは落胆
○「VAIO」ブランドへの高い期待が裏目に

ODM製造ということで、VAIO Phoneと似たスペックの製品がないかを探したところ、台湾QUANTAが製造し、パナソニックが台湾向けに販売している「ELUGA U2」とそっくりなことがわかった。デザイン的にもほぼ同等であり、実質VAIOのロゴを付けているだけという状態だ。

ELUGA U2は現地価格で約3万円の端末であり、VAIOのロゴで2万円プラスというのは、割高感が否めない。発表以来大きな注目を集めていた端末だけに、ネット上では実際登場した端末を見て落胆を隠せないユーザーの声が後を絶たない。実際、取材中も周囲の記者?ライターたちからは強い不満の声が多く聞かれた。発表会会場でこれだけ悪し様に言われるのも珍しいほどだ。
人気ブランド携帯カバー。。
SIMフリー端末市場でほどよい価格のミドルレンジの端末が少ないのは事実だし、VAIO Phone自体の質感が特に悪いわけではない。市場分析は的確だったと思われるのだが、肝心のユーザーから、これほどまでに酷評を集めてしまったのは、両社としても想定外だっただろう。
新品グッチiphone6 ケース。。
●せめて価格の見直しを!
VAIOというブランドに期待されているのは、主に他社が真似できない革新性と高いデザイン性であるはずだ。最近でこそようやくハイエンド向けの「VAIO Z」や「VAIO Prototype Tablet PC」で革新性を見せたものの、会社の立ち上げ直後に発表された「VAIO Pro」や「VAIO Fit」の“普通さ”加減に落胆したユーザーも少なくなかった。
エルメスiPhone 6ケース。。
革新的な端末がそう簡単に開発できれば苦労はしないだろうが、VAIOというブランドへの期待はそれだけ大きいということなのだ。当然、スマートフォンでも同等の期待がかけられる。そこにきて、ODM製品にロゴを付けただけのVAIO Phoneが登場したら、厳しい批判が投げかけられても仕方ないだろう。

もちろん、VAIOから登場するスマートフォンは今回のVAIO Phoneが最後ではなく、あくまで「第1弾」とのことなので、今後は様々なソリューション向けの端末や、VAIO Zに相当するようなハイエンド端末も期待できるだろう。VAIO Phone自体も決して素性が悪い端末ではないのだが、あと1〜2万円安ければ、もっと反応が違ったのではないだろうか。せめて価格の見直しを期待したい。

(記事提供:AndroWire編集部)

(海老原昭)
グッチiPhone 6 ケース。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vfgdez
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vfgdez/index1_0.rdf