ルLTE戦略で、iPhone6は

February 19 [Thu], 2015, 10:57

 対応機種:iphone5S/5  iphone6


カラー:4色

付属品:ケース本体

状態:新品未使用で検品済み

 

◆ご注意点◆

※お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタなどの違い、また室内、室外での撮影により実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい

※携帯本体は付属いたしません。

※全商品送料無料

グッチiphone6カバー

売2ヶ月でIPHONE6値上げ!?さらにはIPHONE5sまで!?(SIMフリー版)
発売2ヶ月でIPHONE6値上げしたようです。さらにIPHONE5sも値上げのようです(どちらもSIMフリー版)。値上げは円安だから仕方ないとして、容量によって値上げの額が違うようです。
ルイヴィトン6カバー
金額としては8000円〜12000円程の額が上がったようです。容量が多いほど金額も上がってます。
ただでさえいろんな不具合があるというのに追い打ちをかけてきますね???。IPHONE6で最近よく言われてるのが、ポケットに入れたまま眠ったら曲がったとかというのが話題になりましたね。とはいえポケットに入れたまま眠ってしまうというのも問題ありかと思いますが???。

私もユーチューブでそのような動画たくさん見ました。自分からわざわざ曲げる人が出る始末ですもんね。アップルさん大丈夫ですか?このままでは売り上げが失速してしまうのでは?と、勘ぐってしまいますが。

というか、IPHONE6ならいざ知らずIPHONE5sまで値上げをするとはなかなかエグイです。IPHONE6が使いづらいからIPHONE5sに切り替えている方が結構いるようなのでその売り上げを5sの方で少しでも上げたいという腹積もりなんでしょうね???。

こんなこと言っていいかわかりませんが、スティーブ?ジョブズさん、なんとか戻ってきてくださいませ。私たちはいつまでもお待まちしております。をチェックしましょう!
新品グッチiphone6 ケース
Apple社秘密が多い会社であり、消費者を驚かせるために発表も発売直前に行われています。発売日2014年9月19日が刻々と近づいてきました。Apple社は大体1年周期でiPhoneを発売してきました。iPhone5S,iPhone5Cが2013年9月20日に発売されてからもうすぐ1年になるため、iPhone 6?6Plusの発売が発表されるのではないかとうわさされています。世界中のApple Storeでは、すでに並んでいる人の姿がキャッチされていて、 発売日に向けて盛り上がりを見せています。

iPhpne 6?6Plusのサイズは4.7インチと5.5インチの2種類で発売されます。今までよりさらに大きい画面になります。厚さも改良されiPhone5sでも十分に薄い7.6mmですが、iPhone6更に薄い 5.5mmになると思われます。また軽量化もされ、軽くて薄い、持っていることを忘れるiPhoneが完成します。
■カーブ型ガラス採用
iPhone 6?6Plusの外観はiPhone5や5Sとは大きく変化するとします。カーブ型ガラスで画面の強度を高くしデザインも少し変えられたものやホームボタンをなくして更に画面を大きくしたものなどがあります。またiPhone 6?6Plusの側面についていた音量ボタンやマナーモードスイッチがタッチパネルになっているものまで本当にたくさんあるようです。本日発売されたiPhone6。9月9日のApple社の発表によると、通信速度が下り最大150Mbps対応、TD-LTEのバンド41(2.5GHz帯)をサポート、キャリアアグリケーション(CA)対応と、iPhoneにとって新しい回線が利用できる可能性があるようです。

そこでgooスマホ部では、ドコモ、au、ソフトバンク3キャリアで、iPhone6通信速度調査をどこよりも早く計測してきました!その結果を速報としてレポートします。
アイフォン6ルイヴィトン
今回の調査は、大阪環状線全19駅で、スマートフォン向けのスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を使いました。各駅2回ずつ計測し、その平均値を掲載しています。各駅の速度結果は、記事の最後に掲載しています。

●平均ダウンロード速度は、NTTドコモがトップ!
キャリア 平均速度
NTTドコモ 51.77Mbps
au 43.15Mbps
ソフトバンク 31.74 Mbps
iPhone6 エルメス
全19駅の平均ダウンロード速度は、トップがNTTドコモで51.77Mbpsという結果に。先日、記者発表があったように、ドコモのiPhone 6は、東名阪ではフルLTE 1.7GHz帯に対応しており、ダウンロード最大150Mbpsが使えます。今回は、その成果が現れた、ということが考えられます。ダウンロード値に関しては、3社ともあまり大きな差はない駅もあり、切磋琢磨している状況がうかがえます。

●平均アップロード速度でも、NTTドコモがトップ!
キャリア 平均速度
NTTドコモ 26.19 Mbps
au 7.66 Mbps
ソフトバンク 8.61 Mbps

同じく全19駅の平均アップロード速度でも、NTTドコモが1位の結果となりました。全19駅すべてトップで、高い数字を安定的に出しています。場所によっては10倍ほどの差をつけてトップになっている駅もありました。au、ソフトバンクに関しては大きな差がなく、ドコモの圧勝となりました。

●ダウンロードは、ドコモが最速!主要駅を含む13駅で最速値を出す結果に。

全駅計測をした結果、ダウンロードはドコモが他社より優位な結果になりました。特に森ノ宮駅では、86.33Mbpsという最速の数字をマークしました。他にも、大阪駅(55.63Mbps)、京橋駅(42.21Mbps)、鶴橋駅(63.91Mbps)と大阪の主要駅も40Mbps以上をマークするなど、他社に抜きん出て高い数字を出しています。大阪はLTEのUE(User Equipment) Category4の150Mbpsに対応しているのと、ドコモが通信環境構築を推し進めている1.7GHz帯のLTEがポイントのようですね。なお、ドコモは今年度中に下り225Mbps、CA技術に対応すると発表したので、さらにスピードアップが期待できます。
グッチiphone6
残りの7駅に関しては、auが3駅、ソフトバンクが3駅という結果になりました。
auの最速は寺田町駅の87.15Mbpsでした。auは、今回iPhone6/6Plusで対応するCAを国内唯一導入?運用していますが、今回の調査ではその結果を見ることができませんでした。というのも、計測した回線がLTEなのかCAなのかiPhine6/6plusでは明確に表示されないので、今回の調査では判別することはできませんでした。

ソフトバンクの最速は弁天町の55.85Mbpsとなりました。ソフトバンクの場合、理論値ではHybrid 4G LTEが規格上使えるようになっているのですが、大阪では整備が整っていないのか、その良さが発揮できなかった模様です。

ダウンロードに関しては、過去の速度調査を見てもドコモが優位なのに変わりはないようですね。

●アップロードは、ドコモが最強。続いてソフトバンク、auの順に。
エルメス6Plusケース
SNSへの写真投稿などに関わってくるアップロードの結果は、他を寄せ付けないほど、ドコモの圧勝。全19駅、ドコモがトップです。平均値26.19Mbpsは、これまでいろんなところで速度調査をやってきた中でも1、2を争うぐらい高い数字でした。さらに30Mbps以上出している駅が6駅もあり、中でも玉造駅の37.09Mbpsは圧巻で、続いて天満駅の36.34Mbpsと高い数字が目立ちます。
auやソフトバンクに関しては、さほど大差はありませんでした。平均値で見てもauが7.66Mbps、ソフトバンクが8.61Mbpsとなっていますが、この数字はいつもの速度調査で出る数字なので、ドコモと比べると低速ではありますが、ある意味安定しているのかもしれません。
超人気iphoneケース
全体の総括として、9月9日の発表時の理論値では、CAに対応しているauが優位と思われましたが、実測値はドコモ優位という結果になりました。ドコモはフルLTE戦略で、iPhone6は1.7GHz帯に対応しており、ダウンロード最大150Mbpsが使えたことが大きいと思います。各社通信ネットワークの強化を図っていますが、次世代通信規格であるLTE Advanceへの整備はこれからと言ったところでしょうか。今、注目を集めているCAもゆくゆくは3社揃う予定なので、結果は随時変動すると思われます。
グッチiPhone 6 ケース
まだ発売されたばかりのiPhone6/6plus、今後は各社その仕様にあわせて通信速度を強化していくと思われますので、今後の展開も追ってみたいところではあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vewrwe
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vewrwe/index1_0.rdf