っていく必要がある」昨年は約7万人

August 10 [Sun], 2014, 13:26
パー大火勢」台風で中止 福井
産経新聞 8月10日(日)7時55分配信
 台風11号の影響で、おおい町で9日に予定されていたイベント「若狭おおいのスーパー大火勢」が中止となった台風接近を受けて対応を検討していた同実行委員会が決定した

 イベントは同地域に300年以上伝わる伝統行事を現代風にアレンジしたもので、巨大たいまつの豪快な回転や花火が見どころとなっており、意味では、昨年の経産省主導の成長戦略が20点だったものが、今回は50点になったというようなもの農業、医療、雇用など、まだまだと言える」

成長戦略で考えなければならない一つは、雇用制度改革
 また、国際比較の中から見た雇用制度の課題を、ワールドカップを例に挙げながら、紹介してくれた

 「自分が持っている問題意識の点について、いくつか紹介しておくと、雇用制度の改革について、もうすこし踏み込まないといけないと感じている例えば、サッカーのワールドカップ始まる前に、いろんなメディアが、『日本はベスト16、ベスト8には行ける』と言っていたが、結果は、世界ランキング通りの予選敗退となった

 先進国でベスト4に残ったのは、ドイツとオランダだったサッカーはダメだったけど経済がどうかと言えば、アベノミクスである程度いい方向になり、テレビでも『サッカーはアカンかったが経済は日本の方がいい』と言っている人がいて、馬鹿野郎と思って調べてみたら、肯定的なデータも出てきた

 日本の2013年の実質GDP成長率が2.3%だったのに対して、ドイツの2013年の実質GDP成長率は、0.5%、オランダにいたっては、▲0.8%だったしかし、現実的な生産性という観点から見ると状況は大きく異なる日本の実労働時間の平均は1,750時間それに対して、ドイツは1,200時間と日本人の方が2割強長く働いているこのため、1時間当たりの日本のGDPは、約40ドルになるのに対して、ドイツやオランダは約60ドルになる

 これを見ると、ワールドカップでベスト4になったけれど、経済を見てもドイツ、オランダの方が、一人1.5倍稼いでいる事が分かる色んな要因あるが、ドイツもオランダも雇用制度改革をやっている同一労働同一賃金、雇用規制の緩和、倒産法制も行ったそういう改革もやった成果であり、教育訓練、社会機会を与えられている規制改革とともに、こうした教育訓練の機会を保障するような振興策を両方やった事が機能したと言える

 今回のワールドカップではドイツが優勝したドイツは、国際大会で惨敗した事を受け、立て直しに、国の認めたサッカーのコーチを全国に配置し、6歳ぐらいの子どもから教えて、小さいうちから各クラブが育てる仕組みを作った

 雇用制度改革についても、ホワイトカラーエグゼンプションなどが言われているが、同時にハローワークが教育訓練を整える必要があるこれで本当に生産性があがるのかという事を考えると、ワールドカップ同様にベスト4をめざすためには、もっともっと大きな変革を行っていく必要がある」昨年は約7万人が訪れた農業、医療、雇用など、まだまだと言える」

成長戦略で考えなければならない一つは、雇用制度改革
 また、国際比較の中から見た雇用制度の課題を、ワールドカップを例に挙げながら、紹介してくれたガガミラノ 時計 レディース農業、医療、雇用など、まだまだと言える」

成長戦略で考えなければならない一つは、雇用制度改革
 また、国際比較の中から見た雇用制度の課題を、ワールドカップを例に挙げながら、紹介してくれたiphone case農業、医療、雇用など、まだまだと言える」

成長戦略で考えなければならない一つは、雇用制度改革
 また、国際比較の中から見た雇用制度の課題を、ワールドカップを例に挙げながら、紹介してくれたケース 人気
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vewew/index1_0.rdf