辻井とアプロケイルスパンチャクス

October 22 [Sat], 2016, 12:48
育毛に良いとされる食べ物はたくさんあります。たとえば、海藻は代表的ですね。毛髪のタンパク源となる大豆、色素などの元となる緑黄色野菜、青魚はDHA豊富で、血行を良くするといわれてきました。血行をよくするという意味では、唐辛子も昔から育毛に良いとして、たくさんの人がその効果を言い伝えてきました。食材ですから、薬のように集中的に摂取するのではなく、毎日の食事の中で、バランス良く栄養を摂取するよう意識した生活を送りましょう。偏った食生活は、抜け毛を増えるという残念な結果も考えられます。
丈夫な髪を手に入れるためには、頭皮をほぐしてみてはどうでしょうか。マッサージで血液が頭皮の隅々まで巡るようになると、髪が求めていた養分が今までよりももっと、届くようになるでしょう。デリケートな頭皮を守るために、爪が伸びていないか確認してからゆっくりと、指の腹でマッサージしてみてください。強くしてしまうと逆効果ですので、気をつけてください。
ツボは、東洋医学において、度々使用されますが、その中に、髪の毛が豊かになる素晴らしいツボもあるのです。お風呂やお部屋で頭のマッサージをする際に、そのようなツボを刺激するのも一つの方法です。でも、気を付けてください。ツボを押しただけでは驚くような効果が現れるわけがないのです。そんな風に即座に育毛出来るなら、この世界に薄毛の人はいないでしょう。
元気な髪を育てるには亜鉛が必要です。元気な髪のために食事で亜鉛を取り入れることが身近な方法ですが、体内への吸収が高くないため、わりと難しいと思われます。亜鉛が含まれる食べ物を食事に取り入れるだけでなく、体への亜鉛の吸収を妨害する食べ物などは食べないようにしましょう。元気な髪を育てたいなら、亜鉛を確実に吸収するにはサプリなどが便利です。
最近では薬を使用した育毛方法もあり、利用する方も以前より数が増えています。育毛効果があるとされている薬には、口から摂取するものと、頭皮に直接塗るものがありますが、副作用があると知っておくべきです。安いという理由で、お医者さんの処方という段階を飛ばして、個人輸入という手を使い、入手すると、偽物がまぎれ混んでいる可能性もその数は軽視できないのです。
なかなか改善されない薄毛や抜け毛。実は栄養不足が原因になっていることも多く見られます。皮膚が一定の周期で修復されていくように、発毛にもサイクルがあります。その維持に使われる栄養が不足していると、日光やシャンプーなど、普段からある刺激に頭皮が過敏に反応するようになり、健康的な髪が育つ土壌が損なわれ、生えてくる毛より抜け毛のほうが多くなってしまいます。外食や、栄養にこだわらない中食(買ってきて食べること)が多かったり、パンだけで済ませる方、レトルト食品やスナック菓子が好きな方など、食生活を見なおして、改めていくほうが良いでしょう。地肌と髪の健康のために、栄養バランスの良い食事をとっていきましょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココネ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる