モンクレール 2014最高峰の技術です

December 17 [Tue], 2013, 16:04
  

全体の色は茶色なんですが、衿の部分が緑色になってしまっています。
  
  MONCLER(モンクレール)のダウンジャケットですと、お値段も結構しますし、「ん〜〜できるだけ、やってみますね!」とお客様に言ってお預かりしました。今回のモンクレール 2014 秋冬 メンズはポリアミド100%との組成表示になっています。よくナイロン100%などのダウンジャケットですと、酸化窒素ガスの影響によってガス退色をおこして色が変色してしまいますが、今回の場合は、どうも皮脂の影響によって起きた変色のように思えます。
  
  ちょうど衿が体に当たる部分が変退色していますし、ダウンベスト レディース他の部分がまったく変退色していませんので、皮脂による変退色が何らかの影響によって起きたと考えられます。「こんなのどうやって直すの?」って、みなさんの声が聞こえてきそうですが、そう!今回の場合は、シミ抜きで処理する!といった処理にはなりません!
  
今回の場合は、色を補色して修正していく処理になります。色を補色?って何?」って聞いてきそうですが、「色を補色する」と言うことは、元の色から脱色してしまった色を補って修正する、シミ抜き技術の中でも最高峰の技術です。


詳しくこちらへ:モンクレール 2014 秋冬 メンズ洗濯表示のためではありません