ショックなことがあった・・・。  2005年01月28日(金)
ケニアではダニから移るTheileriaという原虫がいて、East Coast Feverという病気が起こり、ナイロビではダニ駆除していない牛の多くがこの病気にかかる。

発熱、リンパ線の腫れ、舌の裏の出血のマーク、呼吸困難が起こるんだけど、この病気の末期症状を見てしまった。私達が行く一日前にどこかの獣医が来て「気管支炎」と診断したそうで、抗生物質とビタミン剤だけ打たれていて、今日になって立ちあがれなくなったのだと言う。肺の音を聞くとものすごくゼーゼー言っていて、気管支からは水が通る音がしていた。この病気の死因は肺に体液が溜まって、呼吸困難。

自分の体液で溺れ死ぬのと同じ。牛はもう起きあがれなくて、首を伸ばしてゼーゼー言うばかり。飼い主が「助かる可能性が低くても薬を打って欲しい」と言われたので薬を投与したが、その10分後、呼吸困難がさらにひどくなった。首を伸ばして息をしようとするが、体液が気管支まで上がってきているのか、まったく息が吸えない。牛は、30秒ほどのた打ち回り、頭が後ろにそっくり返った。そのまま足が痙攣して、口と鼻から血だらけの泡が出てきて、肛門からはウンコが流れ出た。そして痙攣した足が壁を蹴り、それが終わると誰かが魂を取っていったように、ドサッと手足と首をうなだれた。聴診器を当てても、心臓の音はもうしなかった。

死んだ動物は見たことはいっぱいあるが、自分の目の前で命が消えてゆく瞬間を経験したのは初めてだった。死というのは、こんなにも激しいものなのか・・・。死はすべての苦しみから開放してくれるなどと言うが、死にたどり着くまでの苦しみはとてつもないものにしか見えない。呆然と命がなくなった牛を見ていると、突然、牛のお腹が動き出した。

「え?まだ生きてるの?」

命が消えた母親のお腹で暴れているのは、6ヶ月の胎児だった。母親の血液が止まったので酸素がなくなって、苦しんでいるのだろう。お腹の中で暴れている胎児は、母親が死ぬ時と同じように激しく暴れた。そして、動かなくなった。ショックで言葉が出なかった・・・。涙がジワっと出てきた。

死とはこんなにも激しいすさまじいものなのか・・・。獣医になるためには見ておかなければいけない事だったけど、ショックだった。



 
   
Posted at 15:46/ この記事のURL
獣医はパワーが必要  2005年01月26日(水)
救急ユニットの患者は、95%が牛である。昨日、学校の近くの牧場での回診で、やたら狂暴なゼブー牛がいた。ホルスタインとかジャージーとかの乳牛と比べて、ケニアのゼブー牛ってのはホント気が荒い。うちらが血液サンプル取る時とか注射打つ時ってのは、ロープで頭を補定して、後はパワーで押さえるつけるんだけど、これがすごい力仕事なんだよね。


獣医はパワーが必要なのよ。子牛でも暴れたら、これだけの人数が必要。

昨日は病気の牛の回診が終わると、飼い主が、

「他の元気な牛も、血液サンプル取って病気じゃないか、チェックしてくれるかしら?」

なにっ?

病気じゃないゼブー牛から血液サンプル取るのは大変なのに〜・・・と思っていたら、案の定、一頭キチガイみたいに暴れまくる牛がいた。牛を捕まえて押さえつけるのは、うちら生徒の仕事なんだけど、200キロの牛相手のレスリングはも〜大変! 尻尾を掴む人、角にロープをつける人、壁に押し付ける人、と分かれてタックルするが、6人でやっても暴れまくる。角を下に向けて突進してくるわ、蹴ってくるわ、すごいことになってしまった・・・(2人牛に蹴られて叫んでました)。うちらのグループは女が2人なんだけど、もう一人の子は、牛が突進してくるたびにキャーキャー叫んで逃げ回る始末(獣医になれんのかよ)。私は尻尾を持ったまま引きずられたり、壁に牛を押さえつけて蹴られそうになったり、男に混ざって牛を追いまわす(すっかり男)。壁に牛の横腹を押さえつけていた時、また牛が暴れ出して、あやうく蹴られそうになった。暴れながら蹴りが飛んでくる瞬間が分かり、、「やべっ!蹴られる!」と思った瞬間、


膝蹴りっ!!

思わず条件反射で出てしまいました・・・(ごめ〜ん)。牛の蹴りより早く、私の膝蹴りが横腹に命中!(痛くはなかっただろうが)おかげで蹴られずに済んだ。う〜ん、大型動物獣医は女っぽい人には無理かも・・・。

 
   
Posted at 15:43/ この記事のURL
かわいそうな子豚  2005年01月12日(水)
学校に行ったら、すごい物見ちゃった。覚えてます、クリスマス前に去勢に失敗すると管の炎症が起きてしまうことがあるってこと話したの?

この子豚なんだけど、正月明けてから外科実習のグループで手術をする予定になっていたのね。な、なんと、3週間たったら、こんなになってたよ・・・(冷や汗)。

まじ、かわいそう・・・。いくら年明けてからの手術予定があったからって、こんなになるまで放っておくことないのに・・・。いくら、うちらの勉強のためとは言え、絶対に間違ってると思う。

この子豚の手術は金曜の予定です。今日の午後は犬の子宮を取る手術とゼップっていう耳の手術で、私は執刀医。今まで何度も友達のノニー(獣医)のアシスタントしてたけど、一人でやったのは初めてでした。他のグループより早く出血も全然なく無事、手術は終わったよん♪

手術の後でふと思ったこと、それは「ケニア人は雑でしょ」ってこと。縫い方がホント、雑。一緒にムエタイ行ってる友達のノニーはインド人女医さんだけど、彼女の縫い方はすごくきれい。ノニーと私は似ていて、獣医話以外にも好きなことが一緒なんだよね。ビーズのアクセサリー作りとかお菓子作りとか宝石デザインとか。自分で作ったネックレスとか見せてくれるし、時々手作りアクセサリーをくれたりする。結構センスいいデザインの作るんだよね。

そして、彼女の大好きな物がもう一つ。それは、目!(眼科やってたのね)彼女も獣医だから変で、ビーズ以外にも時々変な物をムエタイに持ってきて見せてくれる。くり貫いた馬の目玉とか・・・(みんな唖然)。「すごいでしょ、今日取り出したばっかりなのよ」って、アンタ・・・。


 
   
Posted at 15:38/ この記事のURL
39匹の招き猫  2005年01月11日(火)
祝!5年生!
内科学追試の結果が出ました!パスしましたよ〜、パス!

うれしい〜!これで、やっと私も無事に5年生です。残すところ、卒業まで後6ヶ月。もう2度と追試になんか受けませんよっ!残された7月まで、ドクターまで全力疾走しちゃうんだから、ふふっ♪(気合い入れなおしました)→でも、また眠くて朝の授業さぼっちまったい・・・(今週3回目)。

勉強したかいもあるけど、年明け早々、このラッキーさは、絶対あれのおかげに違い
ない!



そう、招き猫!その名もスーパー・ラッキー・キャット!

4ヶ月半かかり、一時帰国した時の最後の荷物が届いたの。ダンボールいっぱいの39匹の招き猫!(なんじゃそりゃ?)。

うちの父がハワイに住んでいた時、招き猫に凝って集めていたんだけど、日本に帰って置く場所がなくなったらしい。

捨てるのは縁起が悪いので、「お前、招き猫をケニアに持っていかないか?」(送料は父が持つからと言うので了解) そして、「卒業したらクリニックに置いたら?」と母。船便で送ったけど半分は壊れてるだろうなと思ったら、なんと一個も壊れていなかった!奇跡だ〜っ!

 
   
Posted at 11:20/ この記事のURL
200個もの病気を暗記?!  2004年12月18日(土)
すがすがしい・・・!夜寝れるってこんなに人間にとって幸せなことなんだ!と一人で感動。過去2週間ひどい不眠症での勉強続きの生活をしていたから、朝にすがすがしく起きれるっていうだけで、すっごい感動。

今回、病理学の追試を受けて思ったこと。

私は暗記力がすごくないので、人の2倍ぐらい時間かかる。ケニア人は小学校から暗記、暗記、暗記の学校生活してるから慣れていて、やたら暗記が早い。私は元々暗記が苦手なので、暗記重視の日本人学校では成績3とかだったと思う。さらにアメリカの学校は暗記より理解を重視するから、12年間のアメリカ生活で私の暗記力はさらに低下したと言える。

ナイロビ大学に入って暗記重視の勉強を始めて、もうすぐ30歳で脳みそがスローになっているっていうのもあるけど(18歳の動物学やってた時より低下してるんだよな〜)、私の暗記力っていったい・・・ってぐらい悪い。普通、この追試の勉強は2週間ぐらいでいいはず。でも、私は家に閉じこもりっぱなしで勉強以外の何もしない。ひたすら抗議ノートを読み暗記(うちの大学の教授は抗議ノートに書いた内容を書かないと点もらえない)、それに疲れるとリラックスのために病理の本で病気のメカニズムを理解するってこと続けてた。



学校の大型動物クリニック

この大学の教え方は間違っていると思う。病気一つ一つには、「クリニカルサイン」っていうのがあるんだけど(病気の時に見られる症状)、病気のメカニズムを説明するより、それをただひたすら20個ぐらいリストすんのよね・・・。
そして、ケニア人はその20個を平気で暗記してくる。絶対、オカシイ! ただでさえ200個近い病気を覚えなければいけないのに、全部暗記するなんて!病気のメカニズムを理解すればクリニカルサインは、分かるはず。

例えば「Heart Water」っていうリッケツィア原虫によって起こるアフリカの牛の病気があるんでけど。クリニカルサインとしてリストされたのは、
 
  続きを読む...  
Posted at 16:29/ この記事のURL
ナイロビ大学での追試地獄・・・  2004年12月17日(金)
この4週間、ずっと勉強していました。8月の期末試験の時、ストレスと不眠症から病気になり、最後の日にあった病理学の試験が受けれなく、9月に再試験を受けたんだけど、ナイロビ大学入ってから始めて試験を落として、追試!!

エチオピアから帰ってきて、「Fail」って書いてある再試験の結果を受け取った途端、ムルシの疲労と試験落としたショックがかさなって、病気の連続。それから立ち直って勉強を始めて4週間、やっと追試が終わりました。精神的にも体力的にも追い込まれて、最悪だった。

期末試験や再試験は、「落ちてもまだ次の試験がある」ってある程度の安心感があるけど、追試は、「落ちたら一科目だけのために丸々1年間、留年!」っていう恐ろしい結末があるので、「Do or Die!!」状況。何が何でも落としてなるのか!って意地もあるけど、それより追試は普通の試験より難しいので、4年生の追試なのにカバーされるのは3年から5年まで。

まだ4年の試験をすべて終わらせていないのに5年のクラスにレジストレーションしてるから、実習ローテーションはあるし、リポートも週に4本も5本も平気に出されるし、いつ勉強すればいいんじゃい!って感じ。

追試前の最後の2週間は午後の実習サボって家に閉じこまって深夜まで勉強。地獄のような生活だったけど、やっと終わったぁ〜・・・。でも、試験終わった喜びより、疲労と寝不足続きで不眠症になってしまったのが一番辛い。グッスリ寝たいのに全然寝れない。

頭をフル回転しすぎたのか、寝ない生活続いたので体が慣れてしまったのか・・・。

今回追試が通ったら(1月に結果出る)、もう二度と追試なんて受けるシチュエーションにはしない!始めて追試取ったけど、これが最後のチャンスっていう恐ろしいプレッシャーには絶えれないのが分かりました。ギリギリ状態は二度と嫌だぁ〜。ふぅ〜・・・。


ベットで勉強する私を邪魔するヤマト。 教科書、足踏み!


仕方ないので二人(?)で写真♪
 
   
Posted at 16:16/ この記事のURL
「マリモ」と「マイレ」  2004年11月21日(日)
日曜日の夕方、うちのお犬さん達が大喧嘩しました。喧嘩を始めたのは、でっかい外犬達。ローデシアン・リッジバックのクロスの「マリモ」と雑種の「マイレ」。いやー、犬って切れるとコントロールきかなくなるから恐ろしい(やっぱり動物なのね)。

「ギャワワワン!」とかいう尋常じゃない吠え声が聞こえてきて、慌てて表に飛び出したら、でかい犬2匹がお互いの首根っこに食いついて離さない状態。

「こらぁーっ!!!やめなさい!!!」

でっかい声で叫んでみても、我を忘れた犬達は何も聞いてくりゃーしない。ムエタイで鍛えた足(?)で、マイレの首に食いついているマリモのお尻を蹴ってみても、何も反応なし(35キロのでぶ犬にゃ私のキックは全然きかん!っつーか、そんなに強く蹴ってませんので→一応、獣医学生)苦しさのあまり、マイレはすごい叫び声をあげる。

ギャン、ギャン、ギャン、ギャン、ギャン、ギャン!

それを聞いて興奮したのか、他の犬達もぶち切れだした。我を忘れた犬の喧嘩なんかの仲介に入ったら、こっちが噛まれてしまう。でも、犬達はどんどん興奮しだし、巨犬・「ランマ」(55キロのグレートデン)とドーベルマン&ロットワイラーのクロスの最強犬・「ムサシ」もすきあらばマイレに食いつこう後ろでスタンバッってる。


やばいっ!!(奴らまでぶち切れたらマイレが殺される!というか、私も勝てない!)

今日の喧嘩始めたマリモ(左)とムサシ(右)。
マリモはただのデブ犬だが、ムサシは喧嘩強いガード犬。


噛まれるの覚悟で、キチガイになって噛み合う犬たちの真中へ・・・(良い子は真似しないでください)。片手でマイレの首をつかみ、もう一方の手で思いきりマイレの首根っこに噛みついているマリモを引き剥がす。30キロ以上あるマリモは結構力強くて、何度引き離してもまたマイレに食いかかっていってしまう。


「きゃー!誰か助けてー!」(心の叫び)

→でも、今日は日曜、誰も家にいないので誰も助けに来てくれません。
 
  続きを読む...  
Posted at 16:56/ この記事のURL
脳性マラリア!?  2004年11月19日(金)
うーん、エチオピアから帰ってきてから、やたら体調悪い・・・。

事の始まりは、ムルシの仕事が終わった晩。夕ご飯を食べている時に急に頭がクラクラ。目の前におかれたスパゲティー見ながらお腹減っていたのにも関わらず、部屋に帰ってバタンキュー。頭クラクラするし、手足がやたら冷たくて、頭に血が上っていない。頭クラクラして頭痛も吐き気もして、もう最悪。いやぁぁー、なんでぇー・・・?!

脳性マラリアだったらどーしよー!なんて、病気なのでやたら弱気。ナイロビに帰ってきてすぐ病院行ってみた。結果、白血球のレベルがやたら高い。エチオピアでダニに食われまくったので、バクテリアでも拾ってきたのだろうか。

「バクテリア感染でしょう。抗生物質のDOXYCYCLINEを出しておきます。」

「家にいっぱいDOXY あるんですけど→(先月にヤマトに飲ませた残り)、それじゃダメですかね?」

ヤマト


「人間用の出しますので、それを飲んで下さい・・・。」

とりあえず、人間用の抗生物質をもらって帰る。

→もらった薬見ると、やっぱりヤマトにやった薬と同じなんだよなー(!)。家に
いっぱい残ってたのにもったいない・・・。

5日後。薬飲み終わったのにまだ体調悪いし、同じ症状が続くので今度は違う病院に行ってきた。病気続きですっかり弱気な病人の私。薬飲んでも治らないし、心配で心臓まで痛くなってきた(ような気がした)。→おおげさ。医学やっている人とは思えない。

「ドクター、胸も痛いんです・・・。」(心音ぐらい聴診器持ってんだから、自分で聞けよ)

「じゃあ、横になってシャツを脱いでください。」

もうすっかり病人気分の明日香さん。シャツをあげかけてみて、やべっ!

ブラジャーつけてくるの忘れちゃった・・・。(女じゃねー)

→動物相手の生活だとだんだん女を捨てちゃうのね。

「あのー、ブラジャー忘れてきたんですけど・・・。」

ドクター:「胸なんて見なれているから大丈夫です。」(そうなん?)

平気でブラジャーなしで胸なんか出しちゃって、もう私もすっかり、ジャパニーズ・ムルシ♪(?!)



きゃー!
 
  続きを読む...  
Posted at 12:14/ この記事のURL
エチオピア裸族「ムルシ」話 パート1  2004年11月11日(木)
 10月26日からバイトで17日間エチオピアに行ってきました。初めてエチオピアに行くので楽しみにしていたが、とりあえず帰ってきてみて、エチオピアの感想は、一言、

疲れた・・・・。

 エチオピアと言えば古代キリスト教、コプト教の国。有名なラリペラの岩を彫って出来た教会とかは一度行ってみたいと思っていた。でも、なぜか私が行った理由は、


エチオピアの裸族、ムルシ。(なんでじゃい・・・?)

 まず首都アジスアベバから1000キロ近く離れた村ジンカまでセスナ。ジンカで四駆に乗り換え、山道とサバンナを2時間半。首都アジスよりケニア北部の国境の方が近いっつーぐらい、すげー遠いところに連れてこられてしまいました。

 今までいろいろアフリカを歩きまわっていたつもりだったが、このムルシ(族)はそんなアフリカ慣れした私にとっても強烈な人達だった。人に対するアプローチに強烈ながら、外見も強烈だった。男はフルチンだし、女は胸出してるし。洋服着てる私は女か男か分からないらしく、胸つかまれたり股間パンパン叩かれて男か女チェックされたし・・・(女からも男からも)。普通するか、そういうこと・・・。ふぅ・・・。

 とりあえず、ムルシが有名なのが女性がはめるリッププレート。下唇に切りこみを入れて、2年かけて伸ばす唇にはめるのが、リッププレート。昔アフリカの部族関係で見たことはあったような気がするが、まさか実物を見るとは思わなかったっす。価値観とかからの差別とか嫌いだし、マサイの友達いっぱいいるし、ちょっとやそっとの変わった部族にはおどろかないと思っていた。しかし、このムルシにはぶったまげた!とりあえず、ムルシについてあれこれ語る前にまずムルシ自慢のリッププレート姿見て欲しい。



ムルシ美人の証、リッププレート。いくら世の中価値観違った人種が多いと言っても、これはホントに美人・・・?







ついでにサイドからのショット。ちなみに右後ろはリッププレート外した女性。リッププレート外すと伸びまくった唇がブラーン。



 とりあえず、ムルシの写真を見てもらった上で、ムルシ美人について語ってみることにする。ムルシ美人、昔はリッププレートが大きいほど美人とされていたらしい。




 
  続きを読む...  
Posted at 14:54/ この記事のURL
ケニアのライフスタイルの実態は・・・  2004年10月11日(月)
 このブログを書いてくださいというメールをもらった時、まず一番初めに疑問に思ったこと。

「え・・・?ブログって、なに・・・?」

 ナイロビ校外の田舎に住んでいて、自分の家の犬と戯れることと勉強しかしていない私には「ブログ」という物の存在すら知らない。というか同じケニアに住んでいるのに先日の「ノーベル平和賞」をケニア人女性がもらったというのも日本に住んでいる親から聞いて初めて知ったほど。私はかなり世間のニュースにうとい。だって、勉強忙しいし、うちのテレビ2チャンネルしか映らないし(家が丘の下にあってネットワークが届かない)、ケニアの新聞って「ナイロビ大学、暴動を起こす」とか「またまたバス事故100人死亡に上る」とか「スラムで違法の酒で合計300人死す」とかバッドニュースしか載ってないので辛気臭くなるから読まないし→(ただの言い訳。本当は新聞に30シル(シリング)払うの嫌なだけ)。

とにかく!いったい、「ブログってなに?」

「日記を書いてもらえば・・・」

 え、日記?日記でいいの?それなら私でも書けます。「20代後半から30代前半の女性向けサイト」、今年で29歳になったから、これは当てはまる。「世界に滞在している日本女性をピックアップして」、アフリカはケニアの首都ナイロビ・・・から20分の郊外に住んでいるけど、一応「世界に滞在」していることには変わりないから、これも当てはまる。でも他のメンバーを聞いてみると、みんな、イタリアとかフランスとかニューヨーク(一応私も昔6年間住んでいました。ニューヨーク・シティー・・・から電車で30分の郊外に)とかで活躍するカッコイイ女性達!いいんすか、私なんかがそんなメンバーに混ざってブログなんて書いちゃって・・・?


素手での直腸検査。牧場での直腸検査にはお気に入りのカウボーイハット。

 一応、まだ「獣医」になってなくて「獣医になるために勉強中」の身なんですけど・・・。後8ヶ月後に獣医になるって大きな口叩いているけど、すでに去年の病理の再試験が入ってるんですけど(食中毒で倒れて受けれなかった)・・・。
 
  続きを読む...  
Posted at 19:21/ この記事のURL
  | 次へ  
 
編集後記 staff&partner インフォメーション 会員登録について お問い合わせ