ピーターソンとひだかり

October 08 [Sun], 2017, 7:06
不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。



実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。
また、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは証拠が必要とされます。

第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠が必要です。ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行っておぞましい戦場になるシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、殺人にまで到ってしまうストーリーもよく使われます。

浮気の現場を直接つかまえるのもやり方の1つでしょう。
別れるつもりがあるならば、取っていい行動といえるかもしれないです。


もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調べる時間が少なくて済むので、それだけ調査費用が節約できるわけです。ですが、いつ浮気をしているか知っているにしても、友人を説得して写真を撮ってくれることになっても、無駄足になることが多いでしょう。ひそかに証拠を握りたいときには探偵を雇うのが賢明でしょう。



探偵は依頼されたことのみを調査すればいいのではありません。浮気の事実があるのか調査していると、トラブルが発生する可能性があります。
そういう時に、一番に依頼人のことを優先的に思ってくれるような探偵が信頼に値する探偵と言えます。探偵を信頼してもいいか判断するには、お話を進めるときの印象などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。

探偵について、その特徴を考えると、誰かに不審に思われないよう充分すぎる注意を払って粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に身分や目的を開示してから表立ってリサーチを行うようです。


すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、一方、興信所は情報を集めることが上手だと言っていいでしょう。 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分で購入できるのかといえば買えます。

通常は、追跡グッズはGPS端末を用いることが多いのですが、どんな人でもネット等で購入できます。



車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。
不倫関係を精算したきっかけで一番多いのは、当然かもしれませんが、「ばれてしまったから」です。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。

最初から興信所や探偵業者などのプロに相談し、調査してもらうのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。
ただ、これは怪しいと気付くのはどうしても本人次第になります。

探偵が浮気調査する時でも失敗したりするようです。探偵は浮気調査をよくやっていても、失敗することが少なからずあります。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。それに、浮気調査実施中に不倫相手に会わない時には証拠写真も撮れません。

パートナーの浮気リサーチを調査員に行ってもらう場合、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を事前に話し合います。時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど調査料金が高くなります。

調べる人の事務所により、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。探偵を依頼することで浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。相手が浮気をしているのではないかと思った場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。
ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を手に入れるとなると、相手に見つかるという可能性はあるでしょう。


その原因はズバリ、あなたの顔を覚えているからです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひより
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる