Rogersと赤松

June 07 [Wed], 2017, 22:20
もっと大きな胸になったら嬉しいけれど、遺伝の問題だからどうにもならないと考える女性も多くいることでしょう。

意外と知られていないことですが、バストサイズは親からの遺伝よりむしろ生活習慣が及ぼす影響が強いだろうというのが専門家の意見です。

ですから、整形に頼る前に、普段の生活を見直してみるべきかもしれません。

実はバストアップを妨げる生活習慣を行っているせいで、胸が大きくならないのかもしれないのです。

胸を大きくするには、豊胸エステという選択もあります。

バストアップのコースを受けることで、これまで以上に形の良い、きれいなバストを手に入れることができます。

一度ではなく、回数を重ねてケアを続ければ、胸が大きくなり、サイズがアップすることもあります。

ですが、金銭面での悩みもありますし、当たり前ではありますが、整形ともまた違い、自分でも常に意識をしておかないと、せっかくきれいになったバストが元通りになってしまいます。

胸を豊かにする効果があるといわれるツボを、押してみてはいかがでしょうか。

具体的なツボとしては、だん中、天渓、乳根などがバストアップに効果的なツボであると知られています。

このようなツボの刺激により、血行が良くなるですとか、女性ホルモンがよく分泌されるようになったり、乳腺を発達させるのに有効であると考えられるのですが、即効性があるわけではありません。

姿勢を正しくすることでバストアップにつながるということを心にとどめてください。

同じく猫背で悩む人も多いと思いますが、これはバストが体のラインに対してくぼんでみえてしまいますし、うまく血がめぐらないので、まだ胸が育つ可能性を閉ざしているのです。

美しい姿勢を続けるためにはそれに必要な部分の筋肉が必要となりますが、筋力が必要最低限、身についていないと、バストアップを目指しても胸を支えられないでしょう。

姿勢はなかなか直せないものですが、常に意識を姿勢に向けて、日常を過ごしてください。

女性の間でバストアップのための食材として、真っ先に挙げられるのは豆乳でしょう。

「大豆イソフラボン」という成分が豆乳に含まれていて、女性ホルモン的な働きをするという話です。

現在では、飲みやすいように独特の臭いを消した豆乳も多く研究開発されていますから、豆乳を多く摂ることを心がけるのもいいですね。

でも、いっぱい飲めばいいというわけではありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミズキ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる