CP+2018 FUJIFILMブースでトークショー 

February 08 [Thu], 2018, 9:21
今年はお知らせが続きます。
3/1-4日、パシフィコ横浜で開催されるカメラと写真の祭典「CP+ CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2018」。
CP+のFUJIFILMブースにで、「ぶらぶら鉄道スナップ旅」トークショーをいたします!
なにを話すかは当日までのお楽しみに〜

吉永陽一登壇日
3/2, 11:20−12:00
3/4,14:20−15:00
登壇場所:FUJIFILMブース

CP+開催日
3/1-3/4
場所:パシフィコ横浜 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1



【個展開催】 路(みち) 

January 31 [Wed], 2018, 17:52

吉永陽一写真展 「路」 2/6-17


2月6日から17日まで(11日は休み)、東京表参道にて吉永陽一写真展「路(みち)」を開催します。

2017年、いわき市のギャラリーコールピットにて3部作で開催した写真展「路」。
このときに展示しきれなかったものも含め、3部作を一堂に展示いたします。
場所は表参道。地下鉄駅前にあるスパイラルホールの裏手のビルです。
作者は15日以外、たいてい午後には在廊しておりますので、お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください!
なお今展示は、4x5大型カメラや6x6中型カメラによる手焼きカラーネガプリントと、デジタルカメラによるプリント出力です。
昨年のいまごろは、全暗室で大全紙何十枚もプリントしていました(笑)


◇吉永陽一写真展  路
・2018年2月6日ー2月17日  ※2/11(日)休館日 
・11:00ー18:00 ※17日は17:00終了
・ギャラリー5610 東京都港区南青山5-6-10 5610番館 
・東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅下車、B3出口より徒歩約3分
・ギャラリーホームページ  http://www.deska.jp/

・吉永陽一在廊予定日は、会期中ほぼ全日の13:00くらいから18:00まで。
・2/15日は業務などの関係で、本人は休む可能性も高いです。



ー個展のご案内ー
 私は物心ついたときから鉄道と飛行機をこよなく愛している。そしてうち捨てられた廃墟にも特別な感情を抱くようになった。
 鉄道はとりわけ線路に興味が湧く。幾何学的な造形もさることながら、二条の線路の「みち」が何処かへ繋がっているかと思うと、未知の広がりを感じずには居られない。よく線路が人生に例えられるのも、何となく分かる。
あるとき廃線となったボロボロの線路を追っていくと、山中にひっそりと廃坑のコンクリート建物が朽ちていた。それを見たとき、肝試し的な恐怖よりも美しさに吸い込まれた。本来の機能を終えて眠りにつく線路と建物は、朽ちながらもかつて働きまだここに居るという存在を、自然と共存しながら示し精一杯生きているように感じた。
 昨年、縁あって一年間北茨城と福島県を撮影する機会に恵まれた。福島県は難度も足を運んだ地ではあるが、四季を通じて訪れるのは初めてだった。両県には様々な状況におかれた鉄道があって、産業の基幹であったモノが人知れず眠っている。
 廃鉱、鉄道、どれも共通するのは「みち」だ。産業を導いたみち、人と物資を運び都市を繋いだみち。この展示では「みち」を確たる目的をもって生まれたものと捉え「路」というテーマで一年間追った。
 草木に埋もれる産業の路、原発事故によって寸断された動脈路線の路、生活の足としていつもの日常を走る路。それぞれ三部作構成で展示をする。
 





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:venemou710810
読者になる
320x240ピクセルで何気なく撮影した写メ、デジカメなどで撮影したスナップなどを綴るブログです。


ブログ開設当初は、解像度の悪い携帯デジカメ写真で綴っていましたが…
残念ながらその携帯端末が使えなくなってしまいました。
いまはタイトルだけが名残となり、割り切って写真日記にしています。

普段持ち歩いている携帯(スマホ)で切りとったり、
本格的なデジカメ一眼レフを構えた撮ったり…
いろいろありますが、upもかなり不定期です。
たま〜に更新されています。(汗)

お付き合いいただけたら幸いです。
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28