長らくゆっくりとリラックスして

March 25 [Fri], 2016, 1:05
暫しゆっくりとリラックスして寝転んですとおり腹式呼吸を続けます。
次に、拳固を胃腸の上に繰り返します。
男性は左側を下に決める。
女性は右側を下にして繰り返します。
手で軽々しく胃腸を押しながら、ゆっくりと息づかいを吸ったり、拳固を緩めて息づかいを吐いたり決める。
一切鼻で行うと良いでしょう。
こういうヨガの小憩をやりおえると、脳裏がすっきりやるはずです。
食べた物をなるたけボディに蓄積せず、五臓にはつぎつぎ消化してくださいよね。
ヨガで腹式呼吸を続けていると、横隔膜を取り回すことになります。
それによって五臓も刺激されます。
不安なヒトは自宅で関わるのではなく、ヨガレクチャーに通ってみたらいかがでしょうか。
どうせがんばっても数分だ。
腹式呼吸はコピーの道路、胃腸で息づかいを吸って、吐く、ということですが、これが出来るようになるまでどうしても難しいでしょう。
そこで、賢く息づかいをするカギがあります。
全然やったことのない他人には難しいとは思いますが、胃腸の周りの浮き輪を膨らめたり縮めたり講じるイメージでトライしましょう。
出来ない小憩に無理してトライしてみたら、グキっとやってしまうことも少なくありません。
何とか、ヨガでダイエットをしてきゃしゃになろうと思っているのに、最初に怪我をしてしまったら、昔も子供もありませんよね。
ホットヨガはボディがやわらかく至る空調の中で行なうものですから、けがをしにくくなることが、ホットヨガの良い点なのです。
深呼吸は体に良いとわかっていても、何満足も続けて出来ないですよね。
各種ヒーリングのための仕打ちと比べても、ヨガと腹式呼吸の化合が、アルファ波を至高出しやすい条件なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛海
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/veloocrpcuatky/index1_0.rdf