真下だけど江川

February 25 [Thu], 2016, 18:27
看護士を志望する理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すようになったのかを交えれば良い印象になります。転職の場合の志望動機は今までに培ったスキルを活かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。前の職場の批判や陰口は口にしないほうがいいです。看護師の職場といえば、病院という考えが妥当でしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院の他にも色々とあります。保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の役目です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。看護師国家試験に合格するよりも、看護学校の卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校はかなり厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年だそうです。それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。看護師の資格を得るためには、何通りかの道すじがあるのです。看護師の資格を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、すぐに受験することは認められません。試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について勉強することが必要だというわけです。看護師の転職で失敗しないためには、未来のことを考えて迅速に行動を起こす必要があります。さらに、何を重点的に考えるのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分をはっきり想像して、その希望に沿った転職先の情報を集めるようにしましょう。年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も考慮しておきましよう。看護士の求人情報は豊富にありますが、希望と一致する条件の求人が存在するとは限りません。看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤のないところで働きたいと思う人が多いはずです。求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要です。看護師となるための国家試験は、1年に1回あります。看護師不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を持ち続けています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をパスできればパスできる試験です。看護師は、16時間などの当直により長時間の勤務となっているので、勤務中でも仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。勤め先の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一部と思われます。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても変わります。体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。世の中の高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが増加傾向にあるのです。さらに、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアをとり行っています。このような時は、社員としてその会社に入社することもあることでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤト
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/velfecfoieoscl/index1_0.rdf