レコードを聴く

May 23 [Tue], 2017, 17:23
先日の父の誕生日。
何が欲しいかと聞いたところ、昔のレコードが聞きたいというのでレコードプレイヤーをプレゼントした。

実家で、昔のレコードをあさっていたら、わたしが子どもの頃に買ってもらった「フィンガー5」や「山口百恵」、
大大大好きだった「安全地帯」や「DURAN DURAN」のLPもでてきて、狂喜乱舞。
結局、父を押しのけて、自分の聞きたいものばかりかけてしまった。お父さん、ごめん。

指紋のつかないように、レコード盤を置き、緊張しながら針をのせる。
ああ、昔も針をのせるときは、ドキドキしたものだった。
音が出てきた~!「フィンガー5」の高い声の歌声が響く。そう、そう、そうだった、そうだった!!

昔の歌、歌詞を全部覚えていた。
何度も何度も聞いたものね。
1曲の価値、というかありがたさは、今とは全然違っていた。

懐かしさに浸りながら「わたしもプレーヤー欲しくなった」と口走ったところ
「レコードがないじゃん」とNaffy(夫)。
うん、確かにね。






オラが町にも

May 21 [Sun], 2017, 20:10
父の81歳の誕生日のお祝いをすべく、実家に行ったらば。

実家のそばに、
スタバができとった!!
しかもドライブスルー。外国みたいじゃのう。
中をのぞいてみたら、桶川中のおしゃれ若人が集まっとったよ。

大阪1泊2日の旅 ~町歩き編 2日目午後の部

May 14 [Sun], 2017, 15:19
お昼にはさくっと串カツを食べた。イメージしていたような、おっちゃんに怒られる系のお店ではなく、駅の近くの観光客に優しいお店で。
しかし、串カツというのは、ネギ系が苦手なわたしにとってはちょっぴりロシアンルーレットだなあ。
美味しかったけどね。

その後は、今回の旅の主目的である写真展を見に、中崎町へ。
友人たちと落ち合う前に、例によって町中をウロウロ。
古い建物を利用したカフェが多い。カフェ、雑貨、美容院、カフェ・・・みたいな。
東京でいえば、谷中かなあ。お寺はないけれど。その代わり、占いのお店が多い気がした。



そしていよいよ、写真展へ。
きれいなギャラリーで行われていたのは、「モノクロ写真マニア100人展」。
Naffy(夫)は、わたしよりもはるかにちゃんと写真を撮っているんだけど、展示に参加することはほとんどなかったので、他の人たちの作品と並んだ写真を見るのは新鮮だった。
それにしても、Facebookがなかったら、この場所に来ることはぜったいなかったと思うと不思議な気分。



降り始めた雨は、ゆったりと近くのカフェでお茶を飲んでいる間に上がっていた。

いよいよ旅の総仕上げ。焼肉を食べに鶴橋へ。
大阪の電車がややこしくてよくわからなかったので、タクシーで向かうことにする。
運転手さんに「鶴崎まで」って言ったら「鶴橋ね」と、全然違うアクセントで返された。

タクシーを降りたらもう町全体が煙りでモクモクしている。
まだ3時台だというのに、どのお店にもお客さんがいるのを見たら、がぜん食欲もわいてくる。なんなの、この町は!?
人気店だという「空」というお店に入る。
小皿ちょうだい、って言っていいのか悪いのか、他のテーブルを見ても小皿ないから、言わないルールなんだと理解したけど、合ってたかな。
店員さんたちの反応も早いので、ガシガシ頼んでガンガン焼いてガツガツ食べた。
新鮮さが伝わってくるホルモン、どれも美味しい〜♪



1時間半制と言われてたのに、食べまくって2時間いさせてもらっちゃった。


これでほぼ心残りなし、白い煙に包まれた鶴橋駅から新大阪に向かい、東京へと戻った。


また食べにいくよ!たぶん、きっと。

大阪1泊2日の旅 ~町歩き編 2日目午前の部

May 12 [Fri], 2017, 22:57
旅先での早起きは辛くない。
ホテルのビュッフェで、まるっきり大阪感のない朝食を食べたら、早速町歩きに出発する。
ホテルはいわゆるキタと呼ばれるエリアだったので、その辺りを中心にレトロビルを巡る。

まずは中之島へ。
当然頭の中に流れてくるのは、
♪あ〜ああ〜あ ここは大阪 中の島ブルースよ〜 (前川清 『中の島ブルース』 )だ。古いわね。

100年くらい前に建てられた重量感のある建物が並ぶエリアは、東京でいえば、霞ヶ関や日本橋みたいな中央感バリバリの場所。
特に目立つ赤い建物は大阪市中央公会堂で、散歩本を見てぜひ来たいと思った場所だ。
個人の寄付でポンと作られることになったというこの建物、しかしその人物は・・・、というドラマを孕んでいる建物なのだ。

中之島の後は、西天満や船場辺りを。(地名、合ってるかな。ちょっと心配)
いまどきのオフィスビルの間に古い建物が存在感をアピールしていて、上を向いて歩くのが楽しい。
大阪図書館のらせん階段(まだ開いてなかったので、のぞいただけだけど)、大阪ガスのビルの前のガス灯、大阪倶楽部の建物前の概要の看板の文章に垣間見える大阪らしさ、などがわたしのツボだった。


大阪1泊2日の旅 ~町歩き編 1日目

May 10 [Wed], 2017, 10:48
大阪に着いて最初に行ったのは「空堀」というエリア。
わたしもNaffy(夫)もまったく大阪を観光で訪れたことがないので、慌てて買ったガイドブックを見て行ってみようと思っただけで、予備知識はまるっきりなし。
古い街並が残る中にカフェや雑貨屋さんが点在している、東京でいえば「向島」みたいな感じのところだった。
商店街もお店も、かろうじて寂しくないくらいの人の混み方が良くって。
のぞいた雑貨屋さんでは、ちょうど猫スタンプラリーもやっていたので、そこで地図をもらって雑貨屋さんをはしごしたりしてなかなか楽しめた。
大阪といえば、コテコテの関西弁と熱そうなノリを予想していたけれど、良い方に裏切られてのんびり散歩。



夕飯は友人夫妻とともに。
予約してもらったお好み焼き屋さんに向かう途中、地名の看板を見るたびにわたしの頭の中では古い歌が流れた。

♪北の新地は思い出ばかり〜 (都はるみ『大阪しぐれ』)
♪こぬか雨降る御堂筋〜 (欧陽菲菲『雨の御堂筋』)

古いわっ。でも、知らない場所で知っている地名に出会うと嬉しくて。

お好み焼き屋さんでは、お好み焼きに焼きそばに野菜に・・・とにかくいっぱい焼いてもらった。
焼いてもらうスタイルは楽でいいねえ。

友人たちも元気そうでよかった。(←何このついでな感じ。)



食事を終えてから、せっかくだから行ってみよう!と道頓堀へ。
道頓堀、道頓堀・・・。わたしの頭の中に演歌は流れなかった。
その代わり、「カラオケで長渕剛の『とんぼ』を入れたら、一つ上にあった『とんぼり』っていう曲がかかっちゃって・・・」という友人の何十年も前の言葉がよみがえってきた。

派手なグリコのネオンサインは、とりあえず人のテンションを上げる。
川沿いはお祭りかっていうくらい、すごい人人人。外国人が多い。楽しげでいいいねえ。
すごい行列ができているラーメン屋さんで締めのラーメンをすする友人&夫。
えーと、食べなかったわたしの勝ち、だったみたいです。もろもろの意味で。

ここでは、有名な彼↓にも会えました。



■プロフィール■
■みえ■
■性格:さそり座・B型■
■行動指針:ぬけがけ■
■思考:NEGATIVE■
■口癖:いいなぁ。■
■趣味:ダイエット■
■特技:ダイエットの挫折■
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像mie
» 北京旅行 その9 ~帰国 (2016年06月13日)
アイコン画像yumi
» 北京旅行 その9 ~帰国 (2016年06月13日)
アイコン画像みえ
» 大分食い倒れ旅行 その3 (2016年02月18日)
アイコン画像MCくりんくりん
» 大分食い倒れ旅行 その3 (2016年02月18日)
アイコン画像vegasqueen
» クリスマス準備 (2015年12月11日)
アイコン画像半地下
» クリスマス準備 (2015年12月11日)
アイコン画像vegasqueen
» 山梨大人の遠足 2日目 (2015年12月08日)
アイコン画像MCくりんくりん
» 山梨大人の遠足 2日目 (2015年12月08日)
アイコン画像みえ
» my birthday! (2015年10月26日)
アイコン画像MCくりんくりん
» my birthday! (2015年10月26日)
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/vegasqueen/index1_0.rdf
P R