辻田だけど鈴木俊介

August 12 [Fri], 2016, 15:17
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。この治療の費用は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。それでも、相場はあると言えます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。
代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと思ったら大間違いです。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mariko
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ve6weeakik1ewg/index1_0.rdf