や256GBモデルではライト速度が512GBモデルより低くなって

June 27 [Fri], 2014, 17:31
Impress Watch 6月27日(金)9時0分配信
【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】IDMのビジネスモデルを根底から転換しつつあるIntel
写真:Impress Watch

■ ARMやTSMCのビジネスモデルを部分的に取りこむIntel

 Intelがビジネス戦略を根源から転換しようとしている。自社のIP(Intellectual Property)コアを他社に利用できるようにする一方で、他社のチップをIntelのファブで受託製造する戦略を進展させつつある。iPhone 5 ケースコピーIPカンパニーのARMとファウンダリのTSMCそれぞれの戦略を取り込もうとしているように見える。Intelは自社のFinFETプロセス技術での製造受託の契約をFPGA大手のAlteraなどと結び、その一方でモバイル向けSoC(System on a Chip)「SoFIA」ファミリの展開でファウンダリに製造を委託、また、自社のCPUコアIPをチップベンダーのRockchipが利用できるようにした。iphone 4G カバー実際には、Intelはこうした動きをしばらく前から展開していたが、その動きが活発化しつつある。

【この記事を写真付きで見る】

 半導体メーカーのビジネスモデルは大きく2分割されている。ルイヴィトン携帯ケースIntelは、チップ上に載せるCPUなどのIPの開発からチップ設計、製造、販売まで全てを垂直統合で行なう「IDM(Integrated Device Manufacturer)」モデルを取る半導体メーカーだ。かつては、多くの半導体メーカーがIDMモデルを取っていた。時計 レディース 人気

 それに対して、現在の多くの半導体メーカーは、水平分業化したファブレス-ファウンダリ型のモデルを取っている。CPUやGPUを開発する専業あるいは兼業のIP企業がコアIPを開発。ルイヴィトンiphone 5CケースコアIPのライセンスを受けるか自社IPを使い、半導体ファブを持たないファブレスメーカーがチップの設計を行なう。設計が完成したチップは、チップの製造を専業に行なうファウンダリが請け負う。iphoneケース ブランドチップの販売は通常はチップ設計ベンダーが行なう。

 ARMやImagination TechnologiesはIPの開発を専業に行なうメーカーだ。ルイヴィトンiPhone 5cMediaTekのようなモバイルSoCベンダーはIPはほとんどライセンスを受けてSoCチップ自体の設計に集中する。NVIDIAやQualcommなどは中核となるIPは自社で開発し、そのIPを載せたチップを設計してファウンダリで製造する。グッチ iPhone5s ケースTSMCやGLOBALFOUNDRIES、UMCなどが製造を請け負うファウンダリ大手だ。また、SamsungやIBMのように、自社チップの製造も行なうがファウンダリビジネスも行なう企業もある。携帯ケース コピーIBMは、かつてはIntelのような垂直モデルだったが、最近はファウンダリに力を注いできた。Appleのように、システムメーカーだったはずが、今はコアIP開発とチップの設計に力を注ぐメーカーもある。シャネル 携帯ケース水平分業といってもきれいに分かれているわけではなく、複雑に入り交じっている。

■ IDMの強味を維持しつつファウンダリモデルへ拡張

 Intelの動きは、こうした半導体業界の現状に合わせて自社を変えて行こうとする動きに見える。ipad2 ケースと言っても、IntelがTSMCやARMになろうとしているわけではない。従来の垂直型のIDMモデルから、ファブレス-ファウンダリ型のモデルへとある程度寄るというだけの話だが、Intelにとっては大きな変化だ。iPhone 5 ケースコピー

 従来、Intel自社設計のチップしか製造して来なかったファブで他社チップを製造し、自社設計のチップを他のファウンダリで製造し、自社製品にしか載せなかった自社開発IPを他社の仕様のカスタムチップに載せる。ファウンダリサービスでは、TSMCのような顧客の設計したチップの製造受託のほかに、顧客の仕様に合わせたカスタムASIC(Application Specific Integrated Circuit:特定用途向けIC)チップの設計製造も行なう。ケース コピーカスタムASICと言ってももちろんセルベースでIntelのIPの利用も、顧客のIPの取り込みもできる。また、ファウンダリサービスでは、IntelはEDAベンダーとも提携して、ツールを揃えている。シャネル 携帯ケースちなみに、Intel自身のCPUの設計も、すでに2005年からハードウェア記述言語(HDL)が内製の「iHDL(Intel's Hardware Description Language)」から標準の「SystemVerilog/Verilog」へと変わっており、外部ベンダーのツールも織り交ぜて使うようになっている。

 現在は、まだ非常に限定された形だが、この路線が進めば、例えば、NVIDIAのGPUやAppleのSoCをIntelのファブで製造し、IntelのCPUコアIPがAppleのSoCやゲーム機APUに載り、そのチップがIntel以外のファブでも製造されるようになるかも知れない。ipad2 ケース実際には、そうした劇的な変化にはさまざまなハードルがあるが、Intelが目指すのが、垂直統合の従来IDMモデルからの半脱却である点は確かだ。

 とは言え、Intelの本気度がどこまでなのかは、まだ分からない。ガガミラノ 時計 レディースなぜなら、ビジネスモデルの変革は、下手をするとIntelの今の強味を弱めてしまうことになるからだ。Intelは巨体を生き残らせるためにビジネスモデルを変えなければならないが、そのためには、垂直型の強味から、ある程度離れなければならないというジレンマを抱えている。ルイヴィトン携帯ケースそのため、Intelの変革はペースが遅く慎重だ。

 業界全体を見渡すと、純粋なIDMとして最後に残ったIntelがついに動き始めたと見ることができる。ケース コピしかし、意地悪な見方をすると、Intelの現在の戦略は、日本のIDMが試みたカスタムASICとファウンダリサービスのビジネスモデルと同じだと見ることもできる。

 少し面白いのは、IntelのIDM離れの動きの一方で、ファブレス-ファウンダリベースの半導体産業では完全に分離された水平分業ではだめで、顧客企業とファウンダリが密接に連携したモデルが望ましいという風潮に変わって来たことだ。携帯ケース コピーつまり、Intelが垂直型から水平型へと動く一方で、他社は水平型から垂直の連携を強める方向へと向かっている。両側から同じ方向へ向かっているようにも見える。アイフォン5 カバー

■ ファウンダリを使いRockchip設計版も登場するSoFIA

 Intelの変化を象徴しているのは、Intelがエントリーレベルのモバイル市場向けに投入するモバイルSoC「SoFIA」ファミリだ。SoFIAは、IntelのAtomコアとベースバンドモデムを統合したワンチップソリューションで、製品ファミリとして投入される。携帯ケース コピー最大の目的は低価格製品が求められる市場にも、IntelコアのモバイルSoCを浸透させることだ。そして、SoFIAの展開に際して、Intelは中国のファブレスチップベンダーRockchipとの提携を発表した。エルメス携帯ケース

 Rockchipはデジタル機器向けのLSIベンダーで、当初からARMコアを使った製品を開発してきた。同社のアプリケーションプロセッサのモバイルSoCは、中国市場などで高いシェアを誇っている。klogi携帯ケースIntelはそのRockchipと戦略提携し、SoFIAファミリをIntelとRockchipの両社で売る。また、RockchipはSoFIAファミリのチップの開発に協力する。携帯ケース コピー

 SoFIAのポイントは3つで、最初の世代のSoFIAはIntel以外のファブ(TSMCと言われている)で製造される(2016年にはIntelの14nmに移行)こと、Rockchipが設計協力したバージョンのSoFIAが登場すること。IntelとRockchipで販売して新興市場にフォーカスすること。エルメス携帯ケースCOMPUTEXでのQAセッションで、Intelのレネイ・ジェームス氏(President, Intel)はRockchipとの提携について次のように答えた。

 「Intelが市場のエントリーレベルの部分に入って行く動きを加速する道は、その市場について経験が豊富なパートナーを得ることだと感じていた。シャネル 携帯ケースRockchipは、中国市場などのエコシステムに精通しており、素晴らしいパートナーだ。Rockchipは、我々のSoFIA製品をエントリー市場にもたらし、それと同様に派生した実際のハード製品を作る。携帯ケース コピーIntelはローコストのエントリー市場については知らないので、この決定は非常に現実的だ」。

 SoFIAの製造は外部ファウンダリの28nmプロセスを使う。グッチ iPhone ケースIntelが外部のファウンダリを使うのは、これが始めてというわけではなく、これまでもCPU以外のチップではファウンダリを度々利用して来た。そもそも、Intelの携帯ネットワーク用のベースバンドモデムチップがTSMCの製造だ。iphone 5cケースこれは、もともとIntelのモデムは、買収したInfineonのMobile Communications Groupの系列の製品で、ファウンダリとしてTSMCを使ってきたからだ。逆を言えば、モデムとの統合のために、IntelのAtom CPUコアをファウンダリのプロセスに載せると見ることもできる。ipad2 ケース

 そして、SoFIAでは、Rockchip設計のバージョンが登場する。つまり、RockchipがIntelのCPUコアなどのIPを使いチップを設計して、ファウンダリに製造委託し、Rockchipが販売するバージョンだ。iphone 4G/4s ケース流れを見ると、IntelをIPベンダーとしてファブレスのRockchipが利用する、現在の半導体産業の主流のフローのように見える。しかし、ARMのような形のIPライセンスを与えるのかというと、そうでもないようだ。携帯ケース コピー

 実際、海外の有名アナリストのLinley Gwennap氏(Principal Analyst, The Linley Group)が、IntelとRockchipとの提携はARM型の自由度の高いIPライセンスではなく、事実上、SoC設計の下請けだと指摘している。つまり、IntelのIPを使ったSoCを、Rockchipに彼らのIPも加えて設計することを認める限定された取引だと見ている。グッチ iPhone5s ケースIntelはIPの提供についてぼかした表現をしており、少なくとも、ARMのようなフレキシブルにIPを使うことができるライセンスではないようだ。

 とは言え、Intelが他社に自社のCPUコアIPを利用させることは大きな意味を持つ。iphone 4G カバーIntelは、ファウンダリサービスでも、カスタムASICではIntelのIPを顧客が使えるようにすると説明しており、今後さらにIPを他社が使えるように提供することは間違いない。しかし、それが、イコール、ARMのようなより自由度の高いIPライセンスモデルを意味していない。シャネル 携帯ケース少なくとも今のところは。

■ データ形態によって異なるIPライセンス

 IPライセンスについて、もう少し突っ込むと、そもそも、どういった形態でIPを提供するのか、というポイントからライセンスの状況が異なって来る。シャネルiPhoneケース現状でIntelはRockchipのような顧客にはどういった形態でIPを出しているのか。ライセンスするのなら、今後どういった形態で出して行くのか。iPhone4s

 Intelはアーキテクチャルライセンス、つまり命令セットアーキテクチャレベルのライセンスは今後も与えないと見られる。例えば、CPUコアのアーキテクチャルライセンスでは、ライセンスを受けた顧客企業は、Intelと命令互換のCPUコアを自由に設計することができる。iphone5 ケース かわいいしかし、Intelは互換CPUに苦しめられた経験から、ライセンシーが自由にカスタマイズできるアーキテクチャルライセンスは与えない方針を貫いている。286の時は物理設計だけでもセカンドソースに苦しめられた。iphone5 ケース 人気だから、Intelは、今後も、提供するとしても、ある程度限定されたIPコアとしてライセンスすると見られる。

 一般的に言って、IPライセンスと言っても、「ハードマクロ(Hard Macro)」なのか、それとも「ネットリスト(Net-List)」なのか「RTL(Register Transfer Level:レジスタ転送レベル)」でライセンスするのかで、内容が大きく異なる。ipad2 ケースその問題は、さらに、渡すコアはフルに論理合成可能(Synthesizable)なコアなのか、それともフルには全体を論理合成できないコアなのかという、CPU設計の基本的な問題にも絡む。それは、さらに、IPベンダーがIPの提供にどういう姿勢で取り組もうとしているのか、という根本的な問題にも関わってくる。ルイヴィトン携帯ケース

 もし、Intelが製造するファウンダリに合わせてCPUコアのハードマクロを自社で開発、それをチップベンダーにライセンスするのなら、話は非常に単純だ。ライセンスを受けたチップメーカーにとって、Intel CPUコアは完全にブラックボックスでカスタマイズはできずファブを移すこともできない。iphone 4G カバーチップの物理設計上でも差を付けることができず、全てのライセンシーは同じ性能と機能のコアを使うことになる。顧客のライセンシー企業が差別化できるのは、SoCの中でチップメーカーが加えるCPUコア以外の機能だけだ。iphone 4G/4s ケース

 この場合、Intelは、あくまでも自社IPはきっちり守った上でビジネスをする方針であることを意味する。顧客となるチップベンダーにとっては、Intelコアの魅力が小さくなる。ルイヴィトンiPhone 5cある1社がIntelのハードマクロを使うなら、横並びのコアを使う他社は、戦える要素が少なくなってしまうからだ。

■ RTLでのライセンスと論理合成

 それに対して、CPUコアをRTLのソフトコアで渡す場合は事情が全く異なってくる。グッチ iPhone ケースIPベンダーがライセンシーに対してある程度カスタマイズを許した場合、チップベンダーは、RTLレベルで機能をカスタマイズすることもできる。RTLレベルでカスタマイズしなくても、その下のレベルで差別化をすることもできる。ケース コピ例えば、より低電力なライブラリを使い、性能は低いが実装コスト(ダイ面積)と電力が低いというコアを作ることもできる。これは、RTLでのライセンスにより千差万別な実装があるARMのCortex-Aファミリを見ればよく分かる。iphone 5cケース

 RTLのライセンスは、ソフトウェアに例えれば、ソースコードを渡すようなものだ。だから、ライセンシーはIntelの論理設計について知ることができる。携帯ケース コピー

 また、RTLベースのソフトマクロの場合、原則として製造するファブやプロセスを選ばない。ファブに対してはポータブルなので、顧客は契約条件によっては、IPを製造したいファウンダリの製造したいプロセス技術へと持って行くこともできる。ケース コピー例えば、Intelが許すならIntelのIPを、GLOBALFOUNDRIES/STのFD-SOIプロセスで製造することも技術的にはできることになる。

 しかし、RTLでライセンスコアを渡すには、原則としてCPUコア全体が、業界の標準的なツールで論理合成が可能な完全シンセサイザブル(Fully Synthesizable)コアであることが望ましい。iPhone 5c ケースコピーそのためには、IntelはSilvermont(シルバモント)CPUコアの設計に手を入れる必要がありそうだ。ただし、RTLで渡す場合は、実装によっては、性能、つまり動作周波数にもかなり影響が出る可能性がある。ケース コピー

 ネットリストで渡すというIPライセンスもありうる。その場合は、顧客ライセンシーは、レイアウト(配置配線)以下のレベルでカスタム化が可能で、RTLの場合と同様に、物理設計である程度の差別化を行なうこともできる。グッチ iPhone5s ケース

■ IoTに向けて重要となるIP戦略

 このように、一口にIPライセンスといっても、ライセンスIPの形態によって、ライセンスを受けるチップ設計メーカー側にとっての使い勝手は全く異なる。さらに、IPをどういう条件で渡すのかも異なる。グッチ iPhone5s ケースIntelがハードマクロでIPを使わせて、しかもIPを載せることができるチップも厳格に限定するのなら、自由度はほとんどない。ARMのような広範でフレキシブルなライセンスモデルを展開することは、Intelにとって難しそうだ。携帯ケース コピー

 しかし、今後、Intelが本格的にIoT向けLSIに取り組んで行こうとするなら、おそらく、Intelも、よりフレキシブルなIPの提供が必要となるだろう。ARMなどのIPベンダーは、そのビジネスモデルによって製品の多様性を作り出しており、多様性が必要な組み込みやモバイルの市場での成功の鍵となった。iPhone 5c ケースコピー

 実際、IntelのCPUでもIoT向けのQuarkコアはフーリーシンセサイザブル設計になっており、コア自体は、柔軟な対応が可能になっている。Intelは、かなり早期にPentium系のコア(P54C)を、iHDLからVHDLやVerilogといった標準のHDLに移植して論理合成可能にしていたが、それらは実際の製品として提供されることはなかった。iphone 5sカバーちなみに、オリジナルのP5(Pentium)やP54Cは、論理合成と手設計が入り交じった設計だった。

 今回Intelは、P54Cよりさらに486ライクなQuarkを、わざわざ完全シンセサイザブルだとして発表している。iphone 4G/4s ケースIPとして他社も含めて利用できるようにすることを考えてると見た方がいい
Impress Watch 6月27日(金)9時0分配信
【平澤寿康の周辺機器レビュー】マイクロンジャパン「Crucial MX100」 〜16nm NANDを採用し、最もコストパフォーマンスに優れるSSD
写真:Impress Watch

 マイクロンジャパンは、Crucialブランドの2.5インチSSD新モデル「Crucial MX100」を発売した。CrucialブランドのSSDとしては、3月に上位シリーズとなる「Crucial M550」が登場しているが、今回登場したMX100シリーズは、位置付けはM550よりも下位で、実売価格もかなり安価となっている。ガガミラノ 時計 レディースしかしながら、実性能はM550シリーズに匹敵するほどで、高いコストパフォーマンスを実現している。

【この記事を写真付きで見る】

■ 512GBモデルで実売2万円台前半の安価な価格を実現

 CrucialブランドのSSDはコストパフォーマンスに優れる製品が多く、常に高い人気を誇っている。iphoneケース ブランド今回登場した「MX100」シリーズも、従来モデルに負けず劣らず、非常に高いコストパフォーマンスを実現している。

 MX100シリーズは、3月に登場した同ブランドのSSD「M550」シリーズの下位に位置付けられる、普及価格帯の製品だ。携帯ケース コピーしかし、アクセス速度などのスペック面はM550シリーズに肉薄しており、下位モデルながら高い性能を実現している。

 表1は、MX100シリーズとM550シリーズ、さらにM550シリーズの従来モデルとなるM500シリーズのスペックをまとめたものだ。iPhone 5c ケースコピーシーケンシャルリードは全モデル550MB/secと上位のM550シリーズと同じ。シーケンシャルライトの速度は容量によって差がやや大きくなってはいるが、同じ容量のM500を上回っている。シャネル iphone 5Cケースまた、ランダムアクセス速度もM500シリーズを上回る部分が多い。M550よりも下位の製品ながら、これだけの性能を実現している点は、大きな魅力と言える。iPhone 5c ケースコピー

 加えて、販売価格の安さも大きな特徴だ。MX100シリーズは、128GB、256GB、512GBと3種類の容量をラインナップしているが、登場直後の販売価格は、128GBが8,000円前後、256GBが12,000円前後、512GBが24,000円前後と、他の製品を圧倒する安さとなっている。iphone 4G ケース旧世代の製品などが、製品の代替わりの時期などに安価に販売される例はあるが、MX100シリーズの価格はそれに近いもので、価格の安さは競合製品を圧倒しており、非常に優れたコストパフォーマンスを実現した製品と言えるだろう。

■ 2.5インチタイプのみをラインナップ

 M550シリーズでは、2.5インチサイズだけでなくmSATAやM.2に対応する製品も用意し、容量も最大1TBまで4種類を用意するというように、豊富なラインナップを備えている。シャネル 携帯ケースそれに対しMX100シリーズでは、形状は厚さ7mmの2.5インチサイズのみとなる。また、容量は先ほど紹介したように128GB、256GB、512GBと3種類。iphone 5sカバー形状や容量など、製品ラインナップを絞ることで、コストを抑えていると考えられる。接続インターフェイスはSATA 6Gbpsとなる。ケース コピー

 製品パッケージはM550シリーズなどとほぼ同じ。SSD本体に加えて、厚さを9.5mmに合わせるためのスペーサーが付属する。iphone 4G ケースデスクトップPCはもちろん、2.5インチドライブを搭載するノートPCでも、ほぼ問題なく利用可能だ。

■ 上位シリーズ同様Marvell製コントローラを採用

 では、内部の基板をチェックしていこう。iPhone 5c ケースコピーケースはM550シリーズなどと全く同じもので、裏面のネジ4本を外すことで基板を取り出せる点も同じ。ただし、ネジには封印シールが貼られており、このシールを剥がすと保証が受けられなくなる。ケース コピ

 採用しているコントローラは、Marvell製の「88SS9189-BLD2」だ。このコントローラは、M550で採用されているものと同じだが、リビジョンは異なっており、仕様が全く同じかどうかは不明。エルメス携帯ケースキャッシュ用のメモリモジュールは「4GA78 D9RLT」で、チップの表記は異なるものの、パートナンバーは「MT42L256M16D1GU-18 WT:A」とこちらもM550採用のものと同じ。基板のパターンもM550のものとほとんど同じで、M550をベースとしていると考えて良さそうだ。iphone 4G カバー

 NANDフラッシュメモリチップは、チップ型番が「41C27 NW656」、パートナンバーが「MT29F256G08CECCBH6-10:C」という、容量256GbitのMLCを採用している。今回試用したのは512GBモデルのため、基板両面に8チップずつ、計16チップが搭載されていた。iPhone 5ケースこのNANDフラッシュメモリチップは、16nmプロセスで製造された最新チップだ。M550では20nmプロセスのMLC NANDフラッシュメモリチップを採用していたので、この部分がM550と大きく異なる部分となる。phone 5cケースなお、16nmプロセスのNANDフラッシュメモリチップを採用するのは256GBモデルと512GBモデルのみで、128GBモデルは20nmプロセスのチップを採用する。

■ M550シリーズに匹敵する性能を発揮

 では、ベンチマークテストの結果を見ていこう。iphone 4G ケース利用したベンチマークソフトは、「CrystalDiskMark 3.0.3b」、「AS SSD Benchmark v1.7.4739.38088」、「ATTO Disk Benchmark v2.47」の3種類。比較用として、M550の512GBモデルとM500の480GBモデルも用意し、同様のテストを行なった。ipad2 ケーステスト環境は下に示した通りだ。

 まず、CrystalDiskMark 3.0.3bの結果を見ると、上位モデルのM550とほぼ同等のスコアが記録されていることが分かる。グッチ iPhone5s ケースまた、データ形式がランダムの場合と0fillの場合でもほぼ差は見られない。こういった部分は、Marvell製コントローラの性能が遺憾なく発揮されている部分と言えるだろう。携帯ケース コピー

CrystalDiskMark 1,000MB

CrystalDiskMark 1,000MB 0Fill

CrystalDiskMark 4,000MB

CrystalDiskMark 4,000MB 0Fill

 次に、AS SSD Benchmarkの結果だ。ライト速度はシーケンシャル、ランダムともにM550に匹敵するのに対し、リード速度はわずかに劣っており、M500とほぼ同程度であった。時計 レディース 人気ただ、この程度の差は体感ではほぼ分からない。

AS SSD Benchmark

 それに対し、Copy Benchmarkの結果は多少異なっており、ISOはM500がトップ、ProgramはMX100がトップ、GameはM550がトップとバラバラの結果となった。携帯ケース コピー製品によって、速度の発揮しやすい用途がやや異なると言えそうだ。とは言え、こちらも体感できるほどの差ではない。ケース コピ

AS SSD Benchmark Copy Benchmark

 Compression Benchmarkの結果は、3製品ともきれいにほぼ一定の速度が得られていることがわかる。CrystalDiskMarkでデータがランダムと0fillでほぼ差がなかったことと同じで、データ圧縮の有効無効にかかわらずほぼ一定の速度が発揮されると言える。iphone 4G カバー

AS SSD Benchmark Compression Benchmark

 最後にATTO Disk Benchmarkの結果だ。こちらを見ると、ライト速度はMX100とM550がほぼ同等だったが、リード速度は32KB以上はM550の方が高速だった。シャネル 携帯ケースこれはM550がさすが上位モデルといった結果だ。とはいえ、その差は20MB/sec程度と、1割にも満たない差でしかない。ipad2 ケースやはりM550と比べて利用時の体感差は非常に小さいと言えるだろう。

ATTO Disk Benchmark

■ 現役SSDで最もコストパフォーマンスに優れる

 今回は、MX100シリーズのうちアクセス速度が最も高速な512GBモデルを利用したこともあり、テストの結果は上位モデルのM550に匹敵する性能を記録した。iPhone 5 ケースコピーただし、スペック表を見ると分かるように、128Gモデルや256GBモデルではライト速度が512GBモデルより低くなっている。それでも普及価格帯の従来モデルとなるM500シリーズよりは上回っており、低容量モデルでも性能は十分に優れると言えそうだ。アイフォン5s ケース

 しかも、販売価格は非常に安価で、コストパフォーマンスは現役SSDの中で最強と言える。特に、上位のM550に匹敵する性能を備える512GBモデルは最もお得と言える。ケース コピ予算の許す限り、512GBモデルの購入をお勧めしたい。
う。エルメス携帯ケースそう考えると、Rockchipとの提携も、SoFIAで終わりという話ではない可能性がある。モバイル系SoCベンダーは、IoTの中のインテリジェンスの高いデバイスへの切り込み隊となり始めている。ipad2 ケースその一角のRockchipとの提携は、IoTを含めた、より広範な展開への最初の一歩かも知れない。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vdxfdsf/index1_0.rdf