珠玉の名車

February 25 [Tue], 2014, 6:11
アストン・マーティンは、次の時代にとどめを刺すのだ。貴族であり、実業家でもあったサー・デイヴィッド・ブラウン。一九四七年にアストンを買い、翌年にラゴンダも手に入れた彼が牽引したそれからの二十五年間ほどは、アストンの歴史上、もっとも輝いた「黄金期」だと言えるだろう。DB2からDB6に至る市販車は珠玉の名車たちである。「DB」は、デイヴィッドブラウンの頭文字から付けられた。アストン・マーティンは、今日まで何度も倒産の憂き目に遭うが、そのたびにイギリス上流階級の資産家からの援助などで生き延びる(現在はフォード・グループから離れ、投資家グループが経営している)。このブランドの生み出す車が完全無欠の血統、由緒正しいブリティッシュ・スポーツの代表にふさわしく、イギリスの栄光のシンボルと高く評価されてきたためである。それまで、一度はアストンを所有してみたいと思っていたものの、この当時のニューカーと言えば、ラゴンダのセカンドジェネレーション、またはヴィラージュあたりだった。なにせ欲しいのは黄金期のアストンだ。
憧れの車に乗りたいな




同じ話題への対処方法

December 05 [Thu], 2013, 14:02
同じ話題が生じたら、どのように対処しますか?現在問題となっている問題、状況について考えましょう。問題、状況に対して現実的な見方をできていますか?過剰反応していないでしょうか?次回のセッションまでに生じる可能性がある問題を予測しましょう。今後数日、数週間のうちに起きる可能性のある問題は何でしょうか?その問題が実際に起きた場合、どのように対処すればよいでしょうか?その問題に対応している自分をイメージすることは役に立ちますか?期待できる、好ましい出来事はありますか?どのような確認作業がよいでしょうか?定期的にセッションを侍ったほうがよいですか?たとえば、各月の初めか、各週の初めか、各季節の初めか?調子が悪くなったときにできることに、考えの分かれ道がある。「もうおしまい」と考えて困りはてたり、「救いようがない」と思ってもっと気分が悪くなるか、はたまた、治療ノートを見直して、悪くなるることは治療の中で自然なことだと考えて、ここから何を学べるかを考えるか。こののように考えれば、気分が楽に写るし、ひどい悪化が防げる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:すーちん
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vdwkeit/index1_0.rdf