CHANEL iphone6 ケース香水瓶 アイフォン6ケース ブランド iphone6 plusケース シャネルス マホカバー通販

March 17 [Tue], 2015, 11:54

製品名:CHANEL iphone6 ケース香水瓶 アイフォン6ケース ブランド iphone6 plusケース シャネルス マホカバー通販 対応機種:iphone 5S/5、iPhone6 、iphone6 Plus 注: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※iphone本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品


 Dioriphone6カバー


 Dioriphone6カバー


 Dioriphone6カバー


 Dioriphone6カバー


 Dioriphone6カバー


 Dioriphone6カバー


 Dioriphone6カバー


http://eumoil.com
1台だけスマホを持つとしたら……
iPhoneの最新モデルはiPhone 6/6 Plusだが、自分にあった最適なモデルとして、iPhone 5sを推す声もある。ライターの一条真人氏もその一人だ。iPhone 5sのどこが評価のポイントなのだろうか。同氏に理由を記してもらった。

○僕のこれ1台のスマホとは?
エルメス6Plusケース。。
最近、僕は上着が着られる季節には、通常、3〜4台程度のスマートフォンを携帯している。海外に行くときなどは、SIMフリーのスマホや海外向けモバイルルータなども持って行くので、これより若干多い数のスマホやモバイルルータなどをポケットに入れている。

そのためか、空港のセキュリティでマークされてしまうことも多い。先日、バルセロナに行くための成田空港で、スマホや折りたたみBluetoothキーボードやデジカメなどしか入っていない上着がマークされ、X線で再チェックされ、さらにポケットの中身をわざわざ確認していただいた。
シャネルiphone6ケース。。
なぜか、

「ナイフとかは持っていませんよね」

などと質問されるが、そんなものが入っているはずもない。

そんな僕だが、「これ一台」だけしか携帯しない、というときには特に特殊な状況でなければ、迷わず「iPhone 5s」を使っている。そう、一世代前の4インチディスプレイ搭載の端末だ。

アップルは昨年、登場したiPhone 6/6Plusで封印していた大画面化のバリアを破り、iPhone 6Plusでは実に5.5インチディスプレイを搭載した。このビジネス的な選択は成功だったようで、世界的にいいビジネスをしているようだ。
シリコンiPhoneケース。。
●5インチがスタンダードに
○大画面化が進む世界のスマホ

このスマホのディスプレイの大型化は、現在、iPhoneのライバルであるAndroidスマートフォンが先行していたものだ。AndroidスマートフォンではサムスンのGALAXY Noteが大画面のパイオニアであり、5.3インチディスプレイを搭載し、世界的なヒットになった。

その後、Android界全体に大画面化の波が来て、5インチフルHDディスプレイが一般的になり、そこからさらに大画面化が進行している。

今や、多くのメーカーの主力スマホの一部は5インチを超えて、6インチに届こうとしている。Googleも6インチのNexus 6をリリースしているし、ファーウェイのAscend Mate7も6インチ。また、ソニーモバイルのXperia Z Ultraなどは6.4インチだ。

そして、スマホのサイズアップに伴ってか、7インチ程度のタブレットの売り上げが芳しくないという。スマホのディスプレイは大型化し、タブレットとのすさまじい食い合いを繰り広げているところまで来ているというわけだ。
iPhone 5 ケースコピー。。
そんななか、iPhoneも大画面戦争に参入し、iPhone6は4.7インチディスプレイを、iPhone 6Plusは6インチディスプレイを搭載したというわけだ。

これは僕には大きなショックだった。iPhoneは機能的に大きな革新をなしとげることなしに、単純に「ディスプレイを拡大する」というオプションを選択してしまったたのだ。ジョブスが死んだとき、

「もはや、iPhoneの未来に期待は持てないかも知れない」

と悩んだことを思い出す。

なんにしても、iPhoneまでが大画面化し、多くの人は4インチディスプレイ搭載のスマートフォンなどは時代遅れに見えるかも知れないが、僕にとってはiPhone 5sはもっとも万能性が高いスマートフォンだ。

ここでは、僕がなぜiPhone 5sをこれ1台のスマホとして選択するのか? という話をしたい。

●3.5インチルールが崩れたiPhone
○機能とリアルワールドの関係

ジョブスの死後、最初のモデルチェンジで、iPhone 4へと進化したiPhoneはそのディスプレイを3.5インチから4インチに拡大した。正直、このときのショックも大きかった。3.5インチというのは、ジョブスが「スマートフォンにとって絶対」と言っていたサイズだ。

言うまでもないが、スマートフォンのディスプレイというものは、単純に情報を表示するだけのものではない。それはスマートフォンを操作するユーザーインターフェースでもあるわけだ。

iPhoneは、ホーム画面に表示されるアイコンをタップすることで、アプリが起動される。片手で持ったときに、指が届く範囲は限られており、大画面になるほど指は画面の隅々に届かない。3.5インチのほうが4インチよりも画面全体に指が届きやすく、リズミカルに操作できる。

この操作感のリズムは3.5インチ時代のiPhone特有なものだ。

そして、iPhoneを単に何かできる「機能」的な存在ではなく、リアルワールドのなかで使いこなす「道具」的な存在にしている。

これは4インチディスプレイを搭載したiPhone 5/5sでは微妙に損なわれてしまった。これで、もはや限界だ。iPhoneをこれ以上大きくするのに僕が賛成できないのは、このiPhone独特のリズムが失われてしまうことが大きい。僕のセンスでは3.5インチから4インチでもまったく別物に劣化してしまっているのだから。

●スマートフォンのリズム
○iPhoneのリズムとAndroidのリズム
エルメスiphone6ケース。。
それにしても、AndroidとiPhoneはそのユーザーインターフェースにおける冗長性が異なる。僕はAndroidはまるでWindowsパソコンのように無意味なステップが増えてしまっていると感じる。

インストールしたプログラムはドロワーにあり、ホーム画面にそのショートカットを作るなんて、まるでパソコンじゃないか? 最近ではインスト−ルすると、自動的にショートカットがホーム画面に作られるが、そのとってつけたような改善策は実にマヌケであり、本質的な改善が必要だと思う。

iPhoneのユーザーインターフェースはすべてが、よりダイレクトでシンプルだ。ホーム画面のアイコンが唯一無二の存在。物事を複雑にすることがない。ユーザーインターフェースに関してもシンプルであり、物理ホームボタンが1つで、Androidと比較すればリズミカルに操作できる。

ディスプレイサイズも小さく、指が届きやすければ、その操作もリズミカルだ。大画面を下にスライドさせて操作しやすくするなんて、ばかげている。もっとも、これはAndroidからパクったユーザーインターフェースなわけだが、あまりにマヌケに過ぎる。そんなことをするぐらいなら両手で操作したほうがマシだろう。

なんにしてもiOSはよりシンプルに操作できて、心理的なストレスが小さい。僕が日常的な用途ではiOSをAndroidよりも好むのはそのためだ。

単純にディスプレイサイズが小さいスマホがいいなら、ディスプレイサイズの小さいXperiaでも使っていればいいわけだが、その操作リズムはiPhoneに及ばない。

●新しいiPhoneはどうなる?
○iPhoneの進む道は?
iphone6携帯ケース。。
今年もおそらく、iPhoneの新機種が登場することだろう。

最近ではこのiPhoneの次世代機種に関して、マーケットの要求で4インチモデルが復活するのではないか? というウワサがある。世界はやはり4インチを求めているのではないだろうか? ローカルな話だが、先日、訪れたローマ空港のスマホショップにもiPhone 5sは並んでいたが、iPhone 6は見当たらなかった。

製品を出すのをやめてから、マーケットの反応で再び4インチを出すというのはあまり賢くはないが、ジョブスのいないアップルというのは、まあ、こんなものということだろうか。

また、最近、現在でもガラケーが人気があるのが、しばしば話題になるが、これも大画面スマホかならずしも……ということだろう。
iPhoneに付属のイヤフォン「EarPods」には、ケーブルの中ほどに小さなリモコンが用意されている。刻印されているのは「+」と「-」のみ、その間にはグレーの凹みが見えるばかり。一見すると音量調整しかできなそうだが、実はかなり多機能だ。
新品Chanel iphone6 ケース。。
中間のグレー部分はクリック感のあるボタン(以下、中央ボタン)になっており、1回押せば音楽を再生/一時停止することができる。次の曲にスキップする場合は中央ボタンをすばやく2回、前の曲に戻る場合はすばやく3回押せばいい。

早送り/巻き戻しにも利用できる。中央ボタンをすばやく2回押し、押したままにしておけば曲を早送りできる。すばやく3回押してそのままにすれば、巻き戻しだ。iPhoneの画面をタッチしなくても、かなりの曲操作が可能なことがわかるはずだ。
iphone6ケース ブランド。。
Siriに命令するときにも使える。iPhone本体を耳もとにあてなくても、ホームボタンを押さなくても、リモコンの中央ボタンをしばらく押せばOK。ププッと音がしてSiriが起動するので、なにか命令すればいい。リモコンには極小のマイクが内蔵されているので、iPhoneの位置を意識しながら話す必要はない。
iPhone6ケース香水風。。
あまり知られていないが覚えておくと便利な機能は「着信拒否」だろう。電話の着信があったとき中央ボタンを2〜3秒ほど長押ししてから離すと、呼び出し音が鳴り止み着信拒否したことがわかる。なお、クリック(短く押す)では着信に応答してしまうことになるので、2秒以上押すことを心がけよう。

○操作手順をカンタン解説

(海上忍)
【関連記事】
iPhone6ケース香水風。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vdsgef
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vdsgef/index1_0.rdf