柄の入ったネクタイ

April 22 [Mon], 2013, 14:59
男性の場合、ファッションということでは、
ビジネスの場面がもっとも重要なものになると思います。

ただし、スーツを着ていると、あまり個性的なものが望まれないことも多いため、
個性を出すことが限られてくることになります。
そのなかで、カバンに関しては「個性の一つ」になるのではないでしょうか。
素材、デザイン、縫製などを踏まえて買うことにしているためです。
そして、お気に入りのブランドと、使用感・用途とを考えたうえて選ぶのです。
やはり、ブランドがよくても、最終的には日常で使うものですから、
使いやすさが重要なポイントになります。

つまり、「ブランド」と「日常使い」のバランスで選択するのです。

日本人サラリーマンのネクタイを見ていると、だいたいストライプやドットなど柄の入ったネクタイをしています。
スーツはみんな似たようなものを着ているので、ネクタイで個性を表現したいのかもしれませんが、むしろそのような柄物ばかりの中で個性を表現するには、無地のネクタイがおすすめです。
ヨーロッパのおしゃれな国フランスとイタリアのトップのファッションを観察するとよくわかりますが、かなりの人が無地のネクタイをしています。
フランスのサルコジ前大統領やイタリアのベルルスコーニ前首相はいつも無地のネクタイです。

http://skr02.sakura.ne.jp/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高菜チャーハン
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vddsxeddcfg/index1_0.rdf