円ベースで27年ぶりの高値に 金が投資家に注目を受ける理由 / 2010年04月14日(水)
 今月9日、金の小売価格が1グラムあたり3660円になった。1983年以来、27年ぶりの高値である。
 1983年の金の小売価格は3296円(年平均)だった。その後、金の小売価格は下落傾向が続き、2000年には1014円(年平均)まで下がった。ところが、2006年頃から高騰。リーマンショックによって一時下落したものの、3000円前後の高い水準を保ってきた。

 近年、金の小売価格が高騰している背景には、新興国の経済成長にともなう需要増とインフレがある。特に宝飾品としての金の需要は、インドで年々高まっている。経済成長でインフレが進む中、インフレに強いとされる金を求める人も増えている。

 また、世界的なテロへの不安や、ギリシャの財政問題など依然として尾を引く世界金融危機も影響している。「有事の金」と呼ばれるように、金は安全資産の代名詞とされてきた。そこで、金を買う動きが高まっているのである。

 さらに、年明けから円安傾向にあることも、円ベースでの金の小売価格高騰に拍車をかけている。ドルベースの金の小売価格は昨年12月をピークにここ数カ月は高止まりしているが、円安になっているため、円ベースの金の小売価格は上昇を続けた。

 ドルベースの金の小売価格は、昨年12月に史上最高値を記録している。一方、円ベースの金の小売価格は、1980年の4499円(年平均、年最高は6495円)が史上最高値である。1980年代半ば以降の長期的な円高傾向などが影響して、ドルベースに比べて円ベースの金の小売価格は低く抑えられてきたため、まだ史上最高値を更新するには至っていない。

 1980年に円ベースの金の小売価格が史上最高値となった背景には、インフレの悪化に加えて、旧ソ連によるアフガニスタン戦争(1979〜1989年)、イラン・イラク戦争(1980〜1988年)といった要因が影響した。

 1978年から1979年にかけて金の小売価格は2倍に急騰し、1979年末から1980年初にかけてさらに2倍に跳ね上がった。わずか1年ちょっとの期間で、4倍に値上がりしたのである。

 1980年頃と現在を単純に比較することはできないが、いずれも安全資産としての金への信認が高まっている点は類似している。1980年の局面では、その後、金の小売価格は下落して、長く低迷する時期が続いた。現在の局面で、円安がさらに進むなどして、円ベースでも史上最高値を更新するかどうか、成り行きが注目される。

【4月14日15時0分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000000-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 16:52/ この記事のURL
イム・スジョン Calvin Kleinファッションショーへ参席 / 2010年04月14日(水)
韓国女優イム・スジョンが、ファッションブランドCalvin Kleinの<World of Calvin Klein in Shanghai>ファッションショーへ招待されたと、所属事務所NOAマネージメントが14日、発表した。

イム・スジョンのプロフィールと写真

今月16日、中国・上海で開かれるCalvin Kleinの2010秋冬シーズン・ファッションショーには、イム・スジョンの他ハリウッドスターのエバ・メンデス、Calvin Kleinアンダーウェアのモデルを務めている中田英寿など、各国のスターが参席しショーを観覧、パーティーも行われる予定だ。

イム・スジョンの所属事務所は「韓国で招待を受けているのはイム・スジョンのみ。Calvin Klein側がイム・スジョンの女性らしいイメージを高く評価し、招待に至ったと報告を受けている」と経緯を伝えている。

映画『サイボーグでも大丈夫』『田禹治』など、ヒット作へ多数出演しているイム・スジョンは先ごろ、人気ミュージカルを原作にした映画『キム・ジョンウク探し』へ俳優コン・ユとともにキャスティングされた。


【4月14日11時40分配信 WoW!Korea
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000008-wow-ent
 
   
Posted at 16:16/ この記事のURL
極秘出産待ちのヴィッキー・チャオ、復帰作でチャウ・シンチーと再タッグ―中国 / 2010年04月14日(水)
2010年4月13日、シンガポールで出産を控えている人気女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)が、復帰第一作としてチャウ・シンチー(周星馳)作品に出演するという。中国経済網が伝えた。

昨年末からシンガポールで、実業家男性との間にできた子供を出産待ちとされているヴィッキー。その出産後の復帰作として、香港メディアではコメディスターのチャウ・シンチー(周星馳)がプロデュースするリメイク映画「広州殺人事件」(原題:九品芝麻官)への出演を伝えている。

【その他の写真】

「広州殺人事件」は1994年のバリー・ウォン(王晶)監督作品で、チャウ・シンチー主演のコメディ。リメイク版ではシンチーの演じた包龍星に、中国きっての若手コメディスター小瀋陽(シャオシェンヤン)を迎え、ヒロイン役にはヴィッキーが登場。今年年末にもクランクインするという。

出演が確定した場合、ヴィッキーとシンチーは2001年「少林サッカー」以来の再タッグ。同映画ではヴィッキーのコメディの才能を高評価していたシンチーだけに、リメイク版のヒロインにも自らヴィッキーを指名しているという。さらにヴィッキーも自身のブログで、「最近、すごく興味のある台本をいただいた。長いことコメディに出演していないのにふと気付いた」と記し、シンチーとのタッグをにおわせている。(翻訳・編集/Mathilda)

【4月14日13時18分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000012-rcdc-ent
 
   
Posted at 15:39/ この記事のURL
フォードWRCのラトラバ選手、ニュル24時間耐久に挑戦 / 2010年04月14日(水)
欧州フォードは12日、フォードのWRC(世界ラリー選手権)ドライバー、ヤリ・マティ・ラトラバ選手が、5月15 - 16日にドイツで開催される「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に出走すると発表した。

画像2枚:ラトラバ選手とフォーカスRS

ラトラバ選手は、フィンランド出身の25歳。8歳にして、自宅近くのプライベートロードでフォード『エスコートMK1』を操り、16歳でラリーデビュー。2002年にプライベーターの『フォーカスRS・WRカー』に乗り、2006年からはフォードのWRCドライバーにステップアップした。

現在、BPフォード・アブダビチームのフォーカスRSで、WRCに参戦中。これまでにWRCで2度の勝利を挙げており、今シーズンのWRCでは4月上旬、第3戦のヨルダンラリーにおいて、ラトラバ選手は2位という結果を残したばかりだ。

そんなラトラバ選手が5月15 - 16日、ドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースに出走。もちろん、マシンはフォーカスRS。2.5リットル直列5気筒ターボ(305ps)を搭載する市販版での参戦となる。

WRCでは4WDマシンだが、市販のフォーカスRSは、駆動方式がFFとなるなど、ラリーとは走る環境が違えば、マシンも大きく異なる。しかし、ラトラバ選手は10日、ニュルブルクリンクをテスト走行し、確かな手ごたえをつかんだようだ。

ラトラバ選手は、ドイツ・ケルン大学の学生が運営するFHケルン・モータースポーツチームからエントリー。他の3名のドライバーとともに、ニュルブルクリンク24時間レースに挑む。初の24時間耐久レースとなるラトラバ選手、「ニュルのスリリングなコースを楽しむよ」と、コメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

【4月13日22時14分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000038-rps-moto
 
   
Posted at 15:01/ この記事のURL
アップル、Core i5/i7搭載の新型「MacBook Pro」を発表 / 2010年04月14日(水)
 アップルは4月13日、アルミユニボディのノート型Mac「MacBook Pro」を一新した。

【拡大画像や各モデルの紹介画像】

 15/17型のラインで、CPUに32ナノプロセスルールを用いたArrandale(開発コード名)世代のCore i5/i7を採用したのが最大の見どころ。また、これにあわせてグラフィックス機能も従来のGeForce 9400M/GeForce 9600M GTから、NVIDIA GeForce 320M/330Mに変更されている。さらにガラス製のマルチタッチトラックパッドがiPhone/iPod touchでおなじみの慣性スクロールに対応したのも目を引く。ラインアップは13.3型ワイド液晶を搭載する「MC374J/A」と「MC375J/A」、15.4型ワイドの「MC371J/A」「MC372J/A」および「MC373J/A」、17型ワイド「MC024J/A」の全6モデルだ。

 2製品を用意する13.3型ワイドモデル(1280×800ドット)では、MC374J/AがCPUに2.4GHz駆動のCore 2 Duoを採用し、従来の2.26GHz Core 2 Duoからスペックアップした。また、メモリ容量は2Gバイトから4Gバイト(1066MHz DDR3 SDRAM)に、HDD容量も160Gバイトから250Gバイトに増量されている。一方、MC375J/AはCPUが2.53GHzから2.66GHzのCore 2 Duoに、HDD容量が250Gバイトから320Gバイトに強化された。いずれも統合型GPUのNVIDIA GeForce 320Mを採用し、8倍速SuperDriveを備える。このほか、バッテリー駆動時間が従来の約7時間から約10時間へと大幅に延びているのもポイントだ。

 インタフェースに変更はなく、USB 2.0×2、SDメモリーカードスロット、FireWire 800、Mini DisplayPort、音声入出力端子を備えるほか、液晶上部に内蔵されたiSightカメラや、ギガビットLAN、AirMac Extreme(11n準拠)、Bluetooth 2.1+EDRといったネットワーク機能も従来通りだ。価格はMC374J/Aが11万4800円、MC375J/Aが13万8800円で、15/17型モデルに比べると基本アーキテクチャを踏襲したマイナーバージョンアップだが、コストパフォーマンスはより高くなった。

 一方、15.4型ワイド(1440×900ドット)/17型ワイドモデル(1920×1200ドット)は基本システムが大幅に変更され、CPUにArrandale世代のCore i5/i7を搭載している。いずれも物理コアは2つだが、Hyper-Threading Technologyに対応し、4スレッドを同時処理できるほか、CPU負荷に応じて動作クロックを引き上げるTurbo Boost Technologyをサポートしている。また、グラフィックスは、CPU内蔵のIntel HD GraphicsとディスクリートのNVIDIA GeForce GT 330Mをアプリケーションに応じて使い分ける自動切り替え機能を搭載し、バッテリー駆動時間も最長約8〜9時間と1〜2時間延びている。

 主なスペックは、MC371J/Aが2.4GHz Core i5、4Gバイトメモリ、320GバイトHDD、MC372J/Aが2.53GHz Core i5、4Gバイトメモリ、500GバイトHDD、MC373J/Aが2.66GHz Core i7、4Gバイトメモリ、500GバイトHDDで、光学ドライブは全モデル8倍速SuperDriveを搭載する。17型ワイドのMC024J/Aは、2.53GHz Core i5、4Gバイトメモリ、500GバイトHDD、8倍速SuperDriveで、15型ワイドの上位モデルよりも基本スペックが劣るが、BTOオプションで2.66GHz Intel Core i7を選択可能だ。なお、こちらもボディデザインは従来モデルを踏襲しており、インタフェースに変更はない。ただし、15型ワイドモデルの重量が2.49キロから2.54キロへ微増している。価格は15型ワイドモデルが下から16万8800円、18万8900円、20万8800円、17型ワイドモデルが21万8800円だ。

 このほか、BTOメニューには、15.4型モデルで選択できる1680×1050ドット表示の高解像度液晶ディスプレイ(光沢または非光沢)や、全モデルで選択可能なSSD(128Gバイト/256Gバイト/512Gバイト)も用意された。Apple Storeでの出荷予定日は、13.3型ワイドモデルが4営業日、15.4型ワイド/17型ワイドモデルが24時間以内となっている。

【4月14日0時18分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000001-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 14:26/ この記事のURL
SAPが垣間見せたクラウド時代のパートナー戦略 / 2010年04月14日(水)
 独SAPと富士通が4月5日、SAPが提供するSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型情報分析サービス「SAP BusinessObjects BI OnDemand」の日本語版を共同開発し、富士通のクラウドコンピューティング基盤から国内市場に提供することで合意した。

 SAP BusinessObjects BI OnDemandは、社内外に分散した経営情報を集め、組み合わせて分析、共有することで経営の見える化を実現するビジネスインテリジェンス(BI)ソフトをSaaSとして提供するサービスである。

 例えば、データマッシュアップでは、個々に構築された業務システムから収集した会計・受注データを、あたかも単一システムのデータのようにPC画面上に表示する。瞬時に検索・分析が可能な「SAP BusinessObjects Explorer」の機能も標準搭載したことにより、容易に経営分析やレポート作成ができるという。また、SAP製品やセールスフォース・ドットコムの「Salesforce CRM」などのオンデマンドおよびオンプレミス(自社運用)のデータとの連携機能も備えている。

 SAPは2006年から同サービスを提供しており、すでに世界中で26万人が利用している。新たに富士通と共同で日本語化し、富士通が群馬県館林市に持つデータセンターから国内企業に提供することにした。

 両社はグローバルパートナーとして、これまでERP分野で協業を進めてきたが、今回の提携を通じて今後はBI分野でもグローバルな戦略的パートナーとして協業を深めていく方針。その一環として、国内市場に向けたBIのクラウドサービス展開については、SAPが富士通のデータセンターの堅牢さなどを評価し、日本語版の共同開発と合わせて手を組んだ格好だ。

 グローバルでERP最大手のSAPは、今やCRM、SCMなど幅広い分野をカバーする総合ビジネスソフトベンダーである。2007年にはBusinessObjects(BO)を買収し、BI分野へも本格的に進出した。ERPが屋台骨であることに変わりはないが、BIはERPをはじめとした手持ちのビジネスソフトの普及に相乗効果を生み出せるとあって、このところ相当注力しているようだ。

 一方、SAPはERPがミッションクリティカルな分野であることもあって、当初はクラウドサービスへの展開に慎重な姿勢を見せていた。しかし、最近になってその姿勢もだいぶ変わってきたようだ。今回の富士通との提携は、製品サービスおよびパートナー戦略と合わせて同社のクラウド事業への取り組み方を示唆しているようにも受け取れる。

●ERPのクラウドサービス化の布石か

 「SAPもクラウドには注目している。ただし、(ERPのような)基幹システムをクラウド環境で利用するには、その信頼性をきちんと検証する必要がある。とはいえ、今後は基幹システムもクラウド化する方向に行くだろう。SAPはそうした変化をしっかりと支援していきたい」

 SAPジャパンのギャレット・イルグ社長は、同社が4月8日に開いた事業戦略説明会でこう語った。イルグ氏は今後の事業戦略における注力分野として、BIと中堅・中小企業向け事業を挙げた。そして、それぞれのクラウドへの取り組みについては、BIは富士通との提携に触れ、中堅・中小企業向け事業はSaaS型ERPとして注目される「Business ByDesign」の日本市場への投入が、2011年半ばになることを明らかにした。

 では、なぜ今回の富士通との提携が、SAPのクラウド事業への取り組み方を示唆しているように受け取れるのか。それはSAPのローカルなパートナー戦略と推測できるからだ。

 SAPは富士通のクラウド基盤を活用することで、社内の機密情報を国内にとどめたいとする日本企業のニーズに対応したとみられる。日本企業には、機密情報は日本のデータセンターに置きたいというニーズが強い。海外で情報漏えいなどの問題が起きた場合、外国法が適用されるなど対処に手間が掛かる可能性があるからだ。

 そこでSAPがパートナーとして選んだのは、ERP分野でグローバルに協業を進めている富士通だった。そこには、顧客に安心感を与えるクラウド基盤を提供できるとともに、強い販売力を持つパートナーと組むという同社としての狙いがあったとみられる。これはERPのクラウドサービス化の布石とも見て取れる。

 一方、SAPはNECともERP分野で緊密な提携関係にあることから、ERPのクラウドサービス化についてはNECとの関係強化の動きもあるかもしれない。

 こうしてみると、SAPはローカルの有力なデータセンターを活用しながら、同社ならではのクラウド時代のパートナー戦略を構築していこうという意図があるようだ。今や120を超える国に9万5000社以上の顧客企業を有するSAPが、果たしてどのような戦略を描こうとしているのか。アプリケーションベンダーとクラウドベンダーの今後の力関係を占う意味でも大いに注目される。【松岡功】 4月13日21時58分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000086-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 13:51/ この記事のURL
SSJ、SuperStreamにIFRSコンバージェンス対応機能を標準搭載へ / 2010年04月14日(水)
 エス・エス・ジェイ(SSJ)は4月8日、会計や人事/給与に特化した中堅・中小企業向けERP(統合業務パッケージ)製品「SuperStream」を国際会計基準(IFRS)に対応させると発表した。IFRSのコンバージェンス対応機能を順次標準機能として提供していく(一部はオプション提供となる)。

 SuperStreamがIFRS関連で標準搭載するのは、コンバージェンス項目となる「資産除去債務」「包括利益」「過年度遡及(そきゅう)修正」に対応する3つの機能。このうち、資産除去債務については2月に対応済み。既存資産の検索・抽出や自動計算、既存資産の除去債務計上仕訳の自動作成をサポートする。

 包括利益については、2010年6月の企業会計基準委員会による最終基準化議決を待ってから、早期に対応予定としている。また過年度遡及修正については、過去の財務諸表の遡及修正を行う際のシステム対応を12月に実施する。

 またSSJでは、IFRS適用時期を見据え、日本基準とIFRS2つの会計基準による複数帳簿機能を2012年以降に提供する予定。

 金融庁では、2010年3月期から一部上場企業にIFRSの任意適用を認めている。また、2012年にはIFRS強制適用の判断を行い、2015〜2016年には強制適用を開始する可能性がある。同社は、強制適用の際は上場企業以外にもその子会社や取引先企業にまで影響が及ぶため、中堅・中小企業も会計処理の変更に伴うシステムの強化・再構築が必要になると予測している。 4月11日12時29分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000003-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 13:15/ この記事のURL
余部鉄橋の架け替え工事7月17日開始 お盆前に新しい橋に / 2010年04月14日(水)
 JR福知山支社は、山陰線の鎧−餘部間の余部鉄橋の架け替え工事を7月17日から開始し、新橋りょうの供用は8月12日になると発表した。

 工事は、兵庫県や沿線自治体と連携し、07年5月に起工。新橋りょうへの架け替えは、今秋を予定していたが、工事期間を少し早め、盆前の完成になった。
 
 新しい橋はコンクリート製で長さ約310メートル。既設の鉄橋を撤去し、現在建設中の橋りょうを横移動させて架設する。期間は17日早朝から8月11日夜までの26日間としている。
 
 工事区間は鎧−久谷間で、期間中は香住−浜坂間の列車を運休し、バスなどによる代行輸送をする。
 
 新橋りょうは、防風壁を取り付け、風速30メートルまで列車運行が可能となる。風速20メートルが規制値となっている現在の鉄橋と比べ、運転見合わせや運休が大幅に減るという。 4月13日16時7分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000302-rtn-l26
 
   
Posted at 12:40/ この記事のURL
アメリカン航空がアイスランドの空港に緊急着陸 / 2010年04月14日(水)
(CNN) アメリカン航空機が13日、キャビン内で異臭がするとして、アイスランドの空港に緊急着陸した。アメリカン航空の広報担当者は、「機械の不具合により、予防的措置」として航路をアイスランドに変更したと述べている。

このたび航路変更したのはアメリカン航空49便(ボーイング767−300)。シャルル・ド・ゴール国際空港から米テキサスのダラス・フォートワース国際空港に向かっていたという。

【4月13日23時42分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000022-cnn-int
 
   
Posted at 12:05/ この記事のURL
牛丼270円で利益は出るのか 苦戦続く吉野家の1杯あたりの儲けとは / 2010年04月14日(水)
 吉野家が1週間の期間限定で牛丼を値下げするキャンペーンを7日から開催中だ。牛丼並盛が通常価格より110円安い270円で販売されている。しかし先月末に吉野家がこのキャンペーンを発表すると、その後、すき家と松屋もすぐさま牛丼並盛を250円に引き下げるキャンペーンを発表、牛丼業界で値下げ競争が激化している。

 長い間、業界を引っ張ってきた吉野家だが、最近は苦戦続きだ。これまで前年比4%減前後で推移していた既存店売上高は2009年12月以降に22.2%減(12月)、13.1%減(1月)、17.2%減(2月)と二桁の下落が続いている。ライバルの「すき家」(ゼンショー)が同月1.6%増、2.2%減、4.3%増、松屋が3.3%減、4.4%減、3.8%減で推移しており、両社と比べると吉野家の落ち込みが特に目立つ。

 売上の大幅な減少に我慢できず、これまで敬遠してきた値下げについに踏み切った吉野家だが、そもそも牛丼1杯270円で利益は出るのだろうか。

 吉野家の昨年の決算書に記載された売上や支出から概算すると、従来の提供価格である牛丼並盛1杯380円にかかる原材料コストは156円、これに従業員の給料などの経費が200円弱かかっており、利益は1杯あたり30円しか残らない。単純に考えると牛丼を270円に値引きすれば赤字になってしまう。そのためサイドメニューや定食などで稼ぐしかないが、吉野家のメニューは牛丼中心で、すき家や松屋と比べるとレパートリーが少ないのが現状だ。

 また利益率を上げるもう1つの方法が効率的な集客だ。客数が増加すればそれだけ、牛丼1杯あたりのコストも下がっていく。今回のキャンペーンによる値下げは他店から客を取り戻すための集客が狙いだが、ライバル勢の対抗キャンペーンによって、集客効果も限定的に終わる可能性もあり、吉野家にはきびしい状況が続いている。

※本文の企業名に誤りがあったため、4/12に修正しました

【4月11日13時40分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000000-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 11:31/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!