新作 ルイ·ヴィトン [Louis Vuitton] iPhone 6 Leather ケース ■対応機種:iphone6 iPhone6Plus

March 21 [Sat], 2015, 12:01

■商品名: 新作 ルイ·ヴィトン [Louis Vuitton] iPhone 6 Leather ケース ■対応機種:iphone6 iPhone6Plus ■ご注意: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無料


 ルイヴィトンiphone6カバー


http://tioniphone.com
【無料/有料の違い】自然に効きが悪くなったボタンを直すのは無料だが、画面破損は有料

 修理サービスを比べる前に、まずは、どのような故障がメーカー保証の範囲外となるか知っておこう。

 アップルが掲載している「Apple製品1年限定保証 - iOS」の「本保証の非適用範囲」項目を見ると、保証の範囲外となる故障の種類がよくわかる。
アイフォン6シャネル。。
 具体的には、iPhoneの修理でもっとも多い落下による画面破損、および水濡れは上記の項目(d)にあたり、保証範囲外だ。バッテリーの経年劣化は(a)、本体の傷は(b)にあたり、これも保証範囲外となり、期間中であっても修理には費用がかかる。

 逆に保証範囲となる例としては、ホームボタンを含むボタン、スイッチ類を通常に使用していて(極端な連打や切り替えをしないで状況で)効きが悪くなった場合や、バッテリー駆動時間が急に短くなる場合など。これらがいわゆる「自然故障」にあたり、1年間ならば無料で修理してもらえる。

 一方、iPhoneの購入時または購入後30日以内に、AppleCare+ for iPhoneを購入すると、上記の保証期間が2年に延長される。これは付属のケーブルや充電器にも適用される。

 さらに「操作上の不慮の事故」に対する修理時に、1回につき7800円(税込み)のサービス料で最大2回まで受けることができる。つまり9400円(税別)のAppleCare+ for iPhoneを購入していれば、落下や水濡れが原因となる修理が、2回まで7800円で利用できるということだ。
エルメス6Plusケース。。
 それでは次に、アップル本体の修理サービスの特徴や価格についてまとめよう。

●【アップル本体】本体丸ごと交換から「パーツごとの修理」へと変化中

 国内に8店舗あるアップルストアには、アップル製品の技術サポート窓口となるGenius Bar(ジーニアスバー)がある。ユーザーだけでは解決できない問題をマンツーマンでサポートしてくれ、ハードウエア故障も、対応可能なものはその場で修理が完了し、持ち帰ることができる。一方、Genius Barを利用するには予約が必須。予約はアップルのWebサイトや「Apple Store」アプリを使って行い、予約の変更やキャンセルもすぐできる。

 アップルストアに直接行けない場合は、アップルのWebサイトから「配送修理」サービスを申し込む方法がある。アップルの指定業者が集荷してくれるので発送の手間もない。往復の配送料も無料。提供される修理サービスや価格(下記)は、アップルストアと基本的には同じだ。
iPhone6 エルメス。。
 iPhoneの修理は、以前はほとんどが本体交換による対応だった。だが最近では、徐々にパーツごとの修理といった修理サービスを拡充してきている。また故障箇所を特定し、可能な場合は、その場でパーツを交換するという対応が行われている。

 これはユーザーにかかる負担を減らすためというほかに、地球環境に配慮したもので、Genius Barに修理で持ち込まれるiPhoneの中でも、修理箇所として最も多い画面破損は、画面部のみの交換で対応可能になっている。ただし画面のみ破損しているように見えても、店頭での確認で本体にゆがみがあるなど、他に異常な箇所があると本体交換修理になる場合もある。

●【アップル修理価格】iPhone 6の画面破損は1万2800円、修理時間の目安は2時間

 iPhoneの場合、アップルストアで修理可能なら2時間が完了の目安となっている。予約なしで行っても、展示されているiPadなどを使ってGenius Barを予約するように促される。その日に空きがない場合もあるので、事前の予約が確実だ。
人気ブランド携帯カバー。。
 アップルでiPhoneを修理した場合の価格(作業工賃はかからない)は以下のとおり。最新の対応状況や価格は、アップルのWebサイト「iPhoneサポート:修理とサービス」を参照するとよい。

 また上記のWebページに記載のない価格は、アップルストアで修理を行ったユーザーに、筆者が独自に聞き取り調査したものだ。
【身近な正規サービス】全国でアップル本体と同等の修理が受けられる

 アップルストアで持ち込み修理できるとはいえ、全国に8店舗なので、その恩恵を受けられるユーザーは限定的だ。これに対して身近な修理拠点として、「アップル正規サービスプロバイダー」がある。こちらは全国に拠点があり、より多くのユーザーをフォローできるし、予約が不要な場合もある。

 アップル正規サービスプロバイダーとして認定されるには、修理サービスを提供するスタッフ全員が、アップルの認定資格をもっており、アップルと協議の上、規定に応じた店舗を用意できる必要がある。アップルが認めたサービスレベルであると考えてよい。またiPhone以外のアップル製品(iPadやMacなど)もサポートする。
6Plusケースルイヴィトン。。
 アップル正規サービスプロバイダーとして修理サービスを行っている業者には、カメラのキタムラ、ビックカメラ、クイックガレージ(グローバルソリューション株式会社)、NEWCOM(イオングループ)などがある。

 修理されたものは、結果的にアップルで修理した場合と同じことになる。修理に使われるパーツは純正品であり、修理の方法も基本的にアップルに認定されたものだからだ。引き続きアップルの保証を受けられ、その他のサービスも継続して受けられる。AppleCare+ for iPhoneは、アップル正規サービスプロバイダーの修理にも適用される。

 iPhoneの場合は、対応としてパーツの交換ではなく、本体そのものを交換するという対応がなされることがあるが、この対応が可能なのは、アップルとアップル正規サービスプロバイダーに限られる。iphone6ケース。。

 アップルのサポートに問い合わせた場合も、最寄りのアップル正規サービスプロバイダーを紹介される場合がある。持ち込み修理がしやすく、パーツがあればその日のうちに修理が完了して持ち帰ることができる。ユーザーの利便性を第一とするからだ。

●「最短20分」で修理できる場合も。修理事例は画面の破損と水濡れが多い
ケース コピー。。
 アップル正規サービスプロバイダーでiPhoneを修理する場合として、カメラのキタムラ(以下、キタムラ)の例を紹介する。

 キタムラがアップル正規サービスプロバイダーとして、修理サービスの提供をはじめたのは2012年春のこと。iPhone 4sが最新機種だった時期と言えば、「あの頃か」と思い浮かぶiPhoneユーザーもいるだろう。現在は、全国のキタムラの店舗のうち、47店舗がアップル正規サービスプロバイダーとして修理サービスを行っており、国内最大手だ。

 ただし修理可能な箇所と修理内容は、画面の修理以外は基本的にアップルと同じだが、価格設定はアップル正規サービスプロバイダー各社に任されているため、アップルや他のアップル正規サービスプロバイダー間でも一律ではない。Webページで公開されている場合もあるので、比較することも可能だ。
グッチiPhone 6 ケース。。
 キタムラでは修理にかかる時間を「最短で20分」と案内している。もちろん、修理の内容や待ち状況によって変わってくる。パーツがなくて修理できない場合もあり得るので、事前に電話で確認することをおすすめする。また、待ち状況や空いている時間帯なども案内されるので、いつ持ち込み修理に行くか、そもそもその店舗を利用するかどうかといったことも選択できる。

 キタムラで多い修理事例は、落下による画面の破損と水濡れ。修理の件数が多いのは土日祝日だ。仕事や学校が休みの日に、自宅から最寄りの店舗に訪れるユーザーが多いと考えられる。混雑する時間帯は、朝と夕方。店頭で整理券を受け取り、その番号順に案内される。待ち状況は「ネコの目.com」というサービスを利用してオンラインで確認できるため、待ち時間を別の場所で過ごすことも可能だ。
iPhone6ケース シャネル風。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vcxgcf
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vcxgcf/index1_0.rdf