FXでの投資とその他の投資との比較

May 25 [Mon], 2015, 18:00
投資を始めて将来に備えたいと思っているのなら、FXを利用する方法があります。

FXとは海外の為替価格の差によって利益を目指すもので、株や債券での投資とそう仕組みは変わりません。

しかし、通貨をトレードするという点は株や債券と異なります。

通貨は通常一カ国一つなので、どちらかというと債券に近いかもしれません。

けれど債券より値動きがあることも多いです。

株と比較すれば値動きは抑え気味ですが、取引できる通貨の数が絞られています。

FXを投資するのに適しているのはではどういう人なのでしょうか。

しかしその前に、FXには多様なトレード方法があるということを知らないといけません。

それは、取引期間が短い順にスキャルピング、デイトレード、スイングトレードなどがあります。

最もこれは最初から決められているものではなくて、自身の判断で投資期間を決めるのですが、この投資期間によって投資するためのお金も変わってきます。

投資期間が長いほど、ロスカットに備えてレバレッジは抑え目にということは必然的になります。

投資期間の長さは比例して予測不可能なリスクになります。

ですので、債券での投資を考えている人ならFXのスイングトレードのような週単位月単位のトレードがいいのではないでしょうか。

また、株取引を考えている人ならばスキャルピングやデイトレードなどの短期間のもので、同じように取引できるでしょう。

長期間保有しているという株トレーダーならば、スイングトレードもいいかもしれません。

また、そういった株や債券での投資を考えていないという人にもFXはメリットがあります。

それはFX独自のスワップポイントを生かした、定期外貨預金のような利率を教授することができます。

しかも日単位の利率なので期間を制限されないところが良いところです。

外貨預金でFXのように為替価格の差を上げているという人にも、FXは為替手数料が外貨預金より一般的に安いので、為替価格の差が小さくても利益をアップすることにつながっていきます。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vcr1542396/index1_0.rdf