発表することになった。ただし、北米や欧州に住む人は、あまり期待しない方がよさそ

April 11 [Sat], 2015, 15:55















ブランド エルメス
商品品番 1103
カラー 写真どおり


エルメスiphone6ケース


エルメスiphone6ケース


エルメスiphone6ケース


 



 


http://tioniphone.com
HTCが米国で近日発売のスマートフォン「One M9」をさらに大型化し、高性能にしたバージョンを、中国で発表することになった。ただし、北米や欧州に住む人は、あまり期待しない方がよさそうだ。

 米国時間4月8日付のブログ投稿で公表されたところによると、この「HTC One M9+」は2K解像度の5.2インチ画面と、2.2GHzのMediaTek製オクタコアプロセッサ「Helio X10」を搭載する。また、このスマートフォンは20メガピクセルの「Duo Camera」も備える。これは第2のカメラレンズを用いて、より精細で望み通りの写真が撮れるようにするもので、現在「HTC One M8」にも採用されている機能だ。
携帯ケース コピー。。
 M9+の前面スピーカーの音量は、すでにM8でも用いられている「HTC BoomSound」機能によって増強される。もう1つの呼び物として、指紋センサが筐体前面に搭載されており、ユーザーはこれを使ってスマートフォンのロックと解除ができる。HTCによると、このセンサはどの方向からでもユーザーの指紋を認識できるという。

 明らかに、HTCがこのM9+のターゲットとしているのは、スタンダードなM9(画面は5インチ、背面カメラは通常版、指紋センサなし)よりも大型で、より多くの機能を詰め込んだバージョンを強く求める中国の消費者だ。加えて同社は、ハイエンドスマートフォン市場において、Appleの最新の「iPhone」シリーズやサムスンが近日発売する「Galaxy S6」と競争しようとしている。

 だが、どうやらM9+を手にできる顧客は限られそうだ。HTCがEngadgetに寄せた声明によると、M9+は「現時点では北米や欧州で発売される計画はなく、これらの市場では当社のフラッグシップ機であるHTC One M9が最良の選択であると考えている」という。
新品gucci iphone6 ケース。。
 HTCはM9+の発売日や価格を明らかにしなかった。HTC One M9は4月10日に米国での発売が開始される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。
【関連記事】
アンカー、9日0時から1日限定セールを実施――6ポートUSB急速充電器が20%オフなど

画像:ITmedia

 アンカー?ジャパンは、4月9日午前0時からAmazon.co.jpの公式ストアにおいて1日限定でベストセラー商品のセールを実施する。スマホ?タブレットなどを複数台持っていると便利な「Anker 60W 6ポート USB急速充電器」、スマホ?タブレットの急速充電にも対応する「Anker Astro E4 第2世代 モバイルバッテリー(アダプター付属モデル)」、iPhoneやiPadで使える「Anker プレミアムライトニングUSBケーブル」の3製品、それぞれ2色が通常販売価格の20%引きで購入できる。価格はいずれも税込で、通常配送料は無料。

【他の画像】

 Anker 60W 6ポート USB急速充電器は、Ankerの独自技術「PowerIQ テクノロジー」によって機器に最適な電流量で急速充電できるコンパクトな充電器。過電圧、過電流、過熱や回路のショート時に機器を保護する回路保護システムでより安心して使うことができる。コンセント電圧は100〜240Vに対応しており、海外旅行のお伴にも最適だ。通常販売価格3599円のところ20%引きの2870円で購入できる。
ルイヴィトン6カバー。。
 Anker Astro E4 第2世代 モバイルバッテリー(アダプター付属モデル)はiPhone 5sなら約6回、GALAXY S5なら3回以上、iPad Airなら1回満充電にできる13000mAhの大容量モバイルバッテリー。先述のUSB急速充電器と同様にPowerIQ テクノロジーによって機器ごとに最適な急速充電ができることや、500回以上繰り返し使える安心さが特徴。ACアダプターや持ち運びに便利なモバイルポーチなど付属品も充実している。通常販売価格3599円のところ2870円で購入できる。

 Anker プレミアムライトニングUSBケーブルはApple MFi認証を取得した長さ0.9メートルのLightning サムスン電子ジャパンは4月8日、都内で「Galaxy World Tour 2015 TOKYO」を開催した。サムスンのフラッグシップスマートフォンの最新モデル「Galaxy S6」と、その派生モデルで曲面ディスプレイを搭載する「Galaxy S6 edge」を国内で初めて披露。Galaxy S6に対応するゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR Innovator Edition for Galaxy S6」もあわせて発表した。

【他の画像】
iphone6ケース。。
 Galaxy S6はNTTドコモが「Galaxy S6 SC-05G」、Galaxy S6 edgeはKDDIが「Galaxy S6 edge SCV31」、ドコモが「Galaxy S6 edge SC-04G」として、それぞれ4月23日に発売する。

 Galaxy VR Innovator Editionは全国のGalaxy SHOPで4月8日から体験展示を、23日から大手家電量販店のオンラインショッピングサイトで予約受付を開始し、5月上旬より順次配送となる。

 今まで、サムスンはギャラクシーを「GALAXY」と全て大文字で表記してきたが、2015年に投入するモデルからは「Galaxy」と改めることになった。これは、2015年をシリーズの「再出発」とし、改めて「良いスマートフォンを世に送り出そう」という強い決意を込めたため。

 サムスン電子ジャパン 営業グループ 部長の阿部崇氏は「(Galaxy S6とGalaxy S6 edgeの)開発プロジェクトを『ゼロプロジェクト』と呼んできた。原点に戻り、スマートフォンの本質に立ち返り、全てが新しいスマートフォンを作りたかった」と、開発の狙いを説明。その成果の現われが今回の2機種なのだ。

 「Galaxy史上、最もデザイン性に優れ、美しさと圧倒的なパフォーマンスを兼ね備えた」(阿部氏)両機は、ドコモ向け?au向けともにスマホとしては初めてとなる「LTE-Advanced」に対応。キャリアアグリゲーションによって下り最大225Mbps(auのWiMAX 2+では下り最大)で通信面、サムスン電子オリジナルの8コア64ビットCPU「Exynos7420 OctaCore」と3GバイトのDDR4メモリの採用でアプリ動作や描画面のパフォーマンスを向上させた。まさしく、「快適なスマートフォンライフを実現」(同氏)するべく生まれ変わったのだ。

 利便性の向上にも余念がない。今回発表された2機種では、国内向けのGalaxyとしては初めて「Qi」(チー)規格の「おくだけ充電」(非接触充電)に対応した。「充電用のパッドのあるカフェなど、いつでもどこでも気軽に充電できる」(阿部氏)のが特徴だ。「QuickCharge 2.0」(超急速充電)にも引き続き対応している。

 「スマートフォンで最も重要な機能」(阿部氏)のひとつであるカメラ機能もさらに強化されている。まず、暗い所でもきれいに撮影できるようにするためインカメラにF1.9の明るいレンズを採用、センサーも500万画素に強化し、リアルタイムHDRにも対応した。アウトカメラもF1.9のレンズを採用し、光学式手ブレ補正を搭載している。今回の発表会ではiPhone 6で撮影した写真との比較も行われた。
グッチiphone6。。
 さらに、カメラをホームキーのダブルクリックですぐに起動できるようにした。高速起動と相まって、「シャッターチャンスを逃すことなく撮影できる」(阿部氏)。昨今、自撮り(セルフィー)熱が高まっている中、ユーザーに寄り添った機能強化を図ったのである。

 S6とS6 edgeではデザイン面においても従来とは異なる取り組みを進めている。サムスン電子ジャパン デザイングループの永田昌一氏は、「製品に宿る高機能が瞬時に伝わる美しいデザイン」という、今までのGALAXYシリーズとは異なるコンセプトでデザインしたことを説明。
iPhone6ケース香水風。。
 そのこだわりはまず素材に始まる。両機種ではメタル(金属)とガラスを「高度な匠の技で融合」(永田氏)させた。金属素材には航空機の機体にも使われる「アルミニウム6013」という合金をスマートフォンとして初めて採用。ダイヤモンド型に整形する「ダイヤモンドカッティング」を含めた20以上の行程を経て、メタルフレームが完成する。

 このフレームを画面?背面両側から包み込むガラスは、「現在のスマートフォンで最も耐久性に優れた」(永田氏)Corning社の「Gorilla Glass 4」を採用している。従来の「Gorilla Glass 3」と比較して約50%強度が増したこのガラスは、メタルフレームと合わせて耐久性を高めている。ガラスの視覚効果?奥行き感?透明感を生かすため、背面のガラス層の下に「光学フィルム」を入れた。このフィルムによって光が乱反射し、「宝石のような独特な輝き」(同氏)を放つ。実際に手に取ってみると、今までのスマホにはなかった質感を感じられるはずだ。

 S6 edgeでは「デュアルエッジスクリーン」もデザイン上の特徴となる。「ついつい触りたくなる」(永田氏)この画面を作るには、デザインは高度な加工技術を必要とする。ガラス面を曲げるのに800度以上の熱で加工することを始めとして、サムスンの技術の粋を、新しいGalaxyの幕開けのために結集させたものといえる。
iPhone6カバー 予約。。
 新しいGalaxyの幕開けは、キャリアにとっても大変重要なことである。発表会ではNTTドコモ 代表取締役副社長の吉澤和弘氏とKDDI株式会社 代表取締役社長の田中孝司氏からメッセージが寄せられた。両者ともにとても熱の入った応援メッセージを送っていた。
グッチ iphoneカバー。。
 新生Galaxyに彩りを添える周辺機器も取りそろえる。発表会後に開かれたタッチアンドトライイベントでは、S6とS6 edge用純正オプションや公認ケース類も多数展示されていた。

 特に注目すべきは、発表会内でも紹介されていたGalaxy VR Innovator Edition for Galaxy S6だ。S6/S6 edge両機種がSuper AMOLEDディスプレイを採用していることを生かし、360度全方位のバーチャルリアリティ体験ができるというオプションだ。日本では「東京ゲームショウ 2014」で参考出展されていたが、製品として発売されるのはこれが初めてだ。
超人気iphoneケース。。
 Galaxy VRには加速度?ジャイロ?近接の各センサーが付いていて、ユーザーが頭や体を動かすとそれに合わせて映像も動く。筆者も体験してみたが、スマホでここまでできるのかという感動がそこにはある。Galaxy Shopで展示されるので、近くに店舗がある人はぜひ体験してほしい。
ケーブルで、コネクタが8.6×5.6ミリとコンパクトなため、ケースの種類を問わず接続できる。通常販売価格1199円のところ、950円で購入できる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vcgrgd
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vcgrgd/index1_0.rdf