シャネル IPHONE6 バンパー 4.7インチ スマホ保護カバー アイフォン6 PLUSバンパー

March 23 [Mon], 2015, 11:41

■商品名: シャネル IPHONE6 バンパー 4.7インチ スマホ保護カバー アイフォン6 PLUSバンパー ■対応機種:iphone6 iPhone6Plus ■ご注意: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無料


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


トレンドマイクロ株式会社は20日、「Apple Watch」の発売に便乗した詐欺サイトを初めて確認したと発表した。Apple Watchの無料プレゼントをうたうもので、これらのサイトに名前やメールアドレスを入力すると、個人情報を窃取される可能性があるという。メールやSNSのメッセージによって誘導される例が見られ、中にはFacebookで特定数の利用者を招待することがプレゼントの条件になっているものもあったとしている。

【この記事を写真付きで見る】
シャネルiphone6ケース。。
 トレンドマイクロのセキュリティ技術基盤で確認した、これら不審サイトへのアクセスの内訳は、英国のIPアドレスからが最も多く48%を占めたが、これに次いで日本が29%だった。「日本語表示のサイトは確認されていない時点でのこの割合は、Apple Watchの話題に対する日本からの関心の高さを示していると言える」とトレンドマイクロでは指摘している。

 Apple Watch以外も含む「Apple」ブランドに便乗した不審サイトは、2014年の1年間で約7万8300件確認。2013年の約2万3300件から3倍以上に急増した。アプリ開発者向けサイト「iTunes Connect」のフィッシング詐欺サイトが確認されているほか、iPhoneケース通販の詐欺サイトも継続して確認されているという。

 原宿のカフェ「Tokyo Apartment CAFE」(渋谷区神宮前1)に3月20日、「映画ドラえもん×ビデオパス シアター」がオープンした。主催はKDDI(千代田区)。(シブヤ経済新聞)
iphone6ケース。。
エントランスに設置した「どこでもドア」

 同社の会員制動画配信サービス「ビデオパス」をアピールするもの。同サービスでは、今月7日に始まった「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記」の公開に先駆け、2月25日から「映画ドラえもん」全35作品を独占配信している。カフェでは全席にスマートフォンまたはタブレット(各12台)を置き、同サービスで全35作品(1台につき5作品)を見られるようにした(18時まで)。

 期間中、エントランスには「どこでもドア」を、店内随所に等身大のドラえもんフィギュアを設置。壁面や照明カバー、什器などにはのび太などのイラストをあしらい、一角には同作や過去の映画に登場したドラえもんのイラストを掲出した。席にはドラえもんに関するイラストのフォトプロップスも用意する。

 同日開かれた発表会に登場した「ドラ☆応援団」の俳優?溝端淳平さんは、ドラえもんの魅力について、「フォルムが丸くてかわいい。ドラえもんが友達で一緒に住んでいたら毎日が楽しいと思う」と話し、「大人になって気付く良さもあり、夢を見続けられる素晴らしい作品。僕もずっと大好き」と笑顔を見せた。

 「悩んだり気分が落ちたりしている時、原点に戻りたい時に見たい」と言う溝端さんの好きなドラえもん作品は短編作品の「おばあちゃんの思い出」で、「小学校のころに号泣したのを覚えている。今でも泣いちゃう」という。欲しい「秘密の道具」を聞かれ「(のび太の宇宙英雄記に登場する)バーガー監督。一緒に仕事をしたい」と話した。

 前日の19日に同作を見に映画館へ足を運んだ際に、子どもと一緒に来場していた30代と思われる女性たちを見て「世代を超えて楽しめる、みんなのドラえもんなのだと感じた。自分もいつかそういう時が来れば」と思いをはせた。全35作品が見られる同シアターについては「居座っちゃう。何時間でもいられそうだから、カフェとしての経営が成り立つのか心配」と笑いを誘った。

 フォトセッション時には等身大ドラえもんフィギュアの登場にテンションが上がった様子で、自身のスマートフォンでツーショット撮影する一幕も見られた。
グッチ iPhone6 ケース。。
 営業時間は11時〜24時。今月31日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク トレンドマイクロは3月20日、4月に発売されるApple Watchに便乗したフィッシング詐欺攻撃が発生しているとして注意を呼び掛けた。フィッシング詐欺サイトにアクセスしたユーザーは英国、日本、米国で全体の約86%を占める状況だ。

【その他の画像】

 同社によると、詐欺サイトにはメールやSNSのメッセージなどから誘導されるほか、FacebookではApple Watchをプレゼントする条件として一定数のユーザーを募らせる手口も確認されたという。詐欺サイトではユーザーに氏名やメールアドレス、住所などの個人情報を入力させる仕組みになっている。

 詐欺サイトにアクセスしたユーザーは、英国が48%を占め、日本は29%と2番目に多いことが分かった。日本語の詐欺サイトは見つかっていないものの、同社は「日本での関心の高さがうかがえる」と分析している。

Apple製品の偽サイトが氾濫
エルメス6Plusケース。。
 トレンドマイクロによれば、Appleのブランドを勝手に利用したフィッシング詐欺サイトが急増しているという。2014年は前年比3倍以上の7万8300サイトが見つかった。

 2014年から現在まで継続する攻撃の1つが、iPhoneケースを通信販売すると称した詐欺サイト。同社が公開した詐欺サイトの例では日本語で表示され、複数の有名ブランドメーカーのiPhoneケースを取り扱っているようにみせかけている。

 詐欺サイトの多くは上述のように個人情報などを盗み取るものが多いが、中にはiTunesなどで販売されるコンテンツ管理のための「iTunes Connect」になりすました偽サイトも存在。アプリ開発者を標的にしているとみられる。この偽サイトは正規サイトとは異なり、EV SSL証明書が使われておらず、Webブラウザのアドレスバーが「緑色」に変化しない点で見抜くことができるという。 iPhoneをはじめとするスマートフォンのカメラ機能。つねに持ち歩く端末なだけに、デジカメやムービーカムなどよりも稼働率が高い、という方も多いのでは? iPhoneのカメラ機能では、フルHDのムービーを撮影できるし、画質面では申し分ないのだが、どうしても気になってしまうポイントがある。それは「手ぶれ」だ。ムービーカムなどでは、本体サイズが大きいぶん、大掛かりな光学式手ぶれ補正機構が搭載されているものがほとんどで、屋外で動きまわって撮影する際、三脚などがなくても安定した映像を得られる。ところが、iPhoneで同じように撮影すると、どうしても上下左右の微振動を拾って、ぶれた映像になってしまいがちだ。

他の写真を見る

 これを解消するのが銀一が販売する米ティッフェンの「Steadicam Smoothee」。いわゆる、スタビライザーというカテゴリの商品だ。スタビライザーって何? と思う方がいるかもしれないので簡単に説明しておくと、映像の動きを安定させるためのアダプターだ。ジャイロ効果の原理を利用して、回転運動を吸収する機構をグリップとカメラの間に取り付けて、持ち手が揺れてもカメラに影響しないようにするというもの。

●3軸のスタビライザーで2万円程度とコスパ高し!

 現在、スタビライザーには、ジャイロセンサーやモーターなどが組み込まれた高価な電子式タイプなども存在するが、「Steadicam Smoothee」の大きな振り子の構造を用いたシンプルなもの。そのため低価格で、2万円前後で購入できる。対応しているカメラは、iPhone 5/5sとGoProに標準対応している他、iPod touch(第4世代)やiPhone 4などもオプションのアダプターを購入することで利用できる。
iphone6ケース。。
 安価とはいっても、作り自体はかなり本格的で、しっかりとホールドできるグリップと、iPhoneやGoProなどをつなぐ可動部分には3軸のジャイロ機構が組み込まれる。おかげで、前後?左右方向へのぶれだけでなく、回転するようなぶれもしっかりと吸収する。電子式のスタビライザーでは、コストアップを押さえるために回転方向を削った2軸のみ対応するタイプも多いが、2万円前後で3軸に対応できる「Steadicam Smoothee」のコストパフォーマンスは高い。

 また、実測で627gとそこそこ重量があるのもポイント。こう書くと「軽いほうがいいじゃないか」という声も聞こえてきそうだが、スタビライザーに関しては逆だ。屋外での撮影時に、スタビライザーが軽すぎると風の影響を受けてしまい、被写体への狙いが定まらない。このため、ある程度の重量があったほうが、安定した映像を得られるというわけだ。実際に「Steadicam Smoothee」での撮影を行ってみると、たしかに2m/s以下ほどの微風な状態であれば、それほど風の影響を受けずにすんだ。

●屋外での撮影テストを実行
アイフォン6シャネル。。
 スタビライザーで安定した映像を得るためには、開始前のキャリブレーションが大切。というと大げさだが、「Steadicam Smoothee」でのキャリブレーションは、iPhoneをセットして、赤いツマミを回しながら前後左右の傾きを整えるという、アナログな作業。赤いツマミは、前後方向、左右方向のおもりの位置を変える仕組みになっているので、視覚的にわかりやすく、撮影中にズレが生じた時にも瞬時に対応しやすい。


 歩行時の撮影にiPhoneに注目してみると、手の動きに対してカメラ部の揺れがかなり抑えられていることが実感できる。撮影後のチェックでも、ぶれがほとんどない、なめらかな映像を確認できた。走っての撮影では、どうしても上下運動を拾ってしまう。これは前後?左右?回転を補正するスタビライザーの宿命ともいえるが、手首のちからを抜いて上下運動を意識することで、非常に良好な映像を得られるようになった。
iPhone6ケース香水風。。
 ちなみに、上下運動すらも吸収するアーム型のスタビライザーもあるが、こちらは安いもので12万円ほどする。
iPhone6ケース シャネル風。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vcfgbdf
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vcfgbdf/index1_0.rdf