新作 ルイ·ヴィトン [Louis Vuitton] iPhone 6 Leather ケース

March 21 [Sat], 2015, 14:15

■商品名: 新作 ルイ·ヴィトン [Louis Vuitton] iPhone 6 Leather ケース ■対応機種:iphone6 iPhone6Plus ■ご注意: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無料


 ルイヴィトンiphone6カバー


http://hoadiphone.com
そしてそれを裏付けるように、通信のトラフィックやビジネスモデルの巨大化?多様化?複雑化、という共通課題に対して、三者三様のアプローチを採っていた。同じコンセプトや問題意識でありながらアプローチが異なるということは、ニーズが細分化しながら拡大していること、つまりインフラ分野が活況を呈していることの証左でもある。

 さらに、このトレンドは確実に日本へやって来る。フィーチャーフォン全盛だった頃の日本は、MWCが表現する「世界的なモバイルトレンド」とは、ややもすれば一線を画する動きをしていた。そうした動態を揶揄したのが「ガラパゴス」という言葉である。しかし今は、スマートフォンとLTEの世界的な普及によって、MWCのトレンドと日本のトレンドは、大きく近づいた。
iPhone6 エルメス。。
 だとすると、日本のベンダーにも活躍の場はあるのだろうか。少なくともそうであってほしいと私は願っているし、日本勢も高い技術を有してはいる。しかしMWCだけで判断する限り、やはり新しいアプローチの「提案」が圧倒的に足りない。いずれも詳細は次回触れるつもりだが、同じような技術力だったはずなのに、かなり差をつけられてしまった、というのが率直な印象である。

● 地に足がつき始めたサムスン

 端末やコンシューマ向けサービスでポジティブな印象を受けたのは、サムスンである。グローバルに苦戦が伝えられ、特に日本市場に関しては「撤退」などという言葉さえも並びかねない状況だが、場合によってはその日本市場でも、今後巻き返していくのではないか、とさえ思えた。
ルイヴィトン iphone6 ケース。。
 今回のMWCで、サムスンは彼らの主力機種であるGalaxyシリーズの最新作「S6」と「S6 edge」を発表した。それぞれの特徴については、すでにあちこちのWebメディア等で報じられている。たとえばこちらの記事(参照:ケータイWatch)が詳しいだろう。

 筆者もプレスとしてMWCに参加したので、実機に触れることができた。感動のようなものはなかったのだが、とてもよくできた端末で、持っていて不満はなく、手に入れた多くの人はきっと満足するだろう。だから、「プレスだけが手にとって実機に触れます」と言われて、実際に手にとってみても、正直に言えば「ふーん」という感じだった。

 しかし、会場を歩き回り、国内外の事業者やアナリストと話をしていくうちに、もしかするとこれはサムスンの成熟なのかもしれないと、徐々に感じるようになった。

 昨年までの同社は、どこか気負いが空回りしていたような気がした。アップルに対抗しうる筆頭であり、巨大なアンドロイドのエコシステムを牽引するリーダーである、というプレッシャーがあったのかもしれない。実際筆者は、昨年の記事で次のように書いている。〈ただ、昨年のMWC2013あたりから、彼らに「悩み」を感じていた。ブースの様子を見るだけでも、「なんでもできるけど、なにをしたいのかわからない」というような、全体に総花的な展示であった。言葉を選ばずに言えば、元気だった頃のNTTドコモが日本国内の展示会に出展したときは、こんな感じだったかな、という印象である。〉
アイフォン6シャネル。。
 今年のサムスンも、展示やイベントの規模はそのままである。アンドロイド勢の筆頭事業者であり、世界的に責任を負っていることに変わりはないからだ。ただ昨年に比べて、事業者として説明したいことが明確になっており、そのメッセージもとても分かりやすいものになっていた。まるで憑き物が取れて、地に足の着いたような印象である。

 おそらく、世界的な販売不振に見舞われたことで、スマートフォンがすでにコモディティになっていることを、彼らなりに受け止めたのではないだろうか。また、アップルがSoCの生産をサムスンからTSMC(台湾セミコンダクター?マニュファクチャリング?カンパニー)に切り替えたことで、彼らの部材の調達状況、生産設備の稼働状況が大きく変わり、戦略的なリポジショニングやエコシステムの変更を迫られたことは、容易に想像がつく。
iPhone6 エルメス。。
 そうした中で、市場に対する責任を果たそうとした時、ウェアラブルや関連サービスといった「周辺領域」への事業拡大ではなく、本丸であるスマートフォンへの回帰とそれによる洗練に進んだのかもしれない。

 もちろん、競争は厳しい。そしてサムスンの背負う課題は、そう簡単に解決できるものでもない。しかし彼らのターンアラウンドが成功するのだとしたら、これも日本市場にとっては大きなインパクトとなるだろう。

 なにしろ現在、日本のスマートフォンは、「iPhone対その他」という状況であり、その他部分を事業者同士でつぶし合っている。しかしそうした小規模な消耗戦の中で、体力の消耗が相対的に小さく、またそもそもの製品の潜在能力が高いのは誰かと問われれば、やはりサムスンの名を挙げないわけにはいかない。
シャネルiphone6ケース。。
 これも次回以降に触れるが、日本のアンドロイドを牽引してきたソニーのXperiaの失速が、MWCでも目立った。だとすると彼らの占めていたメジャーポジションは、今後ゆるやかにサムスンが獲得していくことになるのかもしれない。
最新シャネルiphone6 ケース。。
● MWCとリンクする日本市場
iphone6ケース。。
 このように、MWCと日本市場の距離感は、これまで以上に近づいてきた。より正確に言えば、MWCというグローバル市場に、日本市場が近づいている、ということなのかもしれない。そのことを従来以上に強く感じさせられるMWC2015であった。

 では、具体的にどのようなトレンドがあるのか。次回は通信インフラ、その次は端末やサービスについて、それぞれ解説していきたい。
エルメスiPhone 6ケース。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vcbgdx
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vcbgdx/index1_0.rdf