孫の世話

November 30 [Fri], 2012, 14:11
義母のお姉さんの家は農家です。毎年、田植えや稲刈りなど大々的な行事はお手伝いにいきます。でも一昨年生まれた娘は2歳になったところで、歩くし、転ぶし、何でも手を出すし、一番危ない時期です。かといって、私が行って仕事を手伝わないで、子供の世話ばかりしていても、お手伝いに行った意味がありません。

そこでダンナに相談してみました。「お義母さん、子供のこと見ててくれるかなぁ」変な相談なんですが、お義母さんが子供嫌いってことでは無いんです。むしろ好きなんですが、それ以上にその時その時自分の関心のあることをしちゃう不思議な大人なんです。

お義母さんのそんなトコを分かってるダンナといろいろ相談しましたが、お義母さんがいるのに私の実家に孫をあずけていくはイヤミだから、連れて行こう。ってことになりました。お義母さんにはダンナがよく言っておくってことになり、当日家族揃って出かけました。

ダンナは私が聞いてもしつこいぐらいお義母さんに「頼むよ、目を離さないでよ」って頼んでいました。お義母さんはいつものように「はいよ〜大丈夫よ〜」ってあっけらかんって答えてます。少し不安でしたが、私もダンナも田植えの手伝いを始めました。

作業を始めて、2時間ぐらいして、思ったより暑いので、娘の着替えをお願いをしようとお義母さんを探すと、お義母さんも娘もいないのです。ついさっきまでそこにいたのに。私とダンナは大慌てです。従姉妹や叔父も手伝ってくれて、探しました。しばらくすると叔母がお義母さんと戻ってきました。

娘は一緒じゃありません。ダンナが「お義母さんアヤは?」ってすごい勢いで聞くと、お義母さんは一瞬ポヤっとして、それから「りんご畑だ…りんご見てたら、急にりんごジュース忘れたこと思い出して取り行っちゃった、荷物ひっちらかしたままだ。りんご畑行ってかたづけなくちゃ」って走っていきました。荷物よい孫でしょ〜。

って心で叫びながら、私も追いかけました。リンゴ畑につくと娘がお義母さんが残していった荷物を1人で片付けていました。それをみてお義母さんが「まぁアヤちゃんはばぁばのお世話ができるの!すごいね〜」って目を細くしてました。お義母さん、孫の世話をお願いしたんですよ。孫に世話されてどうするんですか…。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vcb9dzmy
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vcb9dzmy/index1_0.rdf