を絡めてアピールする取り組みの一環として、2人には今後も継

July 17 [Fri], 2015, 17:08
和歌山県の田辺市とJA紀南でつくる「紀州田辺うめ振興協議会」は5月から7月にかけて、産地から講師が出向いて、梅ジュースや梅干しなどの作り方を伝える梅加工講習会を全国95会場で開いた。今年は手軽に家庭でもできる加工法として梅ジャムの説明にも力を入れた。
iPhone6ケースグッチ

 参加体験型の講習会を開くことで、購買促進を図ろうと毎年開いている。講師はJA紀南や市、県農の担当者、「栄養サポート紀南」の栄養士が務め、スーパーなど量販店での一般消費者、量販店や市場の担当者、小中学生、料理・カルチャー教室生らを対象にしている。
エルメス6Plusケース

 昨年の91会場から増え、延べ参加人数は4056人だった。今年は特に、量販店や市場の担当者向けを7会場増やし、17会場で開いた。
iphone6ケース手帳型 人気担当者向けの開催を要望する声があったことや、梅の販売につなげるためには販売担当者の知識を高めてもらうことが必要だと考えたため。

 販売担当者や消費者の中には、熟して黄色くなった梅を、傷んだものと誤解している人もいるといい、熟度に合わせて、梅酒や梅ジュース、梅ジャム、梅干しに加工することで出来上がりや味わいが違うことを、写真入りのチラシも見せて説明。
シャネルアイフォン5 ケースパン食や若い人への薦めとして、冷凍梅と砂糖だけで手軽にできる梅ジャムの作り方も紹介した。

 田辺市梅振興室は「講習会でジャムを作ると香りが良く、作り方も難しくない 世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志選手と、元世界2階級王者の八重樫東選手が16日、和歌山県みなべ町芝の町役場を表敬訪問した。
時計 レディース小谷芳正町長は2人に梅干しなどをプレゼント。今後も継続的に2人に梅干しや梅製品を贈って支援する考えで「アスリートにとって梅干しが最適であることをPRしていただければ」と話していた。
iphone携帯カバー

 町や関係者によると、2人はボクシングの名門として知られる拓殖大学の卒業生で、県内の卒業生でつくる拓大学友会県支部の総会が白浜町湯崎の漁業振興施設「フィッシャーマンズワーフ白浜」であり、ゲストとして招かれ紀南地方を訪問。交流がある拓大OBの梅加工業、丸山幸雄さん(61)=みなべ町西本庄=が「今年の梅の日に行った『梅で健康のまち』宣言のPRにもつながれば」などとして小谷町長を表敬訪問することになったという。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー

 小谷町長は懇談後、2人に運動選手向けの梅干し「ウメパワプラス」や紀州みなべ梅干協同組合が作ったゼリー飲料「梅アクティーボ」、梅肉を使った「梅歯みがき」などをプレゼントした。内山選手は「梅干しは練習後、ご飯と一緒にだいたい毎日食べている。
iPhone6 ルイヴィトンこの時季は特に汗をかくので塩分補給が大事だし、クエン酸による疲労回復も、梅干しを食べるのと食べないのとでは全然違うと思う」。八重樫選手も「梅干しは食卓に並んでおり、うちの子どもたちも好き。
ガガミラノ 時計 レディース食べる頻度は高い」と笑顔を見せた。

 小谷町長は梅干しを食べることで脂肪が減少するという研究を進めていることなどを紹介。
ガガミラノ 時計 レディース「梅を食べて活躍する姿を全国の皆さんに見せていただければ」と話していた。

 町うめ課によると、スポーツと梅干しを絡めてアピールする取り組みの一環として、2人には今後も継続的に梅干しや梅関連製品を贈って支援していくという。
シャネルiphone6 ケース

最終更新:7月17日(金)17時7分ので家でも作ってみようという声があり、反応が良かった」と振り返った。

 振興協議会は、毎年、産地での「梅もぎ体験」の受け入れもしているが、今年の実績はバス27台、1035人と低迷した。
エルメス6Plusケース昨年は129台、4976人だった。今年は県外での梅消費PRに力を入れたことや、バスの料金引き上げなどが影響し、大幅に減ったという。
グッチ iPhone 6ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vbsxfg/index1_0.rdf