パンフレットのお客様の声を読んで意識する太陽光発電 

May 22 [Wed], 2013, 9:45
太陽光発電の設置をする人はとても多いです。


近所の家の殆どが設置しています。


太陽光発電のセールスもとても多いです。


真夏の晴れた日にはかなり冷房を使いますし、電力の利用量がとても増えてしまいます。


電力供給が切迫して計画停電も起きないかと心配です。


でも太陽光発電を設置していれば電力の消費量を抑える事が可能です。


太陽光発電で得た電力はオール電化住宅では効率良く活かす事が出来ると説明を受けました。


家庭の光熱費を大幅に抑えることができます。



余った電気は電力会社に売ることが出来るので、効果的に光熱費を節約出来るのです。


昼間に発電した電気は家庭で使えるので電気代はかかりません。


使用しても余った分の電気は電力会社に売ると毎月売った分の電気代が口座に振り込まれるのだそうです。


モニターで使用された電力が一目でわかるのだそうですが、これは別の意味で節約に貢献してくれそうです。


家族が電気の使用状況を意識できますし、使用量が多い時は節電に気をつけることも出来るからです。


パンフレットにもお客様の声として体験談が掲載されていましたが、自己負担額が0という人が沢山いました。