小説について

August 21 [Fri], 2009, 19:30
語ったからにはイラストや漫画についても語っておくべきかもしれない、 結構楽しい幼少時代だったように記憶している。 今「生きてて楽しい?」って聞かれたら多分殴る。 水のような青色は清潔感を表し、心を落ち着かせます。 生きてて楽しいかい? 楽しいですよ。 ひとりで生きていけないでも友達づらした奴といるのも正直つらい自己嫌悪と優越感がいっしょにやってくる不思議な感じにはもう慣れた。 キライな上司からのカチンとくる一言怒りをふつふつと腹にためているとカラダに悪いささやかに報復をして笑いに変えて遺恨はオウチまで持って帰らないようにしたいですよねワタシ だってこの方が生きてて楽しいからね。 Yahoo!知恵袋に参加しているMy知恵袋です。 生きているほうが大変だけど、楽しい事とか幸せな事に出会えるから。 これを書いている私は現時点で21歳だ。 泣きながら。 そのほうがたぶん、生きてて楽しい。 とにかく生きてて楽しいと思えるように、 いつも笑っていたいものです。
P R