ホワイトニングの弊害

October 26 [Fri], 2012, 12:38
歯医者で行われているホワイトニングの弊害について考えてみましょう。
ホワイトニングとは歯を白くするための方法全般を指しますが、具体的にはいろいろな方法があります。
ホワイトニングで弊害が出ると考えられるのは、漂泊するために強い薬剤を使用していることです。
一度だけならば問題ないでしょうが、それを繰り返すことによって歯が脆くなってしまうのです。
どのくらいやれば弊害が出てくるのかははっきりしたデータがあるわけではありません。
しかし、全く弊害がないと言うことはありませんから、よほどのことがなければホワイトニングをすべきではないと言えるでしょう。
ホワイトニングは歯を白くすることですから、歯の健康には直接的に関係しません。
歯の黄ばみがコンプレックスとなってしまっている女性もいますが、白い歯を取り戻せたからとってコンプレックスがなくなる保証はないのです。
また、ホワイトニングはすべての歯に効果があるわけではありません。
過去に虫歯治療をしたりした場合にはホワイトニング自体ができないこともあるのです。
ホワイトニングを希望するのであれば、まずは歯医者に行って相談することです。
どのような方法があるのか、その費用はどれくらいかかるのかと言ったことです。
内容によっては健康保険の適用を受けることもできます。
自分の歯がどのような状態なのかを知ることから始めましょう。
歯の状態が体の健康に影響することはよく知られていることです。
歯の健康を保つことが大切なのです。
http://plaza.rakuten.co.jp/zje79bob/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ホワイトニングの弊害
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vb2i7zqv/index1_0.rdf