日常的皮膚障害のアレコレ 

August 30 [Thu], 2012, 18:24
こんにちは、ミドリです。

今回は日常的に起こりがちな皮膚障害についてです。

いぼ

いぼはできると極端に気になりますよね。
そのいぼにも幾つか種類があって、足の裏にできるウィルス性疣贅、子供によくできる水いぼ、中年以降に起こりやすい老人性いぼなどが代表的なものです。
ウィルス性疣贅は感染の可能性はあるものの、健康な皮膚には感染する恐れはほとんどありません。
次に水いぼは伝染性軟属腫ウィルスが原因で、プールなどの水場で感染を起こします。
アトピー性皮膚炎を持つお子様は特に注意が必要です。
そして老人性いぼは皮膚の老化によって起こります。
表皮の角化細胞が増殖していぼが形成されますが、悪性化の心配はほとんどありません。
これらのいぼは自分でも除去できますが、感染すると厄介なので、医師に相談した方が得策と言えるかも知れません。
治療法としては切除、レーザー治療、注射治療、薬剤、凍結療法などが一般的です。

しわ

年を取ると嫌でもしわが増えます。
老化現象の一つなので、仕方が無いと言えばそうなのですが、可能な限りしわは少なくしたいものです。
しわはヒアルロン酸の減少によって体内の水分が失われ、肌が乾燥して弾力を失い、しわができやすくなってしまいます。
そこでヒアルロン酸の補給やコラーゲンの使用が効果的とされますが、現在では市販の化粧品やスキンケア用品にもこれらの成分が含まれるものが多くあります。
他にも皮膚の下にコラーゲンを注入することで、皮膚のたるみを取り去るという方法もあるようです。

それではまたの機会に。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミドリ
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる