日本に帰る日、略してGBJD 

June 24 [Sun], 2007, 12:19
明日は何の日だーい?

日本に帰る日ィ!!

略してー?

GBJD!!

(Go Back Japan Day)

そういう訳で今日は友達とお土産を買いに行きました。
お土産って言ってもお菓子なんですけどね。
こんな田舎におしゃれなお土産が売ってるはずないですから。

雪もシャーリーのおかげか、降りませんでした。
でも雨は降っています。

あれ・・・?

てるてる坊主って晴れの守護者じゃないの?

あ、すみません。
守護者とか某マフィア漫画の読みすぎですね。

でも、てるてる坊主って晴れってイメージより、雨ってイメージの方が強いですよね。

あたし晴れよりはの方が好きですよ。
そしてよりが好きです。

変換すると

あたし了平兄さんより山本の方が好きですよ。
そして山本より獄寺くんが好きです。

となります。

聞いてねぇよ(Д)

そんなツッコミが何処からか聞こえてきそうな気がしますが、気にしません。

獄寺くんより雲雀さんの方が好きっていうか、愛してますけどね。
ヴァリアーの場合でもこの法則は成り立つんですよ。

ルッスーリア→スクアーロ→ベル

すごくないですか?
あれ?なんかこれ…
ルッスーリアがスクアーロを好きでスクアーロがベルを好きみたいな感じになってませんか?

それもいいかも・・・
いや、でもあたしはBLより夢派なんで・・・




明日朝5時に家を出発します。

絶対道路凍ってるって・・・
もし滑って事故って私が死んだなら、毎週ジャンプを持って墓場に遊びに来て下さい。
そしてジャンプのREBORNと銀魂のところを音読して下さい。
あとお葬式の時にはREBORNのキャラソンを流して下さい。


生きていたら、また日本で会おう・・
友よ・・・











-ちこ-

シャーリー、君って奴は… 

June 23 [Sat], 2007, 18:09
へーい、ぼーいあんどがーるず

朝目が覚めて、カーテンを開けると、雪がつもっていました。

わーいわーい

と最初ははしゃいでいたものの、
「あー、この雪なら2日後日本に帰れないかもね」
というホストマザーの発言を耳にし、NZの気候を心から恨みました。

雪に殺意をいだいたのはこれが初めてです。

それから、そわそわそわそわ…
窓にてるてる坊主の絵を描いて「シャーリー」と呼んで可愛がったり、
天気予報を繰り返し見たり、
倖田來未の「Get up & Move!!」の踊りの練習をしたり(関係ない)

そんなこんなで雪は大分溶けていきましたが、天気予報によるとまた明日も雪が降るそうです。

おいおいそりゃないぜ、シャーリー?

そういえば今日、車でスーパーに向かっている途中、車がすべって歩道へつっこみました。
一瞬驚きましたが、いつものことよと軽く流しました。

そんなデンジャラスな日々の中…
私は必至に生きてい…るわけあるめー。
意思もなくだらしない私が一生懸命生きるなんて無理に決まっています。そうです。

・・・話がずれてきたので、戻します。

窓を見るとシャーリーが消えかかっていました。

待って、シャーリー!!

どこへ行くんだい?!

シャーリー何処まで引っ張る気ですか、わたし。
そしてシャーリーは何処にも行きませんよ。

また明日も描いてあげるからね、シャーリー・・・














-ちこ-

ダンスって案外難しいものですね 

June 22 [Fri], 2007, 17:11
やけに痛い雨だなーと思っていたら霰がふっていました。

やけに足が痒いなーと思っていたら霜焼けになっていました。

そんな寒い日が続いています。


今日で学校行くの最後です。
いや、正確に言えば2学期終了ですね。
また3週間後から学校が始まります。



今日はアイステ予選2日目でした。
ダンスとエンターテイメントの予選がありました。

すげーダンス上手い姉妹がいました。
あと小学6年生の男の子も超上手かったです。

あたしより4つも下なのに少しときめいちゃったじゃありませんか。

で、またもや友達と来年は倖田來未の「Get up & Move!!」で優勝狙うか、とか言ってました。

本気ですよ?

来年はダンスで優勝してみせます。
あと予選は何個でも出てもいいんで、歌もでます+゜

NANA風に・・
あたしドラムやるんで(∀)
他は友達がやってくれるぽいです。

BAM、よろしければ私にドラムを教えなさい。(あれ?口調変?)

バンドの方はまだなんとかなると思うんですけど、
ダンスの方がね・・

倖田來未のダンスめっちゃ難しいんですけど!
あんなの出来るのかな、
でもアレができたら優勝確実だけども!!

とにかく今から来年にむけて友達とダンス練習します。
日本人の友達にダンス上手い子がいるんで+゜

NZの友達と一緒に習おうと思います!





そういえば今日は虹を見ました。



なんか気分がいいです。
















-ちこ-

これが私の日常その他もろもろです 

June 21 [Thu], 2007, 17:13
今日アイステの予選1日目でした。
あたしの出番は明日なんで今日は見てるだけだったんですが…

うまっ!!

高1,2の人、歌がめちゃめちゃ上手いんですよ!
中には作詞作曲しちゃってる人なんかもいて…

すげー感動しました!
そこらの歌手なんかよりずっとずっと上手い。
やっぱり外国の人は歌唱力ありますね。

日本人はやっぱ歌唱力まだまだですね。
だって普通の高校生が歌ってるんですよ。
それなのに日本の歌手(一部を除く)より上手いんですから!

下手な人ももちろんいるんですけど、そんなの記憶に残らないくらい…
そんくらい上手い人の歌はすごかったです(Д)

見てたら自分も歌いたくなりました!!
いや、下手なのは承知してるんですけど…
来年はゴス・パンクな格好してロック歌おうぜ♪とか友達と言ってました☆


明日詩を読まなきゃならんのですが…
英語の発音だめだ…

だって今日友達に「何の詩読むの?」って聞かれて、その詩の1行目を英語で読んだら首かしげて「今の英語?」って言われましたからね…

すげーショックでした。
で、家に帰って即練習。
ホストファミリーに発音の仕方とか教えてもらって何回も練習しました。

なんとか通じるようになったぽいです…
少し安心。





話は変わって今日の昼休みのことです。
私は友達と外で昼ごはんを食べていました。

いきなり意味分からん言葉を叫びながら前を通り過ぎていく男子がいました。

私「何アレ?」
友達「なんかの行事じゃない?」
私「ふーん」

その次に学校の中からまたもや叫び声に近い歌声が聞こえてきました。

私「アレもなんかの行事?」
友達「じゃないの?」

そこまではいつもと同じ日常でした。
でした…



男子「○○と○○はゲイ〜♪」



私はその歌声が聞こえた瞬間「ゲイ?!」と勢いよく学校の方へ向き直りました。
残念ながら男同士でいちゃいちゃしているシーンは見れませんでしたが、その代わり友達にいいことを聞きました。

友達「こっちゲイ多いよ?」

素敵な情報をありがとう、友よ…

今度二人でゲイ探しにいこうか…

え?嫌?

そっか、じゃあ一人で行ってきます。












-ちこ-

ワォ、アイステッドフッドって何だい? 

June 19 [Tue], 2007, 16:40
変態です!!

あ…違っ…

大変です!!

明日からアイステッドフッドの予選です!!
アイステッドフッドって何だ?って感じですよね、いきなりすみません。

アイステッドフッドってのは、日本で言えば文化祭みたいなもんです。
いや、あれは文化祭なのか…?
ともかく!アイステッドフッドなのですよ!

なんか長いので略してアイステでいきますね。

アイステでは、個人やグループで歌を歌ったり、ダンスしたり、劇をしたりして、競い合うんですよ。
あたしは歌やダンスなんか人前でやる気力なんてないですし、劇なんてそんな恥ずかしいもの…
ということで、先生が詩を読めというので詩を読むことになったんです。

詩は自分で選べるので、詩集の中から一番短い詩を選びだしました。

いつも小さな夢を さりげなく燃やして

いつも小さな風を さりげなく温め

いつか美しい詩を一遍 さりげなく仕上げて


って詩なんですけど、日本語と英語両方で読まなければいけないんですよ。
日本語で読むとか恥ずかしっ!!
ていうか、あたしアイステの本番の時はもう日本帰ってる日なのに…

なんで予選でなきゃならんのですか!(怒)

いやよいやよ

あんな野蛮人たちの前で詩を読むなんて!!
絶対後でからかわれるのが落ちなのよ!

「へーい、ちこ。何だいあの詩は?」
「それよりやる気が全然ないじゃないか?」
「さりげなくばっか言いすぎだって」

あああ…考えただけで怖い。

ていうか「さりげなくばっか言いすぎ」ってそういう詩なんだから仕方ないじゃないですか!
(妄想の中のセリフにつっこみを入れるな)


あー怖い。学校まじ怖い!
日本人ってだけで差別されるんですよ?

ふふ、なんだよなんだよこんちきしょー

お前らより1つ年上なんだぞこら


と心の中で唱えながらなんとか1日をやり過ごしています。
悲しい奴ですね。
でもそうするしかないんですよ!


それより、日本人の友達が今日、日本に帰っちゃいました。

え?取り残された?

本当ならその子と一緒に帰れるはずだったんですけど、チケットが取れなかったせいで帰れなくなっちゃいました。私だけ。

今日帰れたらアイステ出ずにすんだのに(泣)


そんなこんなでお守り握りしめて、明日かあさってかそのまた次の日か…アイステ予選頑張ってきます!!


そうよ、ちこ

周りの目なんか気にしちゃだめよ!


つまづいても笑い飛ばして裸足で歩いてもいいんじゃない?
周りの目を気にしていたら小さい女で終わりだから

                by(愛しの)くぅちゃん







日本に帰れるまであと5日!!










-ちこ-

アリプロ愛  

June 14 [Thu], 2007, 16:14
お久しぶりです、こんばんわ。

さぼってて本当

すみまっせんしたー

いや、色々忙しいんですよ、こっちもね。
学校は…まあ、楽しくはなってきたんですけどー
もっと、なんかこう…

遊びたい(´Д`)

カラオケ行きたいんですよ、カラオケに!!
熱唱したいんですよ…倖田來未とアリプロを!!

あ、そういえば今日のブログのタイトルは「アリプロ愛」でしたね。
ということで今からアリプロについて語ってやろうと思います。

えーと…
アリカ姐様は神ですよ、神!!!!!!
あれはまさしく神の歌声です…(ω)

新曲の「跪いて足をお嘗め」はさいこー
「女王様とお呼びなさい」ってところとか、アリカ姐様のイメージにぴったりですよ!

前の曲だと、戦争と平和、肉体の悪魔、阿修羅姫、禁じられた遊び…とか愛してますね。
聞いてみなさい!一度でいいから。
いや、5回くらい聞いて頂けると嬉しいんですけど…
アリプロの良さはきっと1回じゃ分かんないかもしれないんで。
聞けば聞くほどはまっていく!って感じです。

とにかく

ネ申

なので…♪

跪いて足をお嘗めを聞いてみてください☆

そして、怪物王女にもはまっちゃってください…+゜




あ、最近漫画はまってます










-ちこ-

小説とかじゃなくてですね… 

June 04 [Mon], 2007, 13:10
始まりは何所かの城の地下室

ロウソクの灯りだけで照らされたその暗い部屋に、ちことその仲間たちは居た。


「ねぇ、この男の子に苺と牛乳を飲ませればいいんだよね?」

「そうよ」


目の前の白いピアノの上に座っている少年を指差し、ユンは言った。

赤い瞳をしたその少年は黙ったままピアノの上に座っている。


なぜ苺と牛乳を飲ませなければいけないのか、というと…

少年は「犬神」という魔物にとりつかれている。
苺と牛乳を飲めば、その魔物の姿に変身してしまう。
その魔物をとりはらうには、その少年を魔物の姿に変えて、戦い倒さなければならない。

そんなわけで、少年は魔法が使えるちこ、ユン、ロッタのところに依頼にきたというわけだ。


そして今こうして苺と牛乳を少年に飲ませようとしているところなのだが、

「今、苺牛乳飲みたい気分じゃない…」

と予想外の反応。

自分から依頼しにきておいて、それはないんじゃない?と3人は一瞬思ったが、ここで依頼を断ればせっかくの客を逃し、また貧乏生活に逆戻りしてしまう…


「今じゃなくても結構ですわ。しかし…」

ロッタはそう少年に告げると、続きを言いずらそうにちこに目線を向けた。

ちこは、ロッタが言いたいことが分かると小さくうなずき、少年の前まで行くとこう告げた。


「あんたあたしがいいって言うまで苺牛乳飲んじゃだめだからね!」


少年は驚いた様子も見せず、無言でうなづき、部屋を出て行ってしまった。

「なんなの、あいつ…」


ちこが放ったその言葉は静かな部屋に響き渡った。




一方、こことは違う城で世界征服をたくらむ何者かが動き初めていた。

「あの少年を使い、まずはこの町を消滅させてやる」





次の日。

ちこはベルと仲良く学校でおしゃべりを楽しんでいた。

「それでさー、昨日その男の子が…」

「あ、ごめん!俺職員室行かなきゃいけないんだった!!」

「えー?また?…しょうがないなあ…じゃ、ばいばーい」

「まじごめん!また後で」


ベルが職員室に向かってしまい、一人になったちこは校内をうろつく。

誰もいない…

その時気づく。

「なんで誰もいないの?」

いつもこの時間には沢山の生徒が登校を終え、学校内に居るはず。
なのに、今日はベル以外誰にも会っていない。


「何してるの?」


ふいに後ろから声をかけられ体がびくりと反応する。

「誰?!」


振り返れば、見なれた黒髪に黒い学ラン。
袖には風紀のしるし。

「雲雀さん?!」

「そうだけど、何そんなにあわててるの?」

「それが、誰も学校に…」

「ああ、そのこと。僕もさっきから気になってたんだけど…群れをみないですむし、気にしないことにしたよ。」

「そ、そんな吞気なこと言ってる場合じゃ…!!」

「それじゃ、僕は応接室に戻るよ」

「え、ちょっと!待って下さい!」


そう叫んだ時には、雲雀さんはすでに応接室に向かって歩き出していた。

またもや一人になってしまったちこはとぼとぼと学校の外に向って歩き出した。




学校の外に出れば、沢山の生徒が集まっていた。

「大変よ!誰かが犬神とか世界征服とか訳分かんないこと言って、男の子を学校の中に監禁しちゃったの!」

「え?!男の子って…赤い目をした?!」

「そう!」


まさか、苺牛乳を飲ませる気じゃ…!!

「誰?!その連れて行った奴って!!」

「分かんない…」


どうしよう。


このままだったら、学校の皆を巻きこんじゃう!!

犯人が苺牛乳を飲ます前に、探し出さなくちゃ、


そう思い学校に入ろうとした瞬間、地面が揺れだした。


「地震?!」


みるみる目の前にある学校は崩れてゆく。

騒ぎ出す生徒達
あまりにも大きな揺れに動けない自分


そして崩れた学校の中から出てきたもの、それは



「ショートケーキ?」



苺が沢山のった、学校くらいの大きさをした、巨大なショートケーキだった。


まさか、苺と…牛乳(生クリーム)?

これを、あの少年に食べさせる気?!




は、はやく止めなくちゃ!!


でも一人じゃなんともできない…

「ロッタとユンは?!」



「わ、わかんない…」



魔法が使えればすぐにでも助けられるのに!!

でも、学校の皆に自分が魔法が使えることは秘密。


「助けてー」


ふいに顔をあげれば学校にとりのこされた生徒たち。

秘密とかそんなこと言ってる場合じゃなさそうね、

そう思い地面に落ちていた枝を拾い、魔法でほうきに変える。


そのほうきにまたがり、ユンとロッタ、とりのこされた生徒たちを探す。







ユンと他の生徒たちはすぐに見つかった。

しかしロッタだけがいない…


この木の枝じゃ、大きな魔法が使えないから、ロッタを探し出せない…

どうすれば!!

そう思った瞬間、一人の少女が現れる。



「私、武器作るのが仕事なんです」



「そ、それじゃあ、魔法の杖を…!!」






*********END**********





ナレーター「何の話ですか?」


わたし「昨日みた夢の話です」











-ちこ-

SMはお好きですか? 

May 28 [Mon], 2007, 17:45
こんにちわ
テンション下がりっぱなしの管理人です。こんにちわ(2回目)

日本に帰りたいです。
こっち厳しすぎです。

門限5時

ワォ

ありえねぇぇぇぇ!!!!!


門限5時って何ですか、殺す気ですか、新手のいじめですか。
どうせ帰っても何もすることないのに、暇なのに。
なんなんですか、いったい。

あたしを縛って何が楽しいの?!

SMならお店でやりなさい!!


あたしどっちかっていうと、Sなんです!(聞いてないから)

そして門限守って家に帰れば、
「映画見に行ってくるから7時半に帰るね、ご飯は食べたかったら作って食べてね」

なにそれ、どういうことですか。
映画?ご飯作れ?
おま、ちょっ、そんな、

束縛プレイの後は放置プレイですか?!

放置するくらいなら最初っから構わないで!!

ちなみにパイレーツオブカリビアン3を見てきたそうです。
こんちくしょう。あたしも見たかったんですけど!

ジョニー!!!

もちつけ
「いや、もちついてる暇とかないから」
意味違う!!

落ちついて下さい


そしてある日、あたしが友達と遊んでたら、

ホストマザー「その子はあなたに悪影響だからもう会っちゃだめよ」

意味わかんない。
悪影響ってなんですか、悪影響って。
友達まで決められるって、そんな、

あたしを縛りあげて何が楽しいのよ?!

やるならもっときつく縛りなさい!!

嘘です。ごめんなさい。
ほんとは縛りあげる役にまわりたいんです。(だから聞いてねぇよ)

そして、最後は

「あなたがどう言おうと日本に帰らせない」


ちょっと気持ち悪いんですけど。
いや、帰らせて下さい。
そんな帰らせないって、あなた、

あたしをいたぶって何が楽しいの?!

いたぶるくらいならいっそのこと殺しなさい!!

いや死にたくないですけどね、本音を言えば。
それくらいSにとっていたぶられる事は地獄なんですよ。(知らないから)


さて、今日はSMについて沢山勉強できましたね。
学校でこのセリフを友達に言ってみよう。
れっつ、ちゃれんじ

次回はBLについてだよ☆

ちゃんねるはそのまま!

まった来週〜




なに、このテンション





-ちこ-

変な奴 

May 27 [Sun], 2007, 18:12
昨日ブログをさぼったちこちゃんです
うわお、自分でちこちゃんとか肝いね(・∀・)

今日は日本人の友達と昼から遊んでました
で、それがですね…

このあいだ一人で帰ってたら、向こうから一人音楽を聴きながら超ノリノリで首振って歩いてくる男の子がいたんですよ、
それでいきなりその人と目があって

「え?日本人?」

とか聞かれてうなずいたら、近づいてくるんですよ!!

肝!!

だって顔も肝いし…
その前に一人で音楽聴いてノリノリの変な奴が近づいてきたことが肝いからね。

その時は軽く無視して家に帰ったんだけど、
今日、友達がその肝い奴を連れてきて…

まぢかよ


顔見た瞬間笑えてしょうがなかったね、
だって肝い!

あたしの家に一緒にいた友達もその男に会ったことあって、すげー嫌な顔したからね、
それにもかなりウケたよ


その後、KFC行って食い物つまみながら2時間くらい話して…
すげー盛り上がった。
てかテンション上がる上がる
久しぶりに日本語で話せたことが嬉しかったな、
楽しかった、
こんな楽しかったの久しぶりだからね
嬉しくて涙が…(出ない)

明日ピアス開けに行きます
怖い…
痛そう!だけど開けます、
だって、

いや、別に理由とかないけど。


ということで寝ます、
どういうことか分からないけど寝ます!

あ、ちなみにこっち日本より3時間早いんで!







-ちこ-

失礼しちゃうわね 

May 25 [Fri], 2007, 14:11
今日学校で初めてテストがありました…
数学です、文章問題ばっかりです、しかも全部英語です、
もちろん全部わかりませんでした(´‐ω‐`)

今日、日本人の友達が家に遊びにきて、
色々あたしのCDをあさってて、くぅちゃんのCD(大量)を見つけて

友達「なんで倖田來未好きなの?あたし好きじゃない、浜崎あゆみに似てない?」

似てないよ(Д)

その時は「あ、そうかな?」とか軽くかわしたけど、
内心ちょっとカチンときたからね。
本人目の前にして「あたし好きじゃない」ってひどいよね、
もっとオブラートにつつんでほしかったな()

そして、アリプロのCDを見つけ、「誰??」って聞くから「ア二ソン歌ってる人」って答えたら、
聴きたいってゆーから、聴かしてみたら、

友達「あはは、…グロい。なんか肝い」

肝くないよ(Д)

てか、失礼だよね。
確実に失礼だよね、
肝いはないよね、
その時も「………ははっ、…」って軽く流したけど、
内心ブチッときたからね。

その上、ヴィドール聴きたいってゆうから聴かせたら

友達「え?!こんなのが好きなの?!信じられない」

もういいよ、信じなくていいよ(Д)

本当に今日は傷付いたよ、
中学の頃の友達は分かってくれる人が一人は居たのに…
ヴィドも友達の影響だし、アリプロもくぅちゃんも結構好きって言ってくれる子いたのに…
あっははー、てか
その友達にあたしオタクだってバレたな、絶対。

だって、パソコンのデスクトップREBORNだし、
アニメのDVDとか置いてたし、、
いいよいいよ、もう開き直ってやる!!

あたしはオタクだーい

オタクで何が悪い、
オタク分からない奴は時代遅れだ!

この時代オタクなんか沢山いるじゃん!
てか、夢中になってることがあるんだから、いいことじゃないか(´・Å・`)

オタクばんざい
オタク最高
オタク素敵

あ、なんか余計むなしくなってきたのは気のせい?

「木の精?そんなのいねぇよ、お前の頭の中本当ファンタジーだよな」

頭の中ファンタジーって何?

いや、あたしが言ったんですけどね、
ちょっと頭が狂ってきてるみたい、
前からとかそんなんじゃないから。
最近おかしくなってきたんだ。
あれ?前からだったかな…

とりあえずごめんなさい
(何の話してたっけ)




-ちこ-
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:variasqu
読者になる
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ちこ
» ダンスって案外難しいものですね (2007年06月23日)
アイコン画像BAM
» ダンスって案外難しいものですね (2007年06月22日)
アイコン画像茶葉
» 小説とかじゃなくてですね… (2007年06月07日)
アイコン画像BAM
» 小説とかじゃなくてですね… (2007年06月05日)
Yapme!一覧
読者になる