励まされるCM

November 05 [Mon], 2012, 18:06
これを見ると、すごくジーンとくる。
こう言える大人が、何人いるだろうか。
ゴールが見えないとか、なんでやってるのかとか、その前に小さいことでもやっていることに誇りを感じて、それを子供の前で堂々と言える人って、何人いるのだろうか。
この間、冷たい熱帯魚って映画がネットに流れていた。
表面的にはいい人であり、人の心をすぐ掴む優しい人間。
でも、弱い人間を簡単に食い物にする大人。
周りに流されて、現状に流され、生きることを放置する大人。
埼玉県愛犬家殺人事件をモチーフにした映画らしい。
その映画を作った監督は、映画のコメントにこういった。
夢とかネットで稼ぐ 0円希望とか、それを訴えている映画を見ると吐き気がする。
現実はもっと悍ましいし、そんな夢見で乗り越えられるほど甘くはない。
夢とか希望を言う前に、行動しろまたそれとは別の冊子にこう詠う人がいる。
現実が思い通りにいかないなんて、生きていれば誰もがぶち当たる壁であり、誰もが感じる絶望である。
でも、人は弱い生き物であり、夢を持ち行動しなければ、その壁は到底乗り越えられるものではなく、その絶望に押しつぶされてしまう。
だから、私は人に夢を語るものを今後も訴えていこうと思う前者を語る人を人は現実を見ているというのだろう。
そして、後者を語る人間を人は理想主義というのだろう。
私は、ホームランを打てる強い人間ではない。
同時に、バントを打てるほど忍耐強い人間でもない。
だが、後者の理想主義者のようにホームランを打てる人とバントを打てる人それぞれが自分の生きる道を誇りをモテる人間でいたいと思う。
これは初めて見たとき、そして今の状況から見てみたいと思ったCMです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vaqft1yb9f
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vaqft1yb9f/index1_0.rdf