寸足らずの恥ずかしいカーテンとジョイントマット 

March 20 [Wed], 2013, 9:02
3年間住んだマンションを離れ、アパートに引越しをしました。その部屋は2DKで日当たりが良く、築年数も10年と比較的新しいアパートです。

浴室には希望通りの追い焚き機能が付き、たくさんの収納スペースもあります。設備も周辺環境も良く、私にとっては大満足の部屋なのです。

しかし、1つだけ欠点がありました。それは、お気に入りのかわいいジョイントマットは大丈夫でよかったのですが、今まで使っていたカーテンでは寸法が合わないという事です。

アパートの窓の方がマンションの窓より高さがある為、カーテンを着けてみたら寸足らずで下の方が丸見えの状態だったのです。

しかも、部屋は1階でベランダがない造りなのではっきりと外から見えてしまいます。これでは、生活しにくいと思い新しいカーテンを購入しました。

引越し先を決める時、カーテンの長さの事など全く気にしていませんでした。もし、この先また引越しをする機会があったら、カーテンの事も頭に入れて部屋探しをしようと思います。

5、6年の間何度も見た同じ夢 

December 29 [Sat], 2012, 12:01
私は20代の頃、同じ夢を何度も見た事があります。夢の内容が全く同じなので、恐怖さえ覚えた事もありました。

当時、実家暮らしで自分の部屋で寝起きしていました。私はベッドで寝ていたのですが、寝る前は横になりながら本を読む習慣がありました。しかし、ベッドサイドにライトがなかった為、天井の照明を付けていたのです。

天井の照明はヒモを引いて、つけたり消したりするものでした。そのヒモは短いので電気を消す時はベッドから立ち上がらなければなりません。それが面倒で私はヒモを足して長くして、起き上がらなくても電気が消せるようにしていたのです。

ここからが夢の中の話で、私は自分の部屋で寝ています。そして夢の中の私は怖い夢を見ていて目が覚め、怖いので電気をつけようとするのですがつかないのです。夢の中でも照明からは長くヒモが垂れ下がっていました。

そのヒモを何度も引っ張りますが抵抗があってつきません。起き上がろうとしても体が動かないのです。そこで、目が覚めるのですが、私はとてもドキドキしています。

そんな夢を5、6年の間数えきれないくらい見続けてきました。そして、結婚を機に一切見なくなりました。同じ夢を何度も見るのは何かの忠告なのか、それとも偶然なのか真相は謎のままです。

呂律がハッキリしない親切な人 

October 27 [Sat], 2012, 11:12
最近は、全然、行けていないが、昔は旅行が好きで、日本のあちこちを旅した。

見知らぬ土地だと、迷い子になれるようなスリリングな感じが好きで、ガイドブック片手に、田舎を周ったものです。

でも、私には、変な性癖があって、なかなか人に道を聞けないんです。

何でかっていうと、負けた感じがするからなんです。

でも、ガイドブック片手に歩いていても、どうしても分からない事って出て来ます。

すると、いつまでもウロウロして、日没を迎えるわけにもいかないので、意を決して、道を知っていそうな御老人に、声を掛けるのですが、それがねぇ、、親切なんだけど、呂律が回らない人の場合があって、、、

「あのーすみません、旅の者ですけど、〇〇までは、どういったらいいですか?」

「あー〇〇は、ここをふならがねま 曲がってな 次の角をのみやぱらこくてな、、」

まさか、聞き返すわけにもいかないので、早々にお礼をいって、そこを後にするんですけど、こういう御老人程、熱心に道案内するので、何だか申し訳なくなります。

公党の代表選挙の制度がこれで良いのか 

October 01 [Mon], 2012, 17:26
現在、自民党総裁選挙の真っ最中であるが、この選挙の行い方について疑問に思った人は多いのではなかろうか。先日の民主党代表選の時もそうであったが、地方票の開票が終わってから国会議員が投票を行っているのである。

つまり、民主も自民も議員だけには後出しジャンケンの特権が与えられていることになる。しかも、決選投票にもつれ込んだ場合には、地方票はカウントされずに議員票だけで済ませるそうではないか。これでは党内民主主義どころの騒ぎではあるまいし、議員が自身の信条を貫くこともできにくくなるではないか。

いかに党の代表者は公職ではないにせよ、国から政党助成金を貰っている公党である。公職選挙法を遵守せよとまでは言わないが、それに準じた党則を定めての選挙も行えないとは呆れる。

日本維新の会の橋下徹代表が首相公選制を唱えるのは、このような不自然な形で内閣総理大臣が決められることに対する国民の苛立ちを受けてのことと推察される。自民も民主もそのような国民の空気を読めないから、第3極に大いに揺さぶられてしまうのではあるまいか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vani
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる