「パズドラ」人気いつまで続く? スマホ持たない子供にも浸透

December 31 [Tue], 2013, 9:33
ガンホー・オンライン・エンターテイメントのスマートフォン(高機能携帯電話)向けゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の勢いが止まらない。今月18日、国内ダウンロード数が2200万件を突破。昨年末時点の600万件から、この1年間で4倍近くに伸びた。4月には同社の時価総額が一時1兆円を超えた。

 「長期的に人気を得るブランドに育てたい」。ガンホーの森下一喜社長兼最高経営責任者(CEO)はパズドラの今後についてこう思い描く。その手の内が少しずつ見えてきた。

 今月12日には、任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けに「パズドラZ」を発売。ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するKADOKAWAエンターブレインブランドカンパニーの推計では、パズドラZは発売から4日間で53万本超が売れ、滑り出しは順調だ。

 発売前に東京ドームシティ(東京都文京区)で開いたイベントには、多くのパズドラファンが集結。小中学生や幼稚園児の姿もちらほら見え、スマホを持たない子供にも、パズドラは浸透しつつある。

 来春には、スクウェア・エニックスと手を組み、ゲームセンターのゲーム機にも進出する。パズドラの世界観や、画面を指で触って操作する仕組みはそのままに、オンラインで最大16人と同時接続してトーナメント方式で対戦できるのが特徴。ガンホーにとっては、ゲーセンで気軽に遊ぶ消費者を取り込む狙いがある。

 こうした人気コンテンツやキャラクターの水平展開は、バンダイナムコホールディングスなどゲーム各社が推し進めている王道の戦略だ。新興のガンホーの勢いがどこまで続くのか、当分は目が離せない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vandalwzl
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vandalwzl/index1_0.rdf