ああラクロス 

October 25 [Tue], 2005, 15:09
10月23日
試合に負けた。四年間積み重ねてきたものががらがらとくずれた。
私はしばらくしゃがんだまま動けなかった。
負けるはずない、勝って入れ替え戦に行って、一部に昇格して終わるはずだった。
何で負けたのかなんてたぶん誰にもわからないんだろうな。
あと少しの小さな望みにかけて他のチームの不幸を願う。
そんなことしてどうなるんだか。
どうにもならない。
どうにもならないのに。

あと残り一試合、下の学年をスタメンとして起用することを四年生は決めた。
来年につなげるために。
最後の試合になるかもしれないのに四年生はそれを決めた。
それを後輩はしっかりと受け止めてくれていたように見えた。
すくなくても今日は。
明日からどうなるかなんてだれにも分からない
でもやるしかない。いま変わらないでいつ変わるんだ。
そんな気持ちを胸に後輩は頑張ってくれるはずなのだ。
そんながんばりを練習でそして試合で少しでも(ほんの1mmだっていいのだ)
感じられたならば私たち四年生はきっと清清しい顔をして去っていける。
四年生がすがすがしく去っていくには
自分たちが試合に勝って終わることではなく、
もうこれしかない。
と今は心からそう思う。
P R
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vanbach2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる