バレンタインデーとは

バレンタインデーは、

セントバレンタインデー(St. Valentine's Day)ともいわれ、

毎年2月14日 男女の愛の誓いの日とされています。


バレンタインデーの始まり

バレンタインデーの起源

セントバレンタインデー(St. Valentine's Day)、つまり「聖バレンタインの日」という意味で、バレンタインという人が起源となっています。



その昔ローマの皇帝が、兵士に対して結婚を禁止してしまいました。

理由は、結婚して愛する家族ができると、戦争に行きたがらない若者が増えてしまったからです。


それでは困るというわけで、結婚禁止令が出されたわけですね。


そこで、キリスト教司祭であったバレンチノ(英語読みではバレンタイン)が、

結婚したくてもできないでいる、かわいそうな兵士たちを、こっそり結婚させていたんです。



それを知った皇帝は怒り、最終的にはバレンチノさんは処刑されてしまったんですが、

その日が2月14日だったそうです。



その後、愛の象徴とされたバレンチノさんを記念して、

2月14日をバレンタインデーとして、男女の愛の記念日とされるようになりました。

日本のバレンタインデー

日本のバレンタインデーの歴史


1936年、神戸モロゾフ洋菓子店が、
バレンタインチョコレートの広告を初めて出します。

1958年、伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが
「バレンタインセール」というキャンペーンを行いました。

だけどこのときは、どちらもほとんど売れませんでした。


しかしその後、女性をターゲットにしたバレンタイン合戦が繰り広げられて、

日本人の中にバレンタインデーが浸透し、

女性が男性にチョコレートを贈るという、現在の形が作られていきます。


バレンタインデー世界では

世界のバレンタインデー


バレンタイン発祥の地イタリアでは、2月14日は

「サン・ヴァレンティーノ」と呼ばれ、宗教行事のひとつになっています。

またの名を「フェスタ・デッリ・インナモラーティ Festa degli innamorati(恋人たちの日)」



欧米各地では、バレンタインデーは愛を告白する日ではなく、

恋人たちが愛を確かめ合う日とされています。

お互いに、カードや花、チョコレート、ケーキなどの贈り物をする風習があるようです。

義理チョコどうします?

職場で義理チョコをもらったらお返しする?


職場での義理チョコのやり取りに関して

・ない方がいい
全体で74%(「ない方がいい」39%+「どちらかというとない方がいい」35%)

その理由として、面倒だから(73%)お金がかかるから(62%)

・あった方がいい
全体で26%(「あった方がいい」3%+「どちらかといえばあった方がいい」23%)

その理由として、コミュニケーションを深めるにはいい機会だから(73%)、日頃の感謝の気持ちを表すのにいい機会だから(69%)
(マクロミル調べ)



バレンタインデーシーズンはチョコレートが飛ぶように売れます。

チョコレートメーカーが始めて広まった、バレンタイン=チョコレートの図

好きな人だけじゃなく、義理チョコ、友チョコなんていう風習も広まり、

現在バレンタインデーのチョコレート売上高は、なんと700億円にも上るそうです。

チョコレート業者の戦法に踊らされず、

本来のバレンタインデーの意味をもう一度考え直してみたいですね。