不妊の検査

June 17 [Fri], 2016, 9:50

夫婦両方で検査するのが理想だと言われたのですが、くどく言うと怒られ沿うな気がしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、それでも妊娠に至らず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。相乗効果なのか、ほどなくして下の子ができました。費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。適切な葉酸の摂取の結果、胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が明らかになりました。
そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が推奨しているんです。今では葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品に指定されているものもあります。


こうしたものは、安全性と有効性の高さから私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースがよく耳にします。お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。居住地の公的な助成金制度も活用できますが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る例が多いのが実情です。40歳以上でママになっている人もいるのだし、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。



実は私自身もすでにアラフォーですので、色々なものに追い詰められているようで、落ち込むことが多くなりました。
妊娠を要望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。



受胎時からお腹の中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があるのです。
こうした事を踏まえ、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、日常的なご飯以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行なうと良いですよ。


近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
普段のご飯で得られる量では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも販売されています。
サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。

妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは日ごろのご飯に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えて充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が通知を出しています。葉酸はいろんな食材にふくまれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。沿うしたサプリを利用する方は、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。

ですから無添加の葉酸サプリメントを見極めることも忘れないようにしてください。
栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方と言えば、ピジョンが発売している葉酸サプリです。ピジョンの葉酸サプリはいくつかの種類があるのですし、殆どの葉酸サプリに鉄分やビタミン、カルシウム(骨や歯などを作る成分で、不足すると骨粗鬆症になってしまう恐れがあります)など妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるという訳なんですね。この葉酸サプリなんだったら、いろんなサプリを複数飲む必要が無いため、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。

ご自身の食生活や状況に合わせて、不足しがちな成分が含有したサプリを選んでください。お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。

ここで葉酸が大切なはたらきをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。

今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。ですから、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。

とはいえ、妊婦にとって不足しがちな栄養素は様々ですから、葉酸以外にどんな栄養素が必要であるのか分からないという方が殆どだと思います。

沿うした場合、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。

ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。


例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。でも、葉酸には身体のバランスを調整してくれるなどの効果が期待されていますから、葉酸の摂取を続けることで母体の健康を保つサポートをしてくれるという訳ですね。妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのはご飯で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。具体的に、葉酸を多くふくむ食品は、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがあるのですね。


他にも枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。



ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリを飲むこともミスではありません。サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。サプリを活用すれば、毎日のご飯での摂取の負担なく、葉酸を済ますことが出来ます。妊娠を計画している、妊活中の方にとって、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類があるのですが、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。


葉酸が持つ効果としては、女性にとって嬉しい、貧血(赤血球やヘモグロビンの量が減り、血液が薄い状態をいいます)予防因子が含有されています。また、胎児の正常な細胞分裂に働聴かけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があるのです。

そのうえ、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。ですので、夫婦いっしょに大切なサプリであると言えますね。
葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中では例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類にふくまる栄養素です。葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。それは適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。


また、流産といった危険性を避けることが出来るという報告があるのです。厚生労働省の発表によりますと、受胎前から妊娠初期の方には1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも賢い方法だと言えます。


妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血に必須の栄養素です。

それは不妊治療にも効果を表し、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠のチャンスが直接的に増えるというわけです。
造血作用で血液が増えることで、新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能をふくむ代謝が活発になり、妊娠しやすい体つくりができるのです。



親友の話なのですが、妊活を頑張っていた頃、漢方を欠かさず服用していたようでした。
その子によると、体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)から変えたい、と考えているようでした。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら飲むことに抵抗がありませんね。


漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを妊娠しましたので、本当によかっ立と、私も嬉しく思っています。近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素なのですよね。


ですが、体調が悪い時には、ご飯自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも困難な場合もあるでしょう。

沿うした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、ご飯は控えめにして、葉酸サプリ等を利用すれば不足しがちな葉酸もちゃんと補給することが出来ます。
妊娠初期 葉酸サプリ



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:va3l3s2m3dj3m4
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/va3l3s2m3dj3m4/index1_0.rdf