ジュラルミンケーナの音

November 24 [Sat], 2012, 1:10
竹とジュラルミンとアクリル音に違いがあるでしょうか昨日の八王子大宴会ホセさんのジュラルミンケーナで大盛り上がりジュラルミンケーナを吹いての感想は、フルートみたいな音がするが多かったフルートみたいな音に聴こえるのは、銀色してるから人間は見た目にだまされるフルートは洋銀と呼ばれる銅と亜鉛、ニッケルの合金比重で比較すると洋銀は850gcm3ジュラルミン279gcm3竹106gcm3ジュラルミンはすごく軽い素材だから、洋銀よりも竹に近い比重だけみたら、ほぼアルミ見た目がフルートに似てるけど、中身は完全に違うフルートは洋銀と呼ばれる銅と亜鉛パンティー、ニッケルの合金比重で比較すると洋銀は850gcm3ジュラルミン279gcm3黒檀120gcm3竹106gcm3ジュラルミンはすごく軽い素材だから、洋銀よりも黒檀に近い見た目がフルートに似てるけど、中身は完全に違うそれでは、材質によって音に違いはあるのでしょうかジュラルミン竹アクリルで内径18oのケーナを用意全員でブラインドテストで素材で音に違いがあるかどうか確認みんな後ろを向いて、私が3つのケーナで同じ曲を吹きますさて、素材を当てクイズの結果はケーナ吹き9人とプロの弦楽器奏者3人で聴いて、分かったのは童子さんのみプラボー童子さんみんなが材質の違いが分からないことは当然ですTheJournaloftheAcousticalSocietyofAmericaという雑誌でフルートの材質の違いにのブラインドテストをしていますEffectofmetarialonflutetonequality1970vol49520523httpsccrmastanfordedumarlColtmandocumentsColtman106pdf銀と銅、木のフルートで内径を同じ設計で作る3本のうちから二本を選び3回演奏して、2回を同じフルートで、1回を別のフルートで吹いて3回の演奏のうちどれが違うものかを当てるというテストをプロフルート奏者にしましたその結果はまったく分かりませんでした銀と、銅は分からなくても、木のフルートくらいは違いが分かると思いがちですが毎日フルートの音を聞いている、プロの奏者でも木と金属の違いを聞き分けることができないこのような材質試験は、これだけではなく他にもたくさんの試験が行われていますが、どの試験も違いを確認できていません材質で音に違いはありますでも、聴き分けることができないくらい小さな差だし竹だから盾轤ゥい音、ジュラルミンだから堅い音という単純なことではないんですホセさんの作ったジュラルミンのケーナは、世界に誇れる日本の技術カッコイイし、音程正確音が固いとか、つめたい音、自然の素材じゃないといかん、フォルクには合わないみたいな扱いされないようにしなきゃいかんと思いました製品化されますから、関係者一同予約を入れましょう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:v9usgwz4sz
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/v9usgwz4sz/index1_0.rdf