PCI DSSの準拠はPCI DSS Ready Cloudがお勧めです 

2017年06月29日(木) 15時25分
1ヶ月以上も間を置いた更新ですが、またPCI DSS Ready Cloudに触れていきたいと思います。
それだけPCI DSS準拠に適しているからであり、高いコストでその準拠を諦めなければならない方を出さないためのクラウドサービスです。

自社でPCI DSSを構築したら高くつくので、他社のクラウドでその構築をする発想があるでしょう。
しかし初期費用が約1,050万円と高額で、数百万円安くなる程度です。

だけどPCI DSS Ready Cloudならば、初期費用が180万円しか掛からないので、リーズナブルな情報セキュリティを築くのは難しくありません。
一桁初期費用が違うのでかなりの差額なのは歴然です。

上記の結果をお知りになった方は、PCI DSSの準拠はPCI DSS Ready Cloudしかない!と本気で思ったのではないでしょうか。
導入意欲を促す極端な差額が、強烈なインパクトとなっているのは疑う余地が無いです。

pcidss準拠に特化したクラウドサービスの利用価値の高さに期待大! 

2017年05月18日(木) 18時00分
PCI DSS Ready Cloudはどんな利便性をもたらしてくれるのか見ていきましょう。
まずは他社のクラウドサービスと比べてツール選定や構築、運用の必要がありません。
pcidssを必要としている方の負担軽減も手伝って、人気を博するようになったクラウドサービスではないでしょうか。

PCI DSS Ready Cloudサポートサイトや各種設定がテンプレート化されたOSなどの準備を担ってくれるサービスでもあるため、pcidssの準拠の低迷を防ぐ効果が高いです。
pcidssの使用をご希望の方は、やっと自分に適したクラウドサービスが登場したとホッと胸を撫で下ろしたのではありませんか?

PCI DSS Ready Cloudが、pcidssとはもはや準拠困難ではなくなったことを声高々と宣言しているようなものです。
理想的な情報管理にpcidssの導入も賢い選択となるのではないでしょうか。
pcidssで守られる情報はきっと膨大な量に上ると推測されます。

カード犯罪に立ち向かうための期待の星 

2017年05月17日(水) 17時45分
情報は私達とは切っても切れないものなので、情報と隣り合わせの日常を送っています。
それ故に、クレジットカード情報などを盗み取ろうとする者が跡を絶たなくて、カード被害は深刻化しているのが実情です。

こうしたことから、PCI DSSで情報漏洩を防止しようとする取り組みが盛んとなり、先の被害の縮小化を目標にしています。
とは言え、年々巧妙化するカード犯罪にどう立ち向かえば良いのか分からない方が数多いでしょう。

PCI DSSはコストが高いから、あえなく導入を見送ることになったなどのケースが多々あると考えられます。
ですがPCI DSS Ready Cloudならば、低コストでPCI DSSを準拠させられるようです。

その準拠率の低さが気になる我が国において、そのクラウドサービスは天が与えたもうた希望そのものではないでしょうか。
PCI DSS Ready CloudはPCI DSS準拠に手間を掛けさせないようなので、第二の準拠法として注目されているかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:b7ys
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる