西島洋介 入場曲H−v76 

February 22 [Mon], 2010, 15:09


H西島洋介入場曲2008年2月2日、K-1 WORLD MAX 2008で佐藤嘉洋と開幕戦出場を賭けて対戦予定であったが、前野誠之
自身の両膝靭帯損傷のため欠場となった。西島洋介入場曲
2008年8月28日、小比類巻貴之から小比類巻太信(たいしん)に改名したことが発表された[5]。
「自分のなかの太い柱、軸となるもの」HOPE「何者にも立ち向かう“信念”」といった意味合いが込められている[6]。
2009年2月23日、K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜の1回戦で、西島洋介入場曲
アンディ・オロゴンと対戦。前野誠之クリンチによる減点を取られるも、2-0の判定勝ち。
準決勝は城戸康裕と対戦し、HOPE2RKO勝ち。決勝は山本優弥と対戦。1Rに膝蹴りからの連打でダウンを奪うと、
2Rにも積極的な攻めを見せる。しかし3R、ふらつきながらも前進する山本に押され、西島洋介入場曲
右ストレートでダウンを奪われる。その後何とか凌いで3-0の判定勝ちとなるも、HOPE解説の魔裟斗や谷川プロデューサーから、前野誠之
以前からの課題HOPEとされた精神的な弱さを改めて指摘されてしまった西島洋介入場曲 v76



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:v76
読者になる
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる