【高速道路新料金】川内国土交通委員長「6月の成案は無理」(レスポンス)

April 30 [Fri], 2010, 1:07
衆議院・川内博史国土交通委員長は、高速道路無料化実施の前提となる「道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」(財特法)の審議について、「6月の成案は無理。拙速は避けるべきである」と、語った。23日、記者のインタビューに答えた。

国土交通関連法案の行方を左右する国土交通委員長が、具体的な法案審議の見通しを語ったことで、前原国交相の無修正の「6月実施」方針は、大きな暗礁に乗り上げたことになる。

「(高速道路料金制度は)実施することが大事なのではなく、いい料金制度を作ることが大事」と、強調した川内氏。

「(前原大臣も)国会の審議を踏まえてということをおっしゃっているわけですから、衆参の審議を考えると6月実施にこだわる必要はない。それよりも国民のみなさんが、国会の審議を踏まえて『いい制度になったね』と言っていただけるような料金制度を、国交省と国土交通委員会とで作っていくことの方が大事」と話した。

国土交通委員会での財特法の審議入りは、連休明けになる予定だ。他の与党民主党の国土交通委員の国会議員も前原案には慎重で、成案までには時間がかかると思われる。

「もう5月でしょう。パブリックコメントも取らなきゃいけない」と語る川内委員長。NEXCO高速道路だけでなく、ETC車載器を前提とした首都高速や阪神高速も含めて、最終的な姿が見えるまでには紆余曲折がありそうだ。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金】小沢さんはないものねだりか
【高速道路新料金】前原国交相反論「方針通り進める」
ゼンリン、地図情報を帝国データバンクの企業情報サービスに提供
【スバルの先進安全技術】新型アイサイト、戦略価格と普及へのシナリオ
高速道路 新料金 特別編集

「カーブチーの日」制定へ 伊豆味みかん生産組合
<出資法違反容疑>いづみや総本社元社長逮捕 愛知県警(毎日新聞)
「泣きやまずカッとなった」生後1カ月の息子を壁に打ち付ける 傷害容疑で父親逮捕(産経新聞)
大阪・連続放火7件、一部関与24歳男認める(産経新聞)
<大極殿>平城宮跡に復元 皇太子さま出席し式典(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/v6rz6xku/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。