ユーロ圏は危機鎮静化でさらなる措置を=米財務長官

June 16 [Sat], 2012, 17:38
ユーロ圏は危機鎮静化でさらなる措置を米財務長官2012年6月14日1126JSTWSJJワシントンガイトナー米財務長官は13日、外交問題評議会の討ナ、スペインがユーロ圏諸国との間で同国の銀行支援で合意したことについて、ユーロ圏の金融統合に向けての素晴らしい具体的な決意を示すものと評価しながらも、ユーロ圏諸国は危機鎮静化のため早急にさらなる措置を講じる必要があると訴えた。
外交問題評議会で語るガイトナー米財務長官13日、ワシントン同長官はユーロ圏諸国はもっと多くのことをしなければならないと認識している。
スペインの銀行支援を軌道に乗せるのに必要なことを実施し、人々を納得させなければならないと述べた。
9日に合意されたユーロ圏による1000億ユーロ約10兆円に上るスペインの銀行支援は、スペインやイタリアがさらなる支援なしには存続できないのではとの投資家の不安を鎮めるまでには至らなかった。
さらに、17日に行われるギリシャの総選挙で、有権者が同国に対する国際金融支援の条件を拒否する意思を示せば、ユーロ崩壊への不安が新たに燃え上がる恐れがある。
ガイトナー氏は、ユーロ圏諸国はユーロを現状のまま存続させる政治的な意志を持っていると指摘した上で、ユーロ圏は極めて厳しい改革に着手しているが、改革の実施には時間を必要としていると述べた。
メキシコのロスカボスで18、19の両日に開かれる20カ国地域G20首脳会議では、ユーロ圏諸国は世界経済を悪化させる恐れを和らげるため迅速な措置を講じるよう圧力を受けるとみられている。
同氏は、ユーロ圏首脳が銀行同盟の構築のほか、スペインやイタリア国債の発行コストを抑制するためファイアーウォール防火壁の利用、さらに基礎的な経済成長の促進のため幅広い対策の実施の3唐関する計画をもっと明確にすれば、世界の信頼を高めることができようと期待を表明した。
その一方で、行動が遅れ市場が先行すれば多額闇バイト紹介サイト、問題解決のためのコストは膨らみ、解決がさらに難しくなる。
決定を下したならば、行動を遅らせてはならないと強調した。
記者SudeepReddy
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:v66koqhs2u
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/v66koqhs2u/index1_0.rdf