旦那くんの腰痛

October 27 [Sat], 2012, 0:15
彼は2年前までラグビーをやっていた。
3年前からマラソンを始めた。
そして徐々に腰痛がひどくなっていき、ついにMRIで腰椎4番5番の間がグチャグチャのヘルニアと診断された。
で、治療はどうするの手術は嫌だから話も聞いてこなかった。
他にはリハビリに週23回通えばいいって。
できるのいや、リハビリ17時までしかやってないから無理。
できることは湿布かな。
という予想通りの展開に苛立ち、昨日付き添って受診してきた。
もう一度しっかり話を聞いてできることを見つけるために。
予約外ということで、予約の人が優先されるとは言え、話を聞くためだけに2時間半待った。
そして呼ばれた先には、診察が終わらずイラついて中待合いに患者がいるにも関わらず看護師に怒鳴り散らす院長おやじ。
ろくすっぽ患者の思いも聞かずに、自分の考えを押し付けて終了。
腰バンドを処方され、腹筋メニューももらって、旦那くんが努力すべきことはわかったから、収穫はあった。
しかし、患者への態度が凄まじく悪い医者。
言われてることには納得したけど、あの人は尊敬しない。
私の完全なる偏見だが、整形の医者はなぜに患者への思いやりが足りないんだろう。
今日も、職場でエピソードがあったのだが大半は生命を脅かす深刻さはないにしても、不自由な生活を強いられる人たちを診ているのに。
株式会社アルメイダ不愉快。
あれが院長な病院に、私の大事な旦那くんを任せられるかっあほっ診察前のやりとり看護婦さん今日はどうされましたか旦那くん治療の相談をしに来ました。
ご家族にも来ていただいたので旦那くん、日本語弱め私を恐れすぎではほっこりしますね、めんこくて
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:v3snw35yfc
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/v3snw35yfc/index1_0.rdf