家のローンが原因で債務整理となった体験談

April 05 [Sat], 2014, 22:49
債務整理や自己破産という言葉、たまに耳にしますが、多くの方が自分に関係ないと思っていることでしょう。
ですが、家のローンや、多額の借金がある方は、いつ、突然、返済が出来なくなるかもしれません。
債務整理は、債務、いわゆる、借金を整理することです。
債務整理のひとつの方法として、たまに耳にする自己破産という方法があり、ほかにも、個人再生や任意整理、それから、特定調停もあります。
現在は、多額のローンを組もうとしても、それなりの基準で審査されますが、実は80年代、バブルの時代は、わりと簡単にお金を貸してくれるケースが多かったです。
それが、順調に返済できれば何の問題もないのですが、バブルが終わった後、それを返済できなくなったという体験談は良く聞きます。
家を建てたり、土地を購入したり、ビジネスなどで多額の負債があった方は、バブル後、返済に苦しみ、債務整理をすることになるケースも多いのです。
ここで、ひとつの体験談をご紹介しましょう。
40代の男性で、バブル絶頂期に家を購入した方です。
他にも消費者金融やクレジットカード系から借金があり、合計して5000万円ほどの借り入れがありました。
お仕事は普通のサラリーマン、40代で働き盛り、収入もあったので、マイホームを建てることにしました。
ちょうど、バブルの絶頂期で、給料もそれなりに高かったようですが、貯金がなかったため、頭金も用意できず、住宅ローンのほかにも、銀行、消費者金融で借り入れしました。

今すぐお金が必要なら即日融資が出来るカードローンを利用しよう!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:v3m46p6
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/v3m46p6/index1_0.rdf